衝撃のニュースが入ってきました。

公明党の長沢広明復興副大臣が知人の女性を議員宿舎に

宿泊させた事が発覚して議員辞職を発表しました。

 

このスクープを報じたの週刊文春で、9月25日に公明党本部に

週刊文春から取材の依頼があったことで発覚しました。

 

今回は長沢広明復興副大臣の不倫スクープについて書いていきたいと思います。

 

※新情報追加あり

 

スポンサーリンク

長沢広明のWikiプロフィール

長沢広明の画像

出典:Twitter

【名前】:長沢広明(ながさわひろあき)

【出身】:東京都板橋区

【生年月日】:1958年8月19日

【年齢】:59歳(2017年9月現在)

【学歴】:東洋大学社会学部

 

初当選は2003年で衆議院議員選挙でした。

2005年までの人気の後落選を繰り返します。

 

その後2010年の参議院議員選挙で2回当選しています。

 

スポンサーリンク

 

不倫スクープの詳細

 

今回週刊文春によって長沢広明氏が知人女性を議員宿舎に

宿泊させていた事が発覚し即議員辞職しました。

 

産経新聞の記事によると・・・

公明党参院議員の長沢広明復興副大臣(59)=比例代表=は26日、知人女性に議員宿舎の鍵を貸し、宿泊させたとして、参院議員の辞職願を伊達忠一議長に提出し、受理された。これに先立ち、公明党に離党届を提出、受理された。

週刊文春から党本部と本人に取材があり、問題が発覚したことを受け、長沢氏が離党と議員辞職を申し出たという。

長沢氏は26日、国会内で記者会見を開き、事実関係を認め、「清潔を旨とする公明党議員の資格はないのではないか、この大事な時期に政府や党に多大な迷惑をかけてしまう、という思いから議員辞職を決断した」と述べた。

長沢氏は復興副大臣も辞任する。復興庁をめぐっては、今春には復興政務官だった務台俊介氏や復興相だった今村雅弘氏が不適切発言などで相次いで辞任している。福島県の地元紙記者に「これで何人目か」と指摘された長沢氏は「復興行政の信頼に傷を付けたとすれば、大変申し訳ない」と謝罪した。

山口那津男代表は26日の記者会見で「第三者を宿泊させてはならないという議員宿舎の運営ルールに反する行為だ」とした上で、「衆院選への影響が最小限にとどまるよう努力する。混乱のないよう対応したい」と強調した。

長沢氏は公明新聞副部長を務め、平成15年に衆院初当選。22年に参院議員に転じた。28年8月から復興副大臣を務めている。同党によれば長沢氏には妻子がいるという。

引用:http://www.iza.ne.jp/

先にも述べた通り、週刊文春から公明党の本部に本件に関しての

取材依頼があったことでこの事実が発覚しました。

 

事態を重く見た長沢広明氏は取材依頼があった翌日の9月26日

に議員辞職を発表しているのです。

 

 

報道では知人女性という柔らかい言い方をしていますが

議員辞職をするほどの事態だということを考えると、不倫相手だと疑われても不思議ではありません。

 

上の動画でも分かる通り、すでに記者会見を開いて

その時に議員辞職することを発表しました。

 

長沢広明の画像

出典:https://gunosy.com/articles/RJ9GL

一部では「潔い」という声も聞かれますが、報道の内容に対して

くわしい説明がなく、これでは辞職して逃げたと思われても仕方がない状況です。

 

今回は不倫関係という女性問題だけでなく部外者を議員宿舎に入れていた

という別の問題も絡んできます。

 

最悪の場合、犯罪やテロ、スパイなどに利用される可能性もゼロではないため

ここ最近続いた議員の不倫よりも深刻な問題だと言えると思います。

 

スポンサーリンク

 

噂の女性とは?

 

長沢広明氏には議員の中ではごく一部の人間しか知らなかった

噂の人物がいたという未確認の情報があります。

 

これは今回の不倫疑惑の女性なのかはわかりませんが

可能性としては十分ありそうですね。

 

そもそも自分の不倫相手を議員宿舎に宿泊させるということは

他の議員に目撃される危険性があるということです。

 

長沢広明氏の宿舎に同じ女性が何回も訪れていたら

それだけで議員の中で噂になっても何らおかしくはないですよね。

 

スポンサーリンク

不倫相手の女性の画像は?

 

さて、長沢広明氏の不倫相手とされている女性はどんな人物なのでしょうか?

 

これについてまだ噂の域を脱してはいないものの、ネット上では

ある人物が浮上しているのです。

 

その人物が長沢広明氏の事務所に頻繁に訪れていたという

ホステスの女性です。

 

あくまで噂ですがこの不倫相手とされている女性の情報をまとめてみると

 

  • 30代の女性
  • 銀座でホステスをしている
  • 長沢氏の応援演説を手伝っていた

 

この内長沢氏の演説を手伝っていたという情報は某巨大掲示板に

書かれたもので、その時の画像も公開されていました。

長沢広明の不倫相手画像

出典:https://twitter.com

この長沢氏の後ろに写っている女性がその人物ではないかと言われているのです。

 

 

ですがこんなに近くに自分の不倫相手を連れてきますかね?

 

そういえば、記憶に新しい今井絵理子議員は同じ自民党の市議会議員とはいえ

相手の橋本健元市議を演説や講演会に同席させていました。

 

さらに山尾志桜里議員の不倫報道では、相手とされる倉持弁護士を

イベント会場に同行させてあいさつをしている映像もニュースで流れましたね。

 

こういったことを見ると、不倫関係になった相手を近くにいさせるのが

彼ら彼女らの神経なのかもしれません。

 

となれば長沢広明氏の相手も選挙演説の現場や事務所などにいたとしても

決して不思議ではないとも考えられます。

 

疑問が多い画像ですが、これも週刊文春によって相手の女性の画像も出るかも

しれませんので、新しい情報が入り次第公開していきたいと思います。

 

※追記

週刊文春からモザイク付きながら女性の画像公開されました。

その画像がこちらです。

長沢広明の不倫相手画像

出典:http://bunshun.jp/articles/-/4275

相手女性は長沢広明氏と約30歳年が離れた女性だということです。

以前から噂になっていたという女性の可能性もありそうですね。

 

女性は赤坂のサロンに勤務しているということで

銀座のホステスだというのは噂だけだったようです。

 

女性は食材などを大量に買い込んで、何度も議員宿舎を訪れていたそうです。

週刊文春の記者の取材に対して長沢広明氏は

 

 

記者「交際されている女性についてお尋ねしたのですが」

長沢「どういうことですか?」

 

記者「赤坂のサロンに勤めている女性をご存知ですか?」

長沢「ちょっと、ちょっとあのすみません」

 

記者「ちょっと、お話伺わせて下さい」

 

記者「いつも行きつけのお店に(交際されている女性がいる?)

長沢「行きますけど、友人と行きますけど」

 

記者「交際されているわけではない?」

長沢「ないです」

 

記者「(その女性と)宿舎で一緒に過ごしている?」

長沢「それはないでしょ。それはないです」

 

記者「(その女性が)毎週のようにいらっしゃってないですか?」

長沢「ないです、ないです」

 

と否定をしていました。

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=102&v=noZXSpdK4X4

 

ですがこのこのスクープが文春から公開される前に議員を辞職

したということはなにか”やましい事”があったのでは?と勘ぐってしまいますね。

 

結婚した嫁は?

 

さて、今回不倫のスクープが出てきた長沢広明氏ですが嫁さんがどんな人物なのか気になります。

 

これについて調べてみると長沢広明氏の嫁さんは一般の女性であり

顔画像や名前などは公表されてはいませんでした。

 

また子供に関して調べてみると長沢氏には子供が3人いるようで

男の子が1人、女の子が2人いるということです。

 

 

長沢氏が59歳だということを考えると、お子さんも成人している可能性も

十分ありそうですが、いずれにしても父親の不純なスクープを知ったらどんな反応をするのでしょうか。

 

宿泊した議員宿舎は?

 

長沢氏が知人女性を宿泊させたという議員宿舎は

東京都千代田区紀尾井町1-15にある清水谷宿舎です。

長沢広明の議員宿舎

出典:https://www.google.co.jp

国会議事堂がある永田町から車でも4~5分ほどで行けてしまう距離です。

 

この議員宿舎は間取りが2LDKであり、月1万9千円ほどで

借りれるという破格の物件なのです。

 

もちろん議員関係者と家族、それに秘書以外は出入りは禁止なのですが

今回長沢広明氏は相手の女性にカードキーを貸していたということです。

 

 

ネット上の声

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回の長沢氏のスクープは彼が議員辞職を発表したことで

先行的に出てきました。

 

なのでこういった報道がありました、ということ以外の詳細は現時点では分かっていないのです。

 

今回のスクープの詳細は週刊文春で記事が発表され次第

くわしい内容がわかると思いますので、その時にまた追加で書きたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。