NHKのアナウンサーでニュースウォッチ9に出演している河野憲治アナに関して、かつら疑惑や家族のことが話題になっている。

 

河野憲治アナといえば、ハーフなのか?という疑問やアヒル口のことでも話題になっている。

 

また、小松島市のことやコメントが「ウザい」と言われていることでも注目を集めている。

 

そこで河野憲治アナに関して・・・

 

  • 身長や体重に年齢や誕生日は?
  • 高校や大学に血液型は?
  • かつらっぽいけど実際どうなの?
  • 結婚してるの?嫁さんはどんな人?
  • 滑舌悪いよね?

 

こんな疑問に答えていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

河野憲治のプロフィール

 

kounokennji3

 

【名前】:河野憲治

【読み方】:こうの けんじ

【出身】:香川県

【誕生日】:1962年月日不明

【年齢】:53歳(2015年9月現在)

【血液型】:非公表

【所属】:NHK報道局国際部長

【デビュー】:1986年

【趣味】:愛犬の散歩、淹れたてのコーヒーを飲むこと

【学歴】

  • 香川県立観音寺第一高等学校
  • 京都大学文学部

 

スポンサーリンク

 

身長・体重は?

 

 

【身長】:非公表

【体重】:非公表

 

念ながら河野憲治アナの身長や体重に関しては、ネット上に公表されていないようだ。

 

ただテレビを見ている感じでは170~173センチといったところか?

 

スポンサーリンク

 

河野憲治の経歴

 

kounokennji

 

川県に生まれ育った河野憲治は、地元の香川県立観音寺第一高等学校を経て京都大学の文学部に進学している。

 

24歳でNHKに入社すると、初任地はNHK沖縄となり

その後ワシントンやロサンゼルスの支局長として活躍している。

 

 

過去には「クローズアップ現代」や「ワールドWaveトゥナイト」のアンカーとして出演していた経歴を持ち、

ロサンゼルス支局時代は日本で初となるオバマ大統領への単独インタビューも経験している。

 

2015年4月からは「ニュースウォッチ9」のキャスターに抜擢されると、鈴木奈穂子アナや佐々木彩アナとともに現在も活躍中だ。

 

 

うどんが大好物だという河野憲治は、香川県民らしくうどんには人一倍うるさいという。

 

 

スポンサーリンク

滑舌が悪い?

 

kounokennji4

 

て、ネット上で河野憲治を調べてみると「滑舌」というワードが引っかかる。

 

どうやら彼の滑舌が悪いと多くの方に言われているようで、ネット上でも話題になっているようだ。

 

では彼の滑舌はどのくらい悪いのか?原稿を読んでいる動画が発見できなかったのだが、一言だけ話しているこちらの動画をご覧いただこう。

 

▼2015.4.20 ニュースウォッチ9▼

https://www.youtube.com/watch?v=SFjsqpqdhc8

 

 

結婚した妻や家族について

 

kounokennji6

 

てニュースウォッチ9で活躍中の河野憲治。

 

彼が結婚しているのか気になる方もいるだろう。

 

このことに関して調べてみたのだが、

彼が結婚しているのかという情報はネット上にはないようだ。

 

 

河野憲治のブログを見ても結婚していることや、子供がいるなどの情報は一切出てこなかった。

 

ということは可能性としては独身であるということも考えられそうだ。

 

年齢的には結婚していると思われるが、もしそういった情報がアップされたら公開していきたいと思う。

 

 

かつら疑惑の真相は?

 

kounokennji5

 

性アナウンサーに多い疑惑として「かつら疑惑」があると思う。

 

実は河野憲治にもその疑惑がかけられているようだ。

 

たしかに彼の髪の毛を見ると、

生え際が不自然な上に少し髪の毛が浮いているようにも見えるためだろう。

 

kounokennji

 

こちらの画像などはそれが顕著に出ている。

 

でははたして彼は本当にかつらなのだろうか?

 

このことに関して検証してみたいと思う。

 

kounokennji6

 

この画像を見ると先の画像と違い髪の毛がフサフサしている様子がわかる。

 

髪の毛を流す方向が違うという見方もできるが、

それにしても不自然さは拭い切れない。

 

続いてはこちらの画像だ。

 

kounokennji3

 

始めの画像とは比較にならないほどフサフサではないか。

 

いくらうまく髪の毛をセットしてもこうなることは考えにくい。

 

となればやはり河野憲治はクロであると言わざるをえないだろう。

 

 

もちろん真相は本人しか知らないのだが・・・

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。