鹿嶋学と北口聡美さんの画像

かねてより報じられている、14年前の女子高生が殺害された事件の容疑者逮捕のニュースですが、容疑者の鹿嶋学(かしままなぶ)35歳には、家族がいる可能性が浮上してきました。

また、会社員と報じられている鹿嶋学容疑者ですが、ネット上では勤務先がどこなのかも多く検索されているようです。

スポンサーリンク

逮捕の報道内容

事件は、2004年10月に起きました。

14年前、広島県廿日市市の住宅で、女子高校生が刃物で刺され殺害された事件で、広島県警はけさ山口県に住む35歳の男を殺人の疑いで逮捕しました。

「捜査本部が置かれている廿日市署から中継です。つい2分ほど前ですが、先ほど容疑者の男が捜査本部の置かれる廿日市署に入りました。男はフードをかぶっていて、うつむき加減でその表情を見ることができませんでした。現在、取り調べを受けている模様です」

逮捕されたのは山口県宇部市の会社員・鹿嶋学容疑者(35)です。
この事件は2004年10月、廿日市市上平良の住宅で、当時、高校2年生だった北口聡美さんが、自宅に押し入った男に刃物で胸などを十数ヵ所刺され、殺害されたものです。
捜査関係者によりますと、現場に残されていた指紋やDNAと、山口県内で起きた別の暴行事件をめぐり採取した鹿嶋容疑者の指紋とDNAが一致したことから、鹿嶋容疑者の事件への関与が強まったとして逮捕状を請求し、けさ午前7時10分に殺人の疑いで逮捕しました。
別の事件から急展開を見せたこの事件。
警察は現在、鹿嶋容疑者から事情を聴いていて、逮捕の経緯など詳細を明らかにするものとみられています。

引用:http://www.tss-tv.co.jp/tssnews/

スポンサーリンク

事件を振り返る

鹿嶋学と北口聡美の画像

出典:YouTube

2004年10月5日に何があったのか振り返ってみましょう。

事件当日、高校2年生で17歳だった北口聡美さんは、学校の期末テストの初日でした。

午前中でテストが終わり、帰宅した北口さんは、自宅の離れの2階で仮眠をとっていたのです。

「4時に起きる」と家族に話していましたが、午後3時頃、侵入してきた男に腹や胸、背中など10カ所近くを刺され、出血多量で死亡しました。

 

北口さんの悲鳴を聞いた祖母が駆けつけますが、犯人は祖母にも襲いかかり、意識不明の重体に。

2人の血まみれの姿を目撃した、当時小学校6年生だった妹が、近くの園芸店に駆け込み

「若い知らない人にお姉ちゃんが刺された」

と助けを求めたのです。

 

祖母は、その後意識を取り戻し「犯人は全く知らない男だった」と語っており、事件当日にはバイクに乗る不審な男も目撃されていたことから、事件解決まで時間はかからないと見られていました。

事件の状況から、北口聡美さんを狙い、執拗に刺していることから、物取りなどではなく、怨恨の可能性が高く、北口さんの交友関係上に犯人がいると見られていたのです。

 

ですが、その後事件は14年が経過し、未解決事件として風化していったのですが、遺族の方の祈りと警察の執念の捜査が実を結び、容疑者が逮捕されました。

鹿嶋学の画像

出典:ツイッター

それでも日本には、まだ解決されていない未解決事件が多数あります。

日本の「未解決事件」100の聖域 最新情報と新たなミステリー

日本人を震撼させた 未解決事件71

スポンサーリンク

犯人の顔画像とプロフィール

逮捕された、鹿嶋学とはどのような人物なのでしょうか?

鹿嶋学容疑者の画像

出典:FNN

【名前】:鹿嶋学(かしままなぶ)

【居住地】:山口県宇部市

【年齢】:35歳

【職業】:会社員

現時点で判明している情報は以上です。

鹿嶋学の顔画像は、すでに護送されるシーンがニュース番組で放送され、公開されているのです。

事件現場に残されていたDNA型や指紋が、鹿嶋学容疑者と一致しての逮捕であり、逮捕されたきっかけは別の暴行事件で、任意に事情を聞いていたことがきっかけだったのです。

スポンサーリンク

Facebookから妻子持ちと判明?

逮捕された、鹿嶋学について現時点で多くの情報は出ていませんが、Facebookには鹿嶋学と同姓同名のアカウントが確認されています。

そのアカウントには、奥さんの名前やFacebookアカウントも公開されており、鹿嶋学の顔画像も公開されています。

その画像は、少し若い頃だと思われますが、今回逮捕された人物と似ていることから、結婚し子供がいるのでは?とネット上で注目されているのです。

現時点で、確証がないためアカウントや画像の公開は控えますが、もしこれが犯人のアカウントだとしたら、殺人を犯したにも関わらず、自身は結婚し家族を作って幸せに暮らしていたことになるのです。

いずれにしても、事件の詳細は今後判明すると思われますが、非常に残虐で身勝手な犯行内容であり、逮捕された鹿嶋学には、厳罰が下ることは間違いないでしょう。

父のブログには悲痛な叫びも

事件の解決に向け、ビラ配りをし情報提供を求めるなどの活動をしてきた北口聡美さんの父・忠さん。

彼のブログには、娘を殺害されたやり場のない怒りとともに、悲しみの書き込みがあります。

「こんな姿になってしまって……」。

遺骨を抱えた忠さんは、木箱に納まった愛娘の軽さを両腕に感じ、胸がつかえた。

数カ月前、体育の時間に靱帯(じんたい)を切った聡美さんをおんぶしたときは、あんなにずっしり重かったのに。

「それが物も言わない」・・・

引用:https://blog.goo.ne.jp

忠さんは、ワイドショーの取材に対して

「未解決だと思っていた事件が解決する。本当、今までずっと事件が解決するのを願っていたので、言い方はおかしいかもしれないが、一区切りついた」

とその複雑な心境を語っていました。

鹿嶋学と北口聡美さんの画像鹿嶋学と北口聡美さんの画像

出典:YouTube

犯人が逮捕された、当時にはブログに以下のように書き込んでいます。

 皆さんもニュースでご存知でしょうけど
今朝、事件の容疑者が逮捕されました。

事件が解決するまで、約13年と6ケ月の期間を必要としましたが
解決するのと未解決では大きな違いがあります。

皆さん、事件解決のご協力と応援ありがとうございました。

皆さんから、ブログへコメントを沢山頂いています。
本来なら、一人一人の方へ書くべきだと感じておりますが
この場で、お礼を言う非礼を許して下さい。
よろしくお願いいたします。

娘への報告「事件が解決したよ」と私の胸の中で伝えましたが
「守る事が出来ないで、ごめんなさい」という想いの方が大きいですし
これからも、この想いは持ち続けるでしょうね。

引用:https://blog.goo.ne.jp

そこには、今まで協力をしてくれたすべての方への感謝の言葉、そして、守ってあげられなかった娘さんへの心境が書かれていました。

ですが、忠さんが言うように、未解決のままと解決したというのは天と地ほどの大きな違いがあり、亡くなった北口聡美さんに犯人逮捕の報告ができるだけでも、大きな前進であると言えます。

故人の気持ちを考えると、これほどの手向けはないのではないでしょうか。

改めまして、北口聡美さんのご冥福を心からお祈りいたします。

そして、事件の詳細が一日も早く明かされることを祈っております。

ネット上の声

最後まで読んでいただきありがとうございます。