西幸治の画像

驚きのニュースが入ってきました。

経済産業省の40代の係長が、自らが偽造した公務員の保険証を使い、携帯電話を不正にだまし取ったとして逮捕されたのです。

逮捕されたのは経済産業省・情報システム厚生課の係長・西幸治(にしこうじ)容疑者です。

スポンサーリンク

事件の詳細

事件が報じられたのが、2018年4月11日のことでした。

経済産業省の40代の係長が偽造された公務員の保険証を使い、携帯電話の販売店から携帯電話数台などをだまし取ったとして警視庁に逮捕されました。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、経済産業省の情報システム厚生課の係長・西幸治容疑者です。西容疑者は偽造された公務員の保険証を使い、携帯販売店に対しウソの名義で契約を結び携帯電話数台などをだまし取った疑いが持たれています。

警視庁は11日朝から西容疑者の自宅を家宅捜索していて、西容疑者が保険証を偽造していた可能性があるとみて調べています。

引用:TBS NEWS

西幸治の画像 西幸治の画像 西幸治の画像

出典:TBS NEWS

保険証を偽造することは、国家公務員としてだけでなく、社会人として悪質な犯罪行為ですが、それを利用し携帯電話を不正にだまし取るなど、非常に悪質な事件なのです。

第一報を報じたTBSでは、西幸治の自宅マンションに、警視庁の捜査員が家宅捜索するに入る様子なども公開され、事件に関する物が運び出されているようです。

スポンサーリンク

西幸治について

逮捕された西幸治についての情報は以下のようなものです。

【名前】:西幸治(にしこうじ)

【生年月日】:不明

【年齢】:40代

【職業】:経済産業省・情報システム厚生課

また、すでにTBSでは、西幸治の顔画像も公開されているようです。

その画像がこちら。

西幸治の画像

出典:TBS NEWS

西幸治についての情報は、SNSに存在している可能性がありますが、現時点でFacebookやツイッターなどのアカウントは特定されていません。

また、結婚しているかなどの情報についても、現時点では判明していませんが、今後新たな情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

動機は金に困っていた?

西幸治が、このような犯罪に手を染めた動機とは、なんだったのでしょうか?

現時点で犯行の動機については警察からの発表はありませんが、携帯電話を不正にだまし取るといった行為から、金に困っていたのでは?との疑惑も浮上しています。

しかしながら、経済産業省の係長は、常勤職員となると年収が600万円前後であり、そのうち賞与は100万円にも及びます。

社会人としては、特別多いというわけではありませんが、生活に困るほどの収入とも思えず、西幸治がこのような犯罪に手を染めたのは、なんらかの理由で支出が大きく発生していたのか、あるいは金目的ではなく自分の立場を利用した愉快犯である可能性も浮上しているのです。

また、そもそも複数の携帯電話を何に使うのか?という事を考えた時に、詐欺などの犯罪行為に使われた可能性もあり、自身が詐欺をしないまでも、詐欺師などに携帯電話を売却し、金を得ていた可能性もあるのです。

いずれにしても、今後は他の容疑についても情報が出てくる可能性もありそうです。

スポンサーリンク

情報システム厚生課とは?

西幸治が所属する「情報システム厚生課」とは、どのような部署なのでしょうか?

その業務内容は以下の通りです。

▪経済産業省の情報システムの整備及び管理。

▪公文書類の接受、発送、編集及び保存。

▪公文書類の審査及び進達。(総務課の所掌に属するものを除く。)

▪官報掲載。

▪経済産業省の保有する情報の公開。

▪経済産業省の保有する個人情報の保護。

▪職員の衛生、医療その他の福利厚生に関すること。

▪経済産業省に設けられた共済組合に関すること。

▪職員に貸与する宿舎に関すること。

▪経済産業省所管の建築物の営繕。

▪庁内の管理。

▪職員の執務能率の増進に必要な施設の運用。

▪内外の経済及び産業に関する事情並びに経済産業政策に関する図書及び資料の収集、保管、編集及び提供。

▪国立国会図書館支部経済産業省図書館に関すること

引用:http://www.meti.go.jp

主に、情報システムの管理や公文書の管理業務を行っている部署であるようです。

業務の中には、公文書や職員の情報など、機密性の高いものも含まれており、このような業務を詐欺行為をした西幸治が扱っていたことを考えると、経済産業省の人選まで疑われかねない今回の事件であります。

経済産業省の評判

経済産業省で働く職員、いわゆる官僚の職場に関しての評判どうなのでしょうか?

調べてみると、不満点がかなり多いようなので以下にまとめます。

 

▪経済産業省の不満点

  • サービス残業が多い
  • 長時間労働
  • 時間に厳格
  • 仕事内容は変化が少なく単調
  • 給料水準は低い

このような意見が多いのが特徴です。

これだけ見ると、国家公務員なのにブラック企業の社員のような不満が目立ちますが、逆に良い点も多く挙げられています。

 

▪経済産業省の良い点

  • 残業するもしないも自分の意志で決められる
  • 有給や当日休みが取りやすい
  • 子育て中の職員のバックアップが整っている
  • 残業が部署によっては基本的にない

などなど、良い点も多く挙がっていました。

残業などに関しては、部署や個人の能力によって変化があり、一概にはいえませんが、比較的少ないという意見のほうが多かったです。

ネット上の声

▶経産省のサイバーセキュリティ。なんだかなぁ。

 

▶ヤクザから見返りいくらあった?

 

▶え~飛ばし携帯じゃないの・・・

 

▶裏の顔はオレオレ詐欺の道具屋でした

 

▶数台って、、、待遇の良い公務員がたかだか10万円ぐらいのためにそんなことする???
本当は別の理由があるんじゃないですか?

 

▶一発で、懲戒免職!

 

▶霞ヶ関の高級官僚は最近すっかりアタマがおかしくなっているようだな。

 

▶別件の匂いしかしない

 

▶こんな簡単に逮捕されるなんて
たぶんノンキャリ職員だろうな

 

▶官公庁にも反社会主義勢力の一員やその関係者はいるでしょ

 

▶本当に税金払うの嫌になってきたね 他にも違う犯罪やってる奴らいるだろうけどね

 

▶真面目に勤め上げたら今のご時世、民間じゃそうそう貰えないような退職金出るのに小銭拾って札束捨てる様な馬鹿な事したな。

 

▶バカか?
こうした公務員が沢山いるんだからさ。
税金泥棒ですな。
首切りしろ

最後まで読んでいただきありがとうございます。