鹿嶋学の画像

14年前に広島県廿日市で女子高生が殺害された事件で、警察は山口県に住む会社員の鹿嶋学(かしままなぶ)35歳を逮捕しました。

事件は当時17歳だった北口聡美さんが、何者かに刃物で刺され死亡したもので、14年越しでの逮捕となったのです。

※続報・追記あり(4/13 14時)

スポンサーリンク

事件の詳細

事件が起きたのは、2004年10月のことでした。

14年前、広島県で女子高校生が殺害された事件で、警察は、殺人の疑いで山口県在住の35歳の男を逮捕しました。捜査本部が置かれた警察署から報告です。

広島県廿日市警察署です。警察は、山口県宇部市の会社員、鹿嶋学容疑者(35)を逮捕したと発表しました。

この事件は2004年10月、広島県廿日市市の住宅で、当時高校2年の北口聡美さんが侵入してきた何者かに刃物で刺され殺害されたものです。北口さんは首や胸、背中をナイフのような刃物で10か所程度刺され、血まみれの状態で見つかりました。事件当時、母屋には聡美さんの祖母と小学6年生の妹がいました。妹は近くの花店に逃げ込み無事でしたが、祖母は背中など4か所を切られ、一時、意識不明となる重傷を負いました。

捜査関係者によりますと、事件現場で採取した指紋やDNA型が鹿嶋容疑者のものと一致したということです。警察は午前6時半ごろ、鹿嶋容疑者を任意同行しました。鹿嶋容疑者はいったん、山口県内の警察施設に入り、この後、捜査本部が置かれているここ広島県警廿日市警察署に身柄が移されます。

事件当時、21歳だった鹿嶋容疑者。認否は、広島県警がこの後、廿日市警察署で開く記者会見で明らかにされる見通しです。

鹿嶋学の画像鹿嶋学の画像鹿嶋学の画像

引用:TBS NEWS

未解決事件として、発生から14年目の犯人逮捕となり、捜査関係者の執念が実を結びました。

 

それでも日本には、まだ解決されていない未解決事件が多数あります。

日本の「未解決事件」100の聖域 最新情報と新たなミステリー

日本人を震撼させた 未解決事件71

スポンサーリンク

※続報がこちら↓

▶鹿嶋学 結婚し妻子持ちがFacebookで判明?北口聡美さん殺害の動機の真相とは?

鹿嶋学について

鹿嶋学の画像

出典:TBS NEWS

【名前】:鹿嶋学(かしままなぶ)

【居住地】:山口県宇部市

【年齢】:35歳

【職業】:会社員

鹿嶋学の顔画像はすでに公開されており、ニュース番組でも放送されています。

事件当時、鹿嶋学は21歳であり、そこから14年間も逃走をしてきたようです。

鹿嶋学のSNSについて調べてみると、Facebookに本人の可能性があるアカントが存在する。

情報が少なく、ハッキリと特定するには至っていないが、このアカウントが本人だった場合、結婚に妻子がいることになるのだ。

奥さんのFacebookもあり、そこにはまだ小さい子供の写真もある。

そのFacebookアカウントの関連性が分かり次第、追記で書いていきたいと思います。

ネット上では「会社員」と発表されていますが、運送関係の人間では?との情報もあります。

スポンサーリンク

※続報がこちら↓

▶鹿嶋学 結婚し妻子持ちがFacebookで判明?北口聡美さん殺害の動機の真相とは?

犯行動機は?

事件当時、鹿嶋学は21歳であり、被害に遭った17歳の北口聡美さんとの間に何があったのでしょうか?まだ、容疑者が逮捕されたばかりで、警察から発表がありませんが、交際関係からのトラブルだったのでしょうか?

もしくは、鹿嶋容疑者が一方的に好意を寄せ、ストーカーのようにつきまとった挙げ句に、殺害したようなものなのかもしれません。

事件は、離れに一方的に侵入し、2階で仮眠をとっていた北口聡美さんの腹や背中などを10箇所以上指し、殺害するという残忍な事件です。

北口さんと鹿嶋容疑者の間に、全く面識がないとは考えにくく、強い恨みのようなものを感じる事件。

事件現場には物色された痕跡がなく、衣服の乱れや争った跡もなかったと報道されており、犯人は北口聡美さんと面識がある人物である可能性が高いと言われていました。

いずれにしても、事件現場に残されていたDNAや指紋が、鹿嶋学と一致しており、今後犯行動機についても事件が解明されていくことでしょう。

スポンサーリンク

北口聡美さんについて

北口聡美の画像

出典:ライブドアブログ

【名前】:北口聡美

【没年】:2004年(享年17歳)

【学歴】:高校2年生

北口聡美さんは、学校から帰宅後、自宅の離れで仮眠を取っていた時に犯人に殺害されました。

北口さんの悲鳴を聞いた祖母も襲われ、一時意識不明になるも意識が回復。

祖母は「犯人は知らない男だった」と語っていました。

 

北口さんは事件当日から期末テストが始まっており、試験終了後昼過ぎに帰宅。

「4時まで寝る」といって仮眠をとっている間の惨劇でした。

事件から14年での犯人逮捕ですが、遺族の気持ちを考えると、ここまでの苦しみが少しは癒える気持ちなのでしょうか。

これから事件の詳細なことが出てくると思われ、真相が知りたいという感情がある一方、また事件のことを掘り返さなければならない苦悩もあるのではないでしょうか。

警察の執念の捜査

この事件は、未解決事件として警察も捜査に懸賞金300万円を掛けるなど、執念の末、犯人逮捕につながったのです。犯人の特徴などが細かく書かれたポスターが、広島県を中心に全国に貼られました。

鹿嶋学の画像

出典:ツイッター

 

北口聡美さんの父・忠さんのブログには、娘を殺害されたやり場のない怒りが綴られていました。

 「こんな姿になってしまって……」。

遺骨を抱えた忠さんは、木箱に納まった愛娘の軽さを両腕に感じ、胸がつかえた。

数カ月前、体育の時間に靱帯(じんたい)を切った聡美さんをおんぶしたときは、あんなにずっしり重かったのに。

「それが物も言わない」・・・

引用:https://blog.goo.ne.jp

事件当時の報道

この事件は、犯人が逮捕された4月13日の当日、ワイドショーで大きく取り上げられ、14年前の事件当時の映像も流れています。

鹿嶋学と北口聡美の画像 鹿嶋学と北口聡美の画像

鹿嶋学と北口聡美さんの画像 鹿嶋学と北口聡美さんの画像 鹿嶋学と北口聡美さんの画像 鹿嶋学と北口聡美さんの画像 鹿嶋学と北口聡美さんの画像 鹿嶋学と北口聡美さんの画像 鹿嶋学と北口聡美さんの画像 鹿嶋学と北口聡美さんの画像 鹿嶋学と北口聡美さんの画像 鹿嶋学と北口聡美さんの画像

出典:YouTube

北口さんの父・忠さんは、犯人逮捕の2~3日前から、容疑者と思われる男の情報を聞いていたようです。

犯人逮捕後のインタビューでは、

「言い方はおかしいかもしれないが、一区切りついた」

と、安堵の表情を見せていたといいます。

 

とはいえ、実の娘を殺害されたわけですから、この事件のことは一生背負い生きていかねばならず、犯人への強い恨みの気持ちもあることでしょう。

忠さんは、自身のブログに、犯人逮捕後の気持ちを以下のように語っています。

 皆さんもニュースでご存知でしょうけど
今朝、事件の容疑者が逮捕されました。

事件が解決するまで、約13年と6ケ月の期間を必要としましたが
解決するのと未解決では大きな違いがあります。

皆さん、事件解決のご協力と応援ありがとうございました。

皆さんから、ブログへコメントを沢山頂いています。
本来なら、一人一人の方へ書くべきだと感じておりますが
この場で、お礼を言う非礼を許して下さい。
よろしくお願いいたします。

娘への報告「事件が解決したよ」と私の胸の中で伝えましたが
「守る事が出来ないで、ごめんなさい」という想いの方が大きいですし
これからも、この想いは持ち続けるでしょうね。

引用:https://blog.goo.ne.jp

自身が最も辛いはずの家族であるにもかかわらず、周囲の方への感謝や、聡美さんへの謝罪の言葉が書かれているのです。

これから、事件の詳細が判明していくにあたり、遺族の方には辛い事実が出てくるかもしれません。

事件当時は、物取りの可能性も噂されていましたが、執拗に多数の箇所を刺し殺害するなど、怨恨の線も浮上していました。

今後は、事件解決へ、遺族の方の戦いはまだまだ続いていくのです。

※続報がこちら↓

▶鹿嶋学 結婚し妻子持ちがFacebookで判明?北口聡美さん殺害の動機の真相とは?

勤務先は建築会社

その後の報道で、鹿嶋学の勤務先が建築会社だった事がわかりました。

男性社長によると、先代の社長が経営している10数年前に、知人の紹介で働き始めたようで、犯行後にすぐに職についたと見られているのです。

同僚の話では

「仕事熱心で現場を任せられるタイプ。」

「シャイで暴力的なイメージはなく、後輩の面倒見も良い。逮捕されたのがまだ信じられない」

と語っており、普段の様子からは殺人を犯すような人物ではなかったということです。

 

しかしながら、逮捕の発端となった暴力事件は、会社の同僚と揉めたことで尻を蹴るなどの暴行を加えたことで、警察が任意捜査していたことがきっかけであったといいます。

ネット上の声

▶亡くなった女子高生は怖かったでしょうね。
亡くなったことは本当に残念だけど、今まで犯人も捕まらず、ご家族も辛い日々を送られていたことでしょうね。
少しは報われるかな。
死刑になるのかどうか?

 

▶そんな事件があったのかぁ
許せないですね、極刑を希望

 

▶この事件はよく覚えてる。捕まって本当に良かった。帰ってくるわけではないが、家族の中でも少しは区切りがつけられるのでは。
改めて大きな事件を起こすような人物は、再犯するんだな、と思う。捜査したら他にも余罪ありそう。適切な量刑を望みます。

 

▶広島廿日市警察署の執念の捜査が実って良かった!
今から解明するんだろうけど、残された家族の願いも叶って本当に良かった。

 

▶これで少しは報われる
親族は泣いて喜んだだろう
娘に朗報が出来てよかった

 

▶14年もの間この犯罪人がうろうろして居た事が怖い
14年間どう言う精神状態で生活して居たのか・・・
其れよりもわが娘を亡くした親御様はホッとして居る事でしょう・・・無念の気持ちをお察しいたします。
別件で逮捕DNAでの照合 誤魔化しきれない犯人に極刑を下して下さい。

 

▶別件で捕まってたらしい。未解明の余罪もありそうだ。酷過ぎる内容。死刑で

 

▶最低限度、無期懲役は免れないな。
侵入していった目的をしっかり調べて公表して欲しい。

 

▶まだ犯人と確定したわけじゃないけど、犯人だとしたら本当に良かった

 

▶悪い事をすれば、いつか捕まるんだよ。逮捕された方が良かったとおもう。亡くなられた方の供養をしてもらいたい。遺族はいままでつらかったと思います。亡くなられた方ご冥福お祈りいたします。

 

▶14年経過したとしても、犯人が逮捕されたことは
ご遺族にとってせめてもの救い。

それにしても人を殺めておいて、のうのうと社会人として
生活していことが本当に腹が立つ。

情報不足でお恥ずかしい限りだが、
これで犯人が家庭を持ってたらそれこそやりきれない。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

※続報がこちら↓

▶鹿嶋学 結婚し妻子持ちがFacebookで判明?北口聡美さん殺害の動機の真相とは?