160万円

 

店員が景品を取れないように細工していたとして

クレーンゲームを設置していた店舗が摘発された事件。

 

その被害者として日本テレビの「スッキリ」の取材に答えた

女性が160万円使っても景品が取れなかったと答え

ネット上で話題になっています。

 

 

しかもその期間は2日間。

 

運営会社の社長が逮捕されており、店側が悪い事は

もちろんですが、この主婦にもかなりの批判が出ているようです。

 

スポンサーリンク

事件の詳細

クレーンゲームの景品を取れないように設定し、代金を騙し取った疑いで大阪府警に逮捕されたゲームセンターの従業員が「社長の指示で細工をした」と供述していることがわかりました。

ゲームセンター経営会社の社長・大平剛史容疑者(33)ら6人は、景品が取れないように細工したクレーンゲームを「絶対に取れる」と客に勧め、現金を騙し取った疑いで逮捕されました。

騙し取った額は少なくとも600万円に上るとみられます。

警察によるとこのゲーム機は、移動するはさみを止めて景品が吊るされた紐を切って落とす仕組みでしたが、客が狙った場所ではさみを止めようとしても必ず位置がずれるように設定されていました。

またこの事件で逮捕された従業員が「スイッチを切り替えてゲームが成功できない状態にした。社長の指示でやった」と供述していることがわかりました。

一方、大平容疑者は「指示はしていない」と容疑を否認しています

引用:https://www.ktv.jp/news/index.html

主婦が160万使ったと証言

 

2017年12月25日に放送された「スッキリ」で

160万円使ったという主婦がインタビューに答え

ネット上で話題になっています。

 

主婦の証言では店員に

「今止めたらもったいない」

とATMで現金をおろしてくることを勧められたそうです。

 

そこで1日目に35万円を使い

2日目に125万円を使ってしまったといいます。

 

この店員が悪質なのはもちろんですが、旦那のお金

や子供の教育費まで手を出した主婦にネット上がざわついているのです。

 

ネット上の声

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。