元総合格闘技の選手である山本勇気が、知人の男性を蹴るなどして重体にさせたとして逮捕された。

相手の男性はクモ膜下出血による意識不明の重体だということだ。

 

山本勇気は相手男性が意識がないのも見て自ら119番したという。

ここでは山本勇気に関して、様々な視点から書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

山本勇気のプロフィール

 

出典:http://efight.jp/news-20140804_43088

【名前】:山本勇気

【読み方】:やまもと ゆうき

【出身】:兵庫県神戸市

【生年月日】:1988年1月28日

【年齢】:29歳

【身長】:173cm

【体重】:76kg

 

スポンサーリンク

 

過去の事件がやばい

 

現役時代は総合格闘家として修斗やGRACHANなどの舞台に上がっていた。

2015年の12月31日に奥田啓介相手にわずか26秒でKO勝ちしたのを最後に試合からは遠ざかっており、現在は自称トレーナーであるという。

 

山本勇気は2014年12月31日に両国国技館にて青木真也との試合で、山本は1Rにタップアウト、つまりギブアップ負けをしている。

 

敗者はリングから立ち去るのが通常だが、山本勇気はインタビュー中も終始リングに居続け

「俺は負けてねえぞ」

「青木!もう一回やれよ」

と相手を挑発し続けたのである。

 

その時の目が異常な狂気に満ち溢れたものだったという。

 

青木真也が

「ギブアップしたのに、負けてないとか止めて下さい」

とアピールすると、観客からも歓声が上がり山本勇気がリングから降りるようブーイングまでなり始めた。

 

それでもリングを降りようとしない山本勇気に、青木真也のトレーナーが首元をつかみ負けを認めリングから降りるよう迫った。

 

一触即発の状態に会場も騒然としたが、山本勇気は相手の目を一点に見つめ頷くだけで収まったのである。

 

その時の動画がこちらである。

 

 

この動画を見ていただくと、彼の狂気に満ちた目がよくわかると思う。

 

知人の男性を意識不明にまで追い込むことから、カッとなると周りが見えなくなるタイプではないだろうか。

格闘家のパンチやキックは凶器と同じ扱いを受ける。

 

そのため通常の傷害罪よりもその罪は重くなるのである。

 

スポンサーリンク

 

交際相手の女性

 

今回交際相手の女性が勤める飲食店で、彼女が酒を飲まされたことに激怒し犯行におよんだ山本勇気。

 

その交際相手は女優の安藤志穂美さんだと言われている。

 

出典:Yahoo!知恵袋

 

【名前】:安藤志穂美

【生年月日】:1987年9月9日

【血液型】:O型

 

CM「キリンフリー」や「洋服の青山」にも出演している人物だ。

彼女が勤めていた飲食店ということは、キャバクラやスナックなどのお店なのだろうか?

 

酒を飲まされて帰宅したということは、普通の飲食店ではないと考えて良さそうである。

事前に彼女には酒を飲まさないように伝えていた山本勇気だが、その約束が破られてしまったため今回の犯行につながってしまった。

 

相手を意識がなくなるまで暴行するのは決して良いことではないが、相手の男性にも非があるのは間違いない。

 

山本勇気は逮捕されたが、自ら警察に通報していること、そして反省の言葉を述べていることを考えると、そこまで重い罪になることはなさそうである。

 

 

スポンサーリンク

ツイッターでの発言に炎上

 

プロ格闘家の傷害事件ということで大きな衝撃を与えた山本勇気。

彼の事件の8時間ほど前のツイッターでの書き込みが大きな話題になっている。

 

 

そう、いま暴言と暴力で話題になっている豊田真由子議員を揶揄する発言をしているのだ。

しかし自身が傷害罪で逮捕されたことにより、ツイッターで炎上しているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人のことをバカにする発言をしていたが、自分がさらに凶悪な事件を起こしたことに批判の声が集中している。

これも自業自得である。

 

ネット上の声

 

 

 

 

 

 

ボクサーやプロレスラー、格闘家の拳は凶器と同じ扱いだ。

こういったことがないように自身の心のトレーニングもさらにしていただきたいものだ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。