米山隆一の画像

現職の新潟県知事である米山隆一知事が、女性問題を週刊誌に報じられ、辞職の意思を固めたという報道が話題になっていますが、会見では未だその詳細が語られていません。

ですが、ネット上ではその女性問題は美人局だというリーク情報が流出していることが分かったのです。

相手の女性には彼氏がおり、金銭問題も発生しているというその情報。

今回は、米山隆一新潟知事の女性問題について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

報道の内容

米山隆一の報じられた女性問題は以下のようなものでした。

 新潟県の米山隆一知事(50)が18日、辞職する決断をし、同日午後の記者会見で表明する方針を固めた。

知事を支援する県議会の会派に伝えた。

米山知事は、19日発売の週刊誌で自身の女性問題が報じられる見込み。18日午前、読売新聞の取材に「(辞職について)今の時点では話せない。後ほど説明する」と話した。17日の臨時記者会見では、「1、2日、整理する時間を与えてほしい」と進退の表明を保留していた。

米山知事は独身で、2016年10月の知事選に無所属で立候補して初当選し、1期目。東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)の再稼働に慎重な立場を示してきた。

引用:読売新聞

女性問題が週刊誌で報じられる前に、先手を打ち臨時の記者会見を開いたのが4月17日。

その翌日には、週刊誌の内容を把握したのか、辞職することを決断したことを公表し、改めて記者会見することが発表されたのです。

スポンサーリンク

女性問題の内容は?

17日に行われた臨時の記者会見では、記者が女性問題の内容について質問するも、詳細は語られませんでした。

しかし断片的には本人の口からも情報が出ていますので、その内容をまとめたいと思います。

 

  • 知事就任前後(2016年)に複数の女性と交際した
  • 相手は未成年ではなく、全員が成人女性
  • 金銭の問題があった
  • 相手の女性は独身と認識
  • 二股交際などはない
  • ネットで知り合った
  • 女性とホテルに行った

 

ここまで出ている情報は以上ですが、会見序盤から涙を流しながらの会見であったことから、よほどのことなのかと構えた記者も大勢いたといいます。

米山隆一知事は結婚しておらず、独身であるため、少なくとも自身の“不倫”ではない模様。

ネットで知り合ったという言葉から、真っ先に浮かぶのは出会い系のサイトやアプリなどを通じて出会ったということですが、それについては「後ほど」と詳細は語られていません。

 

となると、辞任をするほどのことは未成年女性が相手の買春行為があったと思われるのですが、これも本人は「相手は成人」ときっぱり否定しています。

また、女性との関係の違法性について問われると「自分はそんなつもりはないが、そう取られる余地がある」となんらかの法に触れる可能性があることを示唆しているのです。

結局、17日の会見では詳細が語られず記者からは「なんのための会見なのか?」と問われ、「それを言われると恐縮」とはっきりしない態度だったのです。

スポンサーリンク

リーク情報が流出

米山隆一からは詳細が語られなかった「女性問題」の内容ですが、知事は周辺の関係者に女性問題の内容を語っていたようで、今回それがリーク情報として浮上しているのです。

その内容をまとめてみると

 

  • 相手は当時女子大生
  • 女性には別に交際している男性がいた
  • 相手の男に脅され金銭を要求するようになった
  • 弁護士を立て、交渉するも解決には至らず
  • 知事就任後も複数回会っている

 

この、当時女子大生とされる人物とは、もともと知事就任前に交際していたようですが、その後別れていたようです。ですが、知事就任後に連絡があり

2回ほど会った。連絡が来て懐かしくなったので」と説明し、その時に金銭のトラブルがあったことも示唆しているのです。

過去に交際していた時に、相手には交際している相手がいたにもかかわらず、久しぶりに連絡が来たことで再び会ったというのは、非常に愚かなことですが、このリーク情報からある説が浮上しました。

それは、美人局(つつもたせ)に引っかかったのではないか?ということです。

美人局とは、男女がグルになり女性が「かも」になる男を誘い、行為の最中や証拠が取れたところで男が現れ、金銭を要求するなどの行為です。(びじんきょくとは読みません

 

相手女性から連絡をしてきている、背後に男がおり金銭を要求している、この状況から、美人局であることはほぼ確定的であるのですが、知事を辞するほどですから、相手の女性が未成年だった、買春の契約がされていたなど、法に触れるような行為があった可能性も十分ありえます。

というのも、17日の会見の段階では、辞職については明言していなかったにも関わらず、18日の午後になって急遽辞職することを発表しているのです。

この間に何があったのか察するに、それは週刊誌の記事に目を通し、「この内容はまずい」という判断から辞職を決意した可能性が高く、単なる美人局だけでなく別のことも書かれているのではないでしょうか。

 

この報道を報じるのは、週刊文春だということがすでに分かっており、米山隆一のツイッターは毎日のように更新されていましたが、文春の記者が突撃したと見られる15日以降は、全く更新されていません。

相手の男と女は金銭で解決しないことで、週刊文春に情報を可能性もあり、それが今回の女性問題の真相ではないか?という声も多いのです。

スポンサーリンク

米山隆一について

米山隆一の画像

出典:ツイッター

【名前】:米山隆一(よねやまりゅういち)

【出身】:新潟県北魚沼市

【生年月日】:1967年9月8日

【年齢】:50歳

【前職】:弁護士、医師

【出身高校】:灘高等学校

【出身大学】:東京大学医学部医学科

 

東京大学医学部を卒業後、医師免許を取得し、医師として14年間働いています。

放射能泉医学総合研究所」や「ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院」などでの勤務実績あり。

2005年には、衆議院議員選挙に自民党の公認候補として出馬するも落選し、2009年に再び出馬するもこちらでも大敗を喫しています。

 

2011年からは弁護士としての活動を開始し、主に医療関係の裁判のスペシャリストとして有名に。

その後、2012年、2013年と衆議院議員選挙に出馬するも落選してしまうのです。

2016年には新潟県知事選挙に出馬し、得票率52.2%、得票数528,455票で当選し、新潟県知事として活動を開始。

柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を推し進めていた県知事であり、ツイッターではその活動内容などを頻繁に発信していました。

ネット上の声

▶米山さんの後輩の医者で、患者さんに手を出したり、結婚していることを隠し婚活パーティーで遊びまくったりしていた者がいたな。彼は完全に開き直っているけど(怒)

 

▶医師で弁護士の天才米山くん、スーパーハイスペックだから結婚相手は選び放題なのになんで援交しちゃったの?独身だから堂々と風俗店利用すればいいのに、天才と馬鹿は紙一重ですね

 

▶はっきりしてないけど、独身でホテル行っただけじゃ問題ないから
考えられることといえば出会い系で買春なのか、前文部次官のように
デートクラブからのホテル直行とか。
法律的にアウトっぽいようなことを弁護士資格をお持ちの方が自分で
言ってるんですから、何かしら金銭が絡む交際なんでしょうね。

 

▶政治家辞めたら、弁護士開業、医師開業。
どちらも、この方には御世話に成りたくないね。
しかし、助平ったらしい顔だ。

 

▶米山の地元の人間だが、こいつは基本的に政治には向いてないんだよね。
医師か弁護士で生計立てるのがいいと思う。
でも相手が未成年で逮捕だったら笑ってしまう。
すぐに週刊誌が発売するから、その前に自分の口から話せばいいのに。

 

▶この米山は野党統一候補で当選した筈だが、知らぬ顔して批判に廻る野党議員の責任感の無さには、呆れて物が言えない。

 

▶体を売るような輩は金のためなら何でも売るよ
買春以外に淫行がつくか見ものだな

 

▶この人を推した自由党の森ゆうこさんのコメントが聞きたい。あなたのお仲間なんでしょ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。