芹那が消えた理由とフライデー過激画像!熱愛彼氏は大倉忠義!動画

この記事は8分で読めます。

スポンサーリンク

 

レントの芹那が「中居正広のミになる図書館」に出演するということで、話題になっている。

芹那といえば、地声のことや経験人数の暴露芹那が消えた理由についても話題になった。

また、バカリズム山里を利用した売名行為や、枕営業の噂腹筋がすごいことでも注目されていた。

 

追記:

2014年11月に芹那と関ジャニ∞の大倉忠義との熱愛が、フライデーによって報じられた。

2人の交際は1年半だという。このことに関しては後ほど詳しく書いていこうと思う。

 

そこで芹那に関して・・・

 

  • 身長や体重・スリーサイズやカップサイズは?
  • 年齢や本名に出身・高校や大学・誕生日に血液型は?
  • 芹那が干されて消えた理由は?
  • フライデーのティーバック過激画像とは?
  • しゃべくりで劣化して太った?
  • 芹那が消えた理由は?

 

こんな疑問に答えていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

芹那のプロフィール

 

474bh6t4

 

【名前】:芹那

【読み方】:せりな

【本名】:芹川可奈

【ニックネーム】:セリーナ、せりんこ

【出身】:北海道岩見沢市

【誕生日】:1985年5月19日

【年齢】:29歳(2014年現在)

【身長】:161cm

【体重】:43kg

【スリーサイズ】:B82-W57-H84cm

【カップサイズ】:Bカップ

【足のサイズ】:23.5cm

【血液型】:A型

【デビュー】:2006年

【趣味】:ギター、競馬、近所付き合い

【特技】:似顔絵、テディベア、絵本作り、英会話、チアリーディング

【学歴】:

  • 函館白百合学園高等学校
  • 白百合女子大学文学部

 

スポンサーリンク

 

芹那の経歴

 

Serina_001b

 

海道岩見沢市に生まれ育った芹那は、2人兄妹の長女である。

白百合女子大学に在学中の23歳でグラビアデビューを果たしているのだが、この時実際の年齢より3歳の年齢詐称をしていたことが、後にあきらかになっている。

年齢詐称の理由として芹那は「通学していた学校が、芸能活動を禁止していたので、学校にばれないように年齢を詐称していました」と語っている。

 

24歳になった2009年8月からSDN48に所属し、アイドルとして活動を開始した芹那は、その独特の口調とキャラでたちまち人気を博し、バラエティ番組に引っ張りだこになる。

SDN48よりも芹那個人としての活動が目立っており、自身の写真集やDVDの発売や、CMへの出演・女優としてテレビドラマへの出演など大ブレイクを果たす。

 

 

26歳になった2012年3月にSDN48を卒業し、バラエティ番組を中心にソロ活動を開始する。

テレビで見ない日はないほどの活躍を見せていたが、2014年に入ってから、芹那をテレビで見かける機会が激減し「消えた」と噂されるようになる。

芹那が消えた理由に関しては諸説あるが、それは後ほど説明させていただこう。

 

スポンサーリンク

 

芹那は現在劣化して太った?

 

bbd334567d3b3140a7df15e2e5543506935af678.79.2.9.2

 

那を検索にかけると、「劣化」「太った」というワードが引っかかる。

これについて調べてみると、2014年に入ってからすぐの、1月に出演したテレビ番組内で芹那が太って劣化していたようだ

かつては芸能界一モテるタレントとして、持て囃されてきた芹那だったが、その劣化ぶりにファンの間でも噂になったようだ。

 

その時の画像がこちらである。

images (8)

 

486bghj

 

 

たしかにこうしてみると、全盛期の芹那と比べると、劣化したと言われても仕方がない状態である。

もともとネット上でも炎上を繰り返していた芹那だったため、こういった突っ込みどころがあると、とことん叩かれるタイプなのだが、この時もハンパではなかったようだ。

 

 

しかしそういった声が届いたのかは定かではないが、ダイエットに成功し再び全盛期を彷彿とさせる腹筋をテレビ番組内で披露している。

一部では、芹那が消えた理由などもささやかれているが、まだまだ芹那は自分の存在感を見せつけた形だ。

 

その時の強烈な腹筋画像は、次回で紹介させていただこう。

 

 

スポンサーリンク

芹那の腹筋画像とは?

 

4rfr4r4rfd

 

014年頭に劣化し太ったといわれ、モデルで現在バラエティ番組などに多く出演している、ブレイク中の中村アンには「正直ピークは過ぎたんじゃないですかね」とまでいわれていた、芹那だったがその後わずか3ヶ月後の生放送で、全盛期と変わらない見事な腹筋を披露している。

 

よほどネット上で叩かれたことが、悔しかったのかどうかは定かではないが、わずか3ヶ月での見事な減量に賞賛の声が上がっている。

 

その時の画像がこちらである。

6f429ee9

 

2014年4月10日に放送された「PON!」での様子だが、実に見事な腹筋である。

この放送後ネット上では芹那の変貌ぶりに関して

 

「芹那、体しぼったな。痩せた!!」

 

「全盛期並みに細くなったな」

 

「今日の芹那すげえな」

 

「芹那の腹筋割れてるな」

 

「芹那のウエストにぐっときた」

 

というような声が上がっていた。

もともとSDN48に所属していた時代から、その引き締まった腹筋とウエストには定評があった芹那だが、今回の減量はわずか3ヶ月で全盛期まで戻すという荒業をやってのけたことで、世間からは芹那を見直したといった声が続々と上がっている。

 

 

芹那が干されて消えた理由とは?

 

20110930_626019

 

時期バラエティ番組を中心に、テレビで見ない日はないほどブレイクをしていた芹那であったが、2014年前後からぱったりとテレビで見なくなっている

 

ネット上では「干された」といううわさが広がっており、芹那が消えた理由についてネット上では様々な目測が飛んでいるが、実際のところはどうなのだろうか。

これに関して調べてみると、芹那のブレイクに関して、驚きの事実が次々と浮上してきたのである。

 

 

そもそもSDN48のメンバーとして活動した当初は、そこまで目立つ事はなかった芹那だったが、あることを利用し瞬く間に有名人にのし上がったのだ。

そのあることとは、有名人との交際や、口説かれたということを話のネタにした、いわゆる「売名行為」である。

 

交際の噂になったのは、小池徹平綾野剛大倉忠義長友佑都などそうそうたるメンバーであったが、実はほとんどがデマであり、芹那が売名するためのネタであったというのだ。

また芸人の扱いにはさらに批判の声が上がっているのだが、バカリズム南海キャンディーズの山里亮太ピースの綾部などのお笑い芸人に、口説かれたと暴露した芹那だったが、これも実際はデマで完全なる売名行為であると判断されたようだ。

 

また過去に芹那と共演したことがある、芸能レポーターが芹那の楽屋に挨拶に行った際に「はじめまして」といわれたことや、携帯を見ながら一度も目線を合わせようとしなかったことなど、とにかく共演者の間でも評判が悪かったことである。

 

はっきりいって芸能レポーターを敵に回して生き残れるほど、芹那には力がなかったとも言えるだろう。

そして決定打になったのが、芹那と小池徹平とのフライデー報道である。

 

2013年6月に報道されたもので、芹那が小池徹平のマンションを訪れて2時間ほど滞在した後に帰宅したのだが、自宅の鍵を小池徹平の部屋に忘れたためにとんぼ返りしたというものだ。

ツーショット写真などはないため信憑性が低く、この記事が掲載された後日に小池徹平は「こういった事実はありません。人権侵害ですよ」とまで言っていたことから、これもデマであったようだ。

一部では芹那が売名のために、自演自作したのではないか?とまで言われる始末である。

 

この時のしゃがみこんで、鍵を探す芹那のジーンズから、ティーバックが丸見えだったことや、この件に関しても得意気に語っていたことで、芸能界では「芹那には気をつけろ」という声が広がっていったという。

 

芹那のティーバック丸出し画像

 

この頃にはブレイクしていた芹那は、完全に天狗になっていたようで、スタッフに対してもまるで大女優のような態度であったという。

こういったことがテレビ業界で広まっていき、枕営業をしていたのではないかという噂も相まって、ネットどころかテレビ業界全体で批判の対象になったようだ。

 

2014年には副業のネットショップで活動しているようだが、現在レギュラー出演している番組は1本のみと、ここまでテレビ関係者を敵に回した芹那が、再び戻って来ることは容易ではないだろう。

 

 

芹那は大倉忠義と熱愛中!

 

追記:
池徹平との熱愛が噂されていた芹那だったが、2014年11月に関ジャニ∞の大倉忠義との熱愛が報じられている。

このニュースを報じたのはフライデーで、芹那が大倉忠義好みの”かわいい服装”で彼のマンションに入っていく姿がたびたび目撃されているという。

 

この2人の交際期間はすでに1年半と報じられていることから、前記した小池徹平との交際関係はなかったと見ていいだろう。

ただ交際していなくとも、男女の関係であったという可能性は捨てきれないが・・・

 

ただこのことに関して芹那は、散々Twitterで大倉忠義との交際を匂わせるツイートをしているにも関わらず、いざ記者からそのことについて聞かれると顔を強張らせて沈黙していたという。

 

このことに関してネット上では

 

「うわ、あれだけTwitterで交際アピッといて、こういう時だけ黙るとかサイテー」

 

「匂わせる感じがあざとい」

 

「さっさと認めるか、別れるかしろ!」

 

「これ完全に計算だよな。こいつ嫌いだわ」

 

などの厳しい声が飛んでいる。

 

芹那がTwitterに投稿している画像には、大倉忠義と”お揃い”のスニーカーやパーカー、指輪などが次々と投稿されているようだ。

どう見ても大倉忠義との交際をアピールしているとしか思えないが、芹那本人は交際しているのか?という質問にしどろもどろ・・・

 

 

これでは大倉忠義のファンを敵に回すようなものである。

芸能人にとって、生き残るための話題作りは必要なことだろうが、芹那の場合にはあきらかに計算をしている”あざとさ”が丸出しで、多くの人から批判をかっているようだ。

 

こういった事を見ていくと、芹那がテレビから消えた理由も納得がいくというものだ。

芸能界では時に”炎上商法”と呼ばれる、いわゆる視聴者の反感を買って自身の名前を売っていく手法だが、一時は仕事が舞い込むだろうがすぐに廃れるのは間違いないだろう。

 

 

通常有名人がテレビに出なくなっても、そこまで話題にならないが、芹那の場合はこのようなことをしているため、芹那は”消えた”と揶揄されてしまうのだ。

ひょっとしたらこのことも彼女の計算だとしたら、芹那のあざとさは底無しなのだろうか。

 

 

芹那の過激水着画像

 

143-serina

 

那は過去にグラビア活動を行っており、その時の画像が過激だと話題になっている。

そんな芹那の過激な水着画像集をまとめてみたので、ご覧いただこう。

 

芹那のファンの方はもちろんだが、そうでない方、芹那を知らない方でも必見である。

 

芹那の過激水着画像集1

 

芹那の過激水着画像集2

 

芹那の過激水着画像集3

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

では最後に芹那の地声がわかる動画をご覧いただこう。

声を作っていると噂があった芹那だが、23歳での地声が出回り、噂が確定的になった動画である

 

▼【お宝】芹那(23歳)地声▼


スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも見ています

5 Responses to “芹那が消えた理由とフライデー過激画像!熱愛彼氏は大倉忠義!動画”

  1. 匿名 より:

    芹那 北海道へ 札幌へ帰らないか?
    疲れただろう・・
    1年後~1年半後には年収2億円だ
    よろしくね

  2. 匿名 より:

    まともに喋れるのに…
    三十路であのしゃべり方は本当にひくーー

    気持ち悪いとしか言いようがない

  3. 💩 より:

    芹那へ 
    ばっかじゃないの(#`皿´)

  4. 海¢ より:

    芹那
    頭おかしくなったね…
    気持ち悪いね♪

  5. 匿名 より:

    地声の方がいいじゃん、

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ記事

新着記事


飛鳥凛の鼻毛画像がヤバすぎるw過去に逮捕された?歌動画


増井渚アナが読売テレビ退社後NHK転身の黒い噂w現在のキャプ画像


保里小百合アナのカップやムチムチ画像が話題に!子役だった?


森山あすかの父親が凄い人だった!かわいい画像や嫌いな理由?ピアノ動画


中谷美紀の学歴が凄すぎる!ドイツ人の熱愛彼氏?英語力がすごい


大橋ミチ子の太る前の昔の画像がヤバすぎるw現在やカップは?病気


葉加瀬マイのカップや水着画像を調べた結果w父は葉加瀬太郎?


丁田凛美はピザーラCMの子役!かわいい画像や母親は?wikiは?


田中優香の水着画像がヤバすぎるwカップや熱愛彼氏は?


朝倉ゆりは謹慎していた?熱愛彼氏はいるのか?年齢は?wikiや水着画像


北村まあさのカップや結婚してるか調査!ちら画像や現在は?手の怪我?


美馬怜子の父親の正体が判明!カップや週プレ水着画像


夏目花実が暴露した口説かれた芸能人ww結婚やカップは?


猪子寿之が結婚してない理由がヤバイw彼女は沢尻エリカ?美人秘書


とまんの体重がヤバすぎるw彼女やすっぴん画像は?


宮司愛海アナに元ヤンの噂!熱愛彼氏やカップは?ちらキャプ画像


谷村奈南の水着やカップ画像!結婚した旦那や現在は?


ヨシダナギの加工無し写真や結婚を調査!【画像あり】カップや動画

スポンサーリンク

このサイトの価格

このページの先頭へ