訃報が入ってきました。

イギリスの物理学者・スティーブン・ホーキング博士が亡くなっていたことがわかりました。76歳でした。

日本でも理論的宇宙論を解説していたことで著名だった人物の死に、多くの悲しみの声が広がっています。

スポンサーリンク

死去のニュース

 

ホーキング博士の訃報が報じられたのは2018年3月14日のことでした。

このニュースは時事通信社ら複数のメディアが報じています。

【ロンドン時事】「車いすの天才宇宙物理学者」として知られる英国のスティーブン・ホーキング博士が中部ケンブリッジの自宅で死去した。

76歳だった。英メディアによると、家族の関係者が14日、明らかにした。

ホーキング博士は、量子力学や一般相対性理論などを駆使して、1960年代後半にブラックホールの存在を示したほか、83年には宇宙の始まりを解明する「無境界境界条件」論を展開するなど、新しい宇宙理論を提唱。現代宇宙論の進展に大きく貢献した。

同博士は42年、中部オックスフォードで生まれた。オックスフォード大、ケンブリッジ大大学院を修了、カリフォルニア工科大教授を経て、77年ケンブリッジ大キース・カレッジ教授、79年には、かつてニュートンが就いていた権威ある同大のルーカス記念講座教授職を務めた。

大学院生時代に筋肉が衰える難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発病したが、学究生活を続け、74年、最年少の32歳で英国学士院会員に選ばれたほか、アインシュタイン賞、ハーバード大名誉科学博士など多くの賞や学位を獲得した。

引用:https://www.jiji.com/

スポンサーリンク

死因の病気は?

 

ホーキング博士の死因となった病気は何だったのでしょうか。このことについては詳細な死因はまだ報じられていない状況です。ですが、ホーキング博士は20代の頃に筋肉が急激に衰える難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を発症し、余命2年の診断を受けていた人物。余命診断の病気は重篤な肺炎の併発だったそうです。

さらに当時の医師からは安楽死を勧められていた事もわかっているのです。それほどの難病でありながら76歳まで生き抜いたホーキング博士。今回も何らかの病気を併発している可能性もありますが、新たな情報が入り次第、記事を追記していきたいと思います。ホーキング博士は物理学者として多くの功績を残した人物ですが、ALSに打ち勝った人物として今後歴史上にも名前が残る人物なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

妻とは離婚していた

 

ホーキング博士は恋多き男として2度の離婚も経験しています。

はじめての結婚は21歳の時にケンブリッジ大学で知り合った「ジェーン」さんと結婚しています。

ALSを発症し、その後重篤な肺炎により安楽死の提案があったときにも、ジェーンさんは断固として首を縦に振らなかったそうです。

いのちの危機を乗り越え25年かん続いた結婚生活でしたが、1991年ふたりは離婚しているのです。

 

1995年に担当の看護師だった「エレイン・メイソン」さんと二度目の結婚をしています。その恋愛をホーキング博士は「情熱的で激しい恋愛だった」と表現しています。

ですが、11年後の2006年に「虐待を受けた」という理由から離婚していました。

スポンサーリンク

子供は?

 

ホーキング博士には3人のお子さんがいます。

3人共始めの奥さんであるジェーンさんとの子供なのです。

ロバートホーキング

出典:https://khabridost.in

▶長男:ロバート・ホーキング

1967年5月生まれ(50歳)

 

ルーシーホーキングの画像

出典:https://khabridost.in

▶長女:ルーシー・ホーキング

1970年11月2日生まれ(47歳)

ジャーナリスト

 

ティモシーホーキングの画像

出典:https://khabridost.in

▶ティモシー・ホーキング

1979年4月15日生まれ(38歳)

 

ルーシーさんは1998年に結婚し、第一子となる長男を授かりましたが、その後2004年に離婚しているようです。現在もジャーナリストとして活躍している人物で、複数の著書もあるのです。

 

ネット上の声

 

 

最後になりましたがスティーブン・ホーキング博士のご冥福をお祈りいたします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。