京都高島屋の画像

驚きのニュースが入ってきました。

3月30日、京都高島屋で行われたボークスの人気ドール「ぱたーん版 SDGr 女の子 ロリーナ」の受注販売で、1人の中国人転売屋が、全て買い占めてしまったことがツイッターで拡散され、大きな話題になっている。

スポンサーリンク

SDロリーナとは?

ロリーナとはボークス社が生産・販売している少女風のドール。

そのクオリティーの高さから、世界中にマニアがいる、人気のドールシリーズ。

SDロリーナの画像 SDロリーナの画像 SDロリーナの画像

出典:http://www.volks.co.jp/

受注生産で100体限定の先行販売だったSDロリーナドール。

1人2体限定だったのですが、50人で整理券が無くなる。

 

 

その整理券を1人の中国人が回収。

店側は、それを分かっていたが、販売拒否せず、100体すべて売ってしまう。

 

 

この転売屋による買い占めに、現場でももちろんですが、ネット上でも大きな批判の声が挙がっている。

スポンサーリンク

転売屋の顔がこちら

SDロリーナを買い占めた、中国人転売屋の顔画像がこちらです。

転売屋の画像

中国人転売屋の画像

出典:ツイッター

この男が、京都高島屋で100体限定のSDロリーナを買い占めてしまったのです。

すでに、中国のオークションサイトでは販売されているという情報も

スポンサーリンク

なぜこのようなことが起きた?

1人2体までの限定品が、なぜ1人の転売屋に買い占められてしまったのでしょうか?

転売屋は50人の並び屋を雇い、早朝から並ばせ、整理券を得る。

並び屋は時給1000円で、4時間並び4000円。

50人で転売屋は20万円支払う。

整理券をすべて回収し、100体分の精算を済ませる。

1体12万4200円ながら、転売で20万円以上で売れるため、一体で8万円、100体で800万円ほどの儲けが発生。

スポンサーリンク

高島屋の対応もまずい

今回の件で、ルールの裏を書いたやり方であることは否めませんが、整理券が50枚あるからといって、1人の人間に100体全て売ってしまった、京都高島屋の対応も非常にまずいものです。

当日は、担当の社員で決めてしまった様子であり、上層部の判断が介入している気配がなかった、という現地にいた方からの情報もあるのです。

このような状況が起きた時、1人2体までと謳っているのですから、その中国人の転売屋にもそれを適用し、残りの分の整理券は再配布をするなど、機転を利かせる判断が何もなされなかったことが、非常に問題があると感じます。

ネット上で炎上

最後まで読んでいただきありがとうございます。