野村正文の画像

出典:日テレ news

驚きのニュースが入ってきました。

兵庫県佐用町で5歳の息子が父親の運転するフォークリフトにひかれ、その後死亡が確認されました。

亡くなったのは野村倫斗(のむらりんと)くん5歳であり、逮捕された父親は自営業・野村正文(のむらまさふみ)43歳です。

息子をひき死亡させてしまうという、一見事故とも思える今回の一件ですが、父親による殺人の可能性も浮上しています。

スポンサーリンク

事件の詳細

事件が起きたのは5月3日の午後6時過ぎのことでした。

兵庫県佐用町で3日夕方、5歳の男の子がフォークリフトにひかれ死亡した。警察は運転していた男の子の父親を逮捕した。

3日午後6時過ぎ、兵庫県佐用町の自動車修理販売会社の敷地内で、近くに住む保育園児の野村倫斗くん(5)がフォークリフトにひかれた。倫斗くんは、病院に搬送されたが、約1時間後に死亡した。

警察は、フォークリフトを運転していた父親の野村正文容疑者(43)を、重過失致死の疑いで逮捕した。倫斗くんがフォーク部分に飛び乗ったにもかかわらず運転を続け、誤って転落した倫斗くんをひいてしまったとみられている。

調べに対し、正文容疑者は、「何回も同じように遊んでいて、大ごとになるとは思わなかった」と話しているという。

引用:日テレ news

野村正文の画像 野村正文の画像 野村正文の画像 野村正文の画像 野村正文の画像

出典:日テレ news

ゴールデンウィーク真っ只中に起こってしまった悲劇ですが、これを事故と呼ぶのか事件と呼ぶのかで全く印象が変わるものであります。

スポンサーリンク

野村正文について

逮捕された、野村正文とはどのような人物なのでしょうか?

【名前】:野村正文(のむらまさふみ)

【居住地】:兵庫県佐用町

【年齢】:43歳

【職業】:自動車修理会社経営

野村正文の顔画像については、現時点でネット上に公開はされていないようです。

また、FacebookやツイッターなどのSNSについても、同姓同名のアカウントは発見されているものの、特定されているという情報はありませんでした。

フォークリフトでの死亡事故ですが、5才児というと乗り物に興味がある年齢であり、大人が許していたら稼働中でも遊んでしまうことが大いに考えられます。

いうなれば、走行中の車のボンネットに子供を乗せていたようなもので、荷物を積んでいた場合、視界という意味ではさらに悪いものになるでしょう。

会社経営者という従業員や業務上の全ての安全を守らなければ行けない立場である野村正文は、なぜこのような事故を起こしてしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

事故の原因

今回の事故の原因は、亡くなった倫斗くんがフォークリフトのフォーク部分に乗ってきたことを知りながらも、30センチほどフォークを上げた状態で、10メートル走行していたことで起こったものです。

当初、野村正文は息子をひいたことに気付いておらず、倫斗くんの兄(7歳)の悲鳴を聞いて気が付いたという。

普段から、今回のように子供を危険な重機に乗せて遊んでいたということが、まず信じられませんが、ひいたことに気が付かないような状況も信じられません。

スポンサーリンク

殺人の可能性はないの?

殺人とは一般的に殺意を持って人を死に至らしめる行為ですが、今回の場合はどうなのでしょうか?

状況的に野村正文が殺意を持って息子をフォークリフトに乗せていたかと言うと、可能性としては限りなく低いものになるでしょう。

ですが、フォークリフトのフォーク部分に子供でなくとも人を乗せて、フォークを30センチ上げ走行する行為が非常に危険だという認識は、普通の大人ならば、ましてやプロならば十分に分かることであります。

この場合、明確な殺意を持って行った行為ではないため、過失致死傷罪で逮捕されているのです。

つまり、殺人罪とは明確な殺意を持って行った行為による事件にのみ適応されるものであるため、今回は適応されないのです。

▪重過失致死傷罪とは

「人の死傷の結果がその具体的な状況下において通常人として容易に予見できたのに、これを怠り、あるいは、結果を予見しながら、その回避の措置をとることが同様容易であつたのに、これを怠つたというような注意義務の懈怠の著しい場合を指すものと解する」

引用:https://www.yokohama-roadlaw.com

まさに今回のようなことを指しており、過去に起きた事件を見てみると

▪女子大生がスマホをいじりながら、もう片方には飲み物を持ち運転していた電動アシスト自転車で歩行中の77歳の女性に衝突し死亡させた。

▪山で狩猟中に黒い影が動いたため発砲したところ、相手は人間であり怪我を負わせた事件。命に別状はなかったものの、銃を人に向けて放つという危険行為、さらに野鳥と人を見間違えるという万が一にも遭ってはならない危険行為に重過失致死傷罪が適応されたのです。

いずれにしても、我が子を死なせてしまった事実に変わりはなく、野村正文は自身の行ったことを後悔しながら罪を償っていくことになりそうです。

ネット上の声

▶本来なら、初めて飛び乗ろうとした時点で叱り、2度と同じことをしないようにしつけなければいけなかったと思います。

亡くなってしまった子供が本当にかわいそうだし、お父さんも今後ずっと、自分が子供を殺してしまった十字架を背負っていきていかねばならないかと思うと辛い。

 

▶目の前の楽しさ重視で安全無視のよくいる父親。
自分の旦那もこういうタイプでいくら言っても理解してくれなくて子供のことで喧嘩ばっかりしてて、ベソベソ泣く娘(旦那が怒ったせいで泣いた)にイライラして怒鳴ったり叩いたりし始めたから離婚したわ。
怪我はちょっとしたけど、娘が笑顔のうちに行動して良かったと思ってる。
「こうなると思ってなかった」というのは、事故の想像は出来てたけど、自分はそんなヘマしないってことだからね!そんな訳あるはずないのに!最悪のことになってから謝っても遅いって説得をナゼ理解してくれないのかよくわからない。

 

▶ガソリンスタンドで働いてますが子供が給油していたので構わず停止して親に説明したらすごい嫌な顔されたが給油口の高さが子供の目線の高さにあるからもし吹き出して目に入ってしまったら失明の恐れもあるし、大人にとってはそこまで危険ではなくても子供にとって危険な場合は多々ある。またそれが区別つかない大人が増えてるのもが事実。

 

▶何回もやってたってw
そりゃいつかひくわ
大人なら気づけよ
子供がかわいそう

 

▶駐車場から出る時引いた事故とは訳が違う防げた事故、それでも我が子を死なせてしまった後悔は計り知れないだろうね

 

▶フォークリフトはタイヤも含めて全て硬い部分ばかりで、重さも自動車の倍以上あるから、ダメージは自動車事故以上になります。速度は遅いですが、

 

▶最初に子どもがやったときに怒らないとねー。
子どもの育て方が悪いのは、親の年齢ではない事が分かった。

 

▶フォークリフトは小さいやつでも結構重いですから。
なぜならフォークに荷物刺して持ち上げた時に、まえにつんのめらないように車体の後ろ側にウエイトつけてますから。

最後まで読んでいただきありがとうございます。