平子理沙の顔が劣化した原因がヤバすぎる。【画像あり】子供や短足の噂

この記事は5分で読めます。

スポンサーリンク

 

デルでタレントの平子理沙に関して、顔の劣化した原因が話題になっている。

平子理沙といえば、小嶋陽菜との関係や吉田栄作との離婚の噂なども話題になっている。

 

また、英語力や手作り化粧水も注目を集めているようだ。

 

そこで平子理沙に関して・・・

 

  • 身長や体重にスリーサイズやカップサイズは?
  • 年齢や本名に高校大学、血液型や誕生日は?
  • 顔が劣化した原因ってなにがあったの?
  • 子供はいるの?名前や画像は?
  • 平子理沙って短足なの?

 

こんな疑問に答えていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

平子理沙のプロフィール

 

平子理沙

 

【名前】:平子理沙

【読み方】:ひらこ りさ

【本名】:吉田理彩(よしだ りさ)

【出身】:東京都

【誕生日】:1971年2月14日

【星座】:みずがめ座

【年齢】:44歳(2015年8月現在)

【血液型】:A型

【所属事務所】:NEWPOWER

【趣味】:読書、ゲームセンター、美少女フィギュア集め

【特技】:英会話

【好きな食べ物】:肉類全般(特にカルビ)

【嫌いな食べ物】:生魚

【好きな音楽】:ロック

【学歴】

  • 成城学園初等学校
  • インターナショナルスクール
  • サンタモニカカレッジ

 

スポンサーリンク

 

身長・体重・スリーサイズ・カップサイズは?

 

平子理沙

 

【身長】:164cm

【体重】:47kg

【スリーサイズ】:B84-W56-H85cm

【カップサイズ】:Cカップ(推定)

 

スポンサーリンク

 

平子理沙の経歴

 

平子理沙

 

京都で生まれ育った平子理沙は、

2人きょうだいの長女であり5歳年上の兄がいる。

 

母親はネイルアートを日本に持ち込んだと言われる「平子禧代子」、父親はアパレル関係の仕事をしていたという。

 

幼少時代の平子理沙はおてんばな子供だったというが、一方で家が非常に厳しく門限があったという。

 

 

唇が厚かったことからニックネームは「たらこりさ」だったという。

 

成城学園の初等部からインターナショナルスクールに転校した平子理沙は、

高校1年生でアメリカに渡り、サンタモニカカレッジへ進学しアートを専攻している。

 

 

19歳の時に日本に帰国した平子理沙は、スカウトされたことがきっかけでモデルとして活動を開始している。

 

その年には「第一回日本美人大賞」を受賞し大きな注目をあびると、F1中継のレポーターなどを務め活躍している。

 

1997年には俳優の吉田栄作との結婚を発表している。

 

 

ミュージシャンとしても1996年にシングル曲「Lotta Love」でメジャーデビューしており、合計3枚のシングルCDをリリースしている。

 

両親と兄はアメリカのロサンゼルスに住んでいるという。

 

 

スポンサーリンク

平子理沙は短足なの?

 

て、平子理沙を検索で調べて見ると「短足」というワードが引っかかる。

 

モデルを務めているのに短足?と疑問に思いながらも気になるので調べてみた。

 

するとファッションショーに出演した平子理沙の画像が、あきらかに短足だったことがわかった。

 

 

その時の画像がこちらである。

 

平子理沙

 

 

左側が写真そのままの平子理沙である。

 

一方右側は同じ画像をフォトショなどで加工し細く見せたものである。

 

 

こうして修正前と修正後を見比べてみると、

彼女の足の短さや太さが際立ってしまうというものだ。

 

これがネット上に出回ると・・・

 

「体型が中年だよな」

「足太すぎ。これでモデルなの?」

「フォトショこええ」

 

などの厳しい意見が多かった。

 

ヒールである程度は誤魔化せるものの、約6等身である平子理沙と9等身のモデルでは大きな違いがあるのも無理はない。

 

 

子供はいるの?

 

平子理沙

 

婚してから18年が経過している平子理沙と吉田栄作。

 

二人の間に子供はいるのか気になる方も多く、検索ワードでも上位にランクインしている。

 

このことに関して調べてみると、2人の間に子供はいないようだ。

 

 

過去に平子理沙はあるテレビ番組に出演した際に・・・

 

「子供は好きじゃないので、いらないです」

 

と話していたことがあるという。

 

また一部情報では、体型が崩れることを嫌って子供を作らないという話もあるという。

 

 

44歳という年齢を考えると、今後も子供ができる可能性は低そうである。

 

 

顔が劣化した原因は?

 

平子理沙

 

つては「日本美人大賞」でグランプリを獲得したこともある平子理沙。

 

しかし近年ではその美しさは影を潜め”劣化した”と話題になっているようだ。

 

平子理沙が劣化したといわれる画像がこちらである。

 

平子理沙

 

 

 

平子理沙

 

 

たしかにほとんど別人といってもいいほどの変わり様である。

 

なぜここまで変わってしまったのか原因を探ってみると、有力なのが整形の失敗説である。

 

たしかにここまで顔が変わるというのは整形によるものだと考えられる。

 

 

一部では筋肉の動きを制御する”ボトックス”の使い過ぎでは?とも言われている。

 

ボトックスを使いすぎると、顔面の筋肉が思うように動かなくなり表情が乏しくなるという。

 

 

さらにシワが不自然に少なくなる代わりに、頬のゴツゴツ感が出てくるというのだ。

 

上の画像を見てみるとまさにそれである。

 

女性が美しさを求めることは誰でもあることだが、整形のしすぎは逆に本来の美しさを壊してしまう。

 

 

韓国や中国などでは整形をする女性が7割を超えているという話もあるが、整形をする前に自分本来の美しさを磨くべきではないかと感じてしまう。

 

もう一つおまけしておくと、整形をしすぎた顔を男性は好まないどころかむしろ嫌いな方が多い。

 

意中の男性を振り向かせたいがために整形を考えている女性は、思いとどまるべきかもしれない。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 


スポンサーリンク

おすすめの関連記事

7 Responses to “平子理沙の顔が劣化した原因がヤバすぎる。【画像あり】子供や短足の噂”

  1. 匿名 より:

    アラフォーになると、肌の張りがなくなるから、ツヤツヤっとして、張りがあるのは確かに不自然だと思いますが、十分綺麗な方だと思います。

  2. 匿名 より:

    アラサーから見て痛々しい。
    こういうアラフォーにはなりたくない典型的な例。

  3. 匿名 より:

    うへぇ・・・

  4. 匿名 より:

    なんか文章が頭悪そう(´;ω;`)

  5. 匿名 より:

    こういうの目指してる50代女性を知ってる。
    イタいのイタいの飛んでイケ~・・・・・
    っていつも心の中で思ってる30代男です・・・

  6. 匿名 より:

    頭に載せたでかいへんなリボン、とればいいのに。

コメントを残す

サブコンテンツ

新着記事


ヤマダモモコの育児日記が発売初日に重版決定!大爆笑だと話題…顔画像は?


八代亜紀の若い頃の画像がかわいい!カップは?夫とは死別した?


たいぽん(youtuber)の妹が元アイドルでかわいい!バンドや彼女は?


オードリー若林正恭の彼女は後藤晴菜だと発覚!?創価学会なの?父親は?


オードリー春日俊彰の現在の彼女が特定される!結婚も近い?筋肉画像


まろん(ニコ生)引退理由は横山緑との不倫!住所や本名が特定?ツイッター


アンガールズ田中卓志の母の弁当を批判し小森純が大炎上!結婚予定の彼女は?


藤井聡太の天才エピソードまとめ!育て方が話題!アスペルガーの噂?


かなめチャンネルの職業が衝撃的!UUUM所属してる?サードはマジでヤバイ?凰かなめ


アンガールズ山根の嫁の経歴や画像は?子供や大学は?


森脇和成がユーチューバーとして活動開始!現在のチャンネル登録数がすごいことに!


矢島愛弥がブサイクだと言う声が多い?歯と口が変!彼女は?


【爆笑問題】田中裕二と元嫁・夏見の離婚理由は嫁の浮気?病気とは?


的場浩司の嫁の詳細まとめ!逮捕歴がある?ヤンキー時代の画像


渡辺リサの性格が最低な証拠がこれだ…山田涼介の事件?すっぴん画像


まこみなの彼氏がかずくんだと発覚!みなみの病気は?大学は?


ちーしゃみん(ニコ生)の現在の活動や本名は?彼氏と結婚していた?


すしらーめんりくの父親が社長説…年収や家族の詳細。


ねこてんのリベンジポルノはネタだと判明…鼻テープなし画像。本名


【大流行】ハンドスピナーのおすすめ品や3つの効果とは?技動画まとめ!


太田光が発達障害の噂の真相は?日テレ出禁の理由は?子供は?


田原俊彦の娘・田原可南子がかわいい!嫁はだれ?ハゲの噂の真相は?


杉野真実アナのカップは隠れ〇〇!水着は?実家や彼氏は?


カリスマブラザーズジョージの彼女は大物ユーチューバー!?本名は?


グースハウス(YouTube)のマナミがかわいい!既婚者?メンバー紹介

スポンサーリンク

このサイトの価格

このページの先頭へ