相田冬二の画像

出典:楽天

ライターの相田冬二氏がツイッターでSMAPのファンに対して、独特の言い回しで批判を投稿し現在炎上しています。

その内容はSMAPファンへの冒涜とも取れる内容で、相田冬二氏はすでに問題のツイートを削除しているものの、リツイートされ拡散されているようです。

スポンサーリンク

問題のツイート

相田冬二氏のツイートには、SMAPファンの神経を逆なでするような言葉が並べられています。

御遺体にまとわりついて」「恐怖映画」「誰も覚えていない時代が来る」などと、一見独特の言い回しだが、ここまで他人を上から目線で冒涜する文章に、問題のツイートがすでに多数拡散されているようです。

発端となったツイート。SMAPの解散騒動でファンが特定のメンバーと事務所だけを責めたのはおかしいとツイート。「責める側にも覚悟は必要」と発言。

相田冬二のツイート画像

 

解散時に解散しないでほしい、理由が知りたいという声があまり目立たなかったことを指摘。

相田冬二のツイート画像

 

 

相田冬二のツイート画像相田冬二のツイート画像相田冬二のツイート画像相田冬二のツイート画像

出典:ツイッター

スポンサーリンク

相田冬二について

相田冬二クズの画像

出典:ツイッター

【名前】:相田冬二

【読み方】:あいだとうじ

【生年月日】:19??年7月14日

【年齢】:不明

【血液型】:A型

【職業】:ライター、ノベライザー

キサラギ」「KIDS」「パンドラ」「息もできない」「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」などにつづくノベライズ第10作「陽はまた昇る エピソード0」(井上由美子脚本・佐藤浩市主演ドラマ)が2011年8月17日発売(幻冬舎)。

三池崇史「監督中毒」(ぴあ)、阪本順治「孤立、無援」(ぴあ)の構成を手がけ、最近では中山一也「シロ」(幻冬舎)、藤村忠寿「けもの道」(メディアファクトリー)のお手伝いもしました。どちらも良い本なので、是非ご一読を。

人生、唯一の編著書は「映画×音楽 セッション・レポート103」(音楽之友社)。

2012年3月10日、ノベライズ「小説 RIVER」(鉄人社)発売。
ノベライズ「任侠ヘルパー」(角川文庫)が10月25日に発売。
ノベライズ「MONSTERS」(ぴあ)が12月17日に発売。

雑誌「週刊金曜日」「T.」「UOMO」「シネマスクエア」ネット「ぴあ+<plus>」などで執筆中。

2013年7月30日より、楽天エンタメナビにて「Map of Smap」を毎週更新中。

2013年12月26日、通算14作目となるノベライズ「緊急取調室」(幻冬舎)発売。

2014年2月28日、ノベライズ「緊急取調室2」発売。

4月26日、ノベライズ『はなればなれに』発売。

2015年1月、ノベライズ『さよなら歌舞伎町』(リンダパブリッシャーズ)発売。

引用:Facebook

スポンサーリンク

炎上騒ぎに

相田冬二氏の問題のツイートが拡散され、ツイッター上では怒りの声が多く挙がっています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。