剛しいらの画像

訃報が入ってきました。

小説家の「剛しいら」さんが、2018年4月1日に亡くなったことがわかったのです。

剛しいらさんはボーイズラブ小説家の先駆者として、ファンの間で人気があり、数々の名作を世に残しています。

スポンサーリンク

死去が発表される

剛しいらさんの訃報は、2018年4月4日に、「剛しいら組」のホームページにて、公表されました。その全文がこちらです。

しいらを応援して下さる皆様へ

 

いつも剛しいらを応援して下さり、また

剛しいら組へお越し下さり、誠にありがとうございます。

 

去る4月1日に、剛しいらが病気のため他界致しました。

生前のご厚誼に深謝申し上げ、謹んでご報告申し上げます。

 

今後のことはまた改めて、ご案内させていただきます。

秋のJ.GARDENにて、ご希望される方がいらっしゃいましたら

冬輝の保有している既刊本をお分けすることなど計画しております。

随時情報掲載致しますので、宜しくお願い申し上げます。

まずは、お知らせまで。

 

剛しいら組 スタッフ一同

引用:https://siiragou.jimdo.com/

スポンサーリンク

死因の病気は?

剛しいら組の発表では、「病気のため他界致しました」とありますが、詳細については明かされていません。それでは、剛しいらさんはどのような病気を患っていたのでしょうか?

調べてみると、剛しいらさんにはかねてより、「病気ではないか?」との噂がネット上に存在しました。

ですが、あくまで噂レベルの話であり、中には病気の噂について詳しく調べたサイトも存在するのですが、全く根拠がなく、「デマの可能性が高い」との見解だったのです。

そのため、訃報が報じられた現在でも、死因の病気について情報がないのです。

今後、発表される可能性もゼロではありませんが、御遺族の意向で非公表のままになる可能性もありそうですね。

スポンサーリンク

剛しいらさんについて

【名前】:剛しいら

【生年月日】:??年6月9日

【出身】:東京都

【居住地】:千葉県

【性別】:男性

【年齢】:非公表

【血液型】:A型

【デビュー】:1997年

剛しいらさんについては、年齢や生年月日などは公表されておらず、情報が少ない方です。

若手の小説家さんが、「自分がデビューする前から第一線で活躍されていた」と表現していることから、少なくとも40代以上ではないかと推測できます。

作品を書き上げるスピードが早く、作風も多数あったことから「剛しいらは10人いる」とまで言われた人物。

通常小説家の方は、自身のプロフィールを明かさない方も大勢おり、そこまで珍しいケースではないのです。

▪主な作品

  • 帰宅(1997年)
  • 猫は好き?(1999年)
  • やってやるっ!(2001年)
  • ホテルで逢いましょう(2002)
  • 美男の逆襲(2005年)
  • 新宿探偵(2007年)
  • ムーンライト(2009年)
  • 煌めきの秘薬 -スワンドール奇譚-(2011年)

スポンサーリンク

家族(嫁・子供)の情報は?

剛しいらさんが結婚しているのか調べてみました。

確定的な情報はないまでも、ツイッターではこのような情報が。

このツイートにはしっかりと

「既婚で、しいら先生には、お子さんもいます」

と書かれており、この情報が本当ならば、少なくとも2012年には結婚しており、お子さんもいらっしゃるようです。

近況の情報

剛しいらさんのファンの間では、近況に関する情報が全くない状態だったことが明かされています。

先程も書いた通り、病気だというのも噂の域を抜け出していない状況だったことや、晩年は作品の発表がなかったこともあり、その近況に注目が集まっていたのです。

wikipediaによると、単行本の出版は2015年にストップしており、そこからの近況の情報はなかったようです。

 

ネット上の声

最後になりましたが、剛しいらさんのご冥福をお祈りします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。