アメフトの悪質タックル問題で、加害選手である宮川泰介選手が会見を開き、一連の経緯を説明し謝罪しました。

その後日大広報部も慌ててコメントを発表したのですが、そのあまりにもヒドイ内容に「無能」だという声がネット上で挙がっています。

スポンサーリンク

宮川選手が謝罪会見

 

5月22日に悪質ラックルの本人である宮川泰介選手が、実名・顔出しでの謝罪会見を開きました。

その主な内容がこちら。

問題の試合の直前に

「やる気がない」

「お前は闘争心がないから代表にはいくな」

などの言葉を受け、チーム内では干されてる状態だったようです。

 

そこで井上コーチから支持された言葉が

「監督がクォーターバックを潰せと指示している」

「相手のクォーターバックを潰すので試合に出して下さいと監督に言ってこい」

と明確な指示があったようです。

 

監督からは

「やれなきゃ意味ないよ」

と言われ、試合直前には井上コーチから

「やれませんでしたじゃ済まないぞ」

「思いっきりいってこい」

などとさらに発破をかけられたといます。

 

もともと内田正人監督が、コーチを通して指示を出していたことは間違いないですが、この井上コーチにもかなりの批判の声が集まることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

会見後に日大広報部がコメントを発表

日大広報部の画像

出典:日テレNEWS

日大企画広報部が宮川泰介選手の記者会見についてコメントを発表した。全文は次の通り。

本日、本学アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が、関西学院大学フットボール部との定期戦でルール違反のタックルをし、相手選手にけがを負わせた件につきまして、心境を吐露する会見を行いました。厳しい状況にありながら、あえて会見を行われた気持ちを察するに、心痛む思いです。本学といたしまして、大変申し訳なく思います。
会見全体において、監督が違反プレーを指示したという発言はありませんでしたが、コーチから「1プレー目で(相手の)QBをつぶせ」という言葉があったということは事実です。ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で、「最初のプレーから思い切って当たれ」という意味です。誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います。
また、宮川選手が会見で話されたとおり、本人と監督は話す機会がほとんどない状況でありました。宮川選手と監督・コーチとのコミュニケーションが不足していたことにつきまして、反省いたしております。

引用:時事通信社

このコメントを分かりやすくすると

「相手を潰せといったのは『思いっきり当たれ』という意味」

「選手が指示を誤解したもので、悪いのは選手だよ」

「選手1人に会見させたことは大変申し訳ない」

「アメフト部のコミュニケーション不足は反省している」

これをイチ法人のコメントとして発表したのです。

まるで的外れ。論外のコメントにネット上では日大広報部に対して大炎上しています。

このコメントが発表されると、ネット上では日大広報部に対して厳しい声が上がっており、「無能すぎる」という声もありました。

スポンサーリンク

日大広報部は無能という声が多く挙がる

スポンサーリンク

青学・原監督が絶句

日大広報部の画像

出典:デイリースポーツ

日大広報部のコメントが発表されたのを受けて、5月23日の「ビビット」に出演した青山学院大学の原監督が以下のように語りました。

「学生スポーツの場で起こった出来事に対し、1人で行く必要があるのか」

「彼は学生、学生スポーツで起こった出来事で、それに対して公の場に1人で行く必要があるのか。サポートする大学職員、部長先生、なぜ同席してないのか。根本的に大学スポーツのあり方問われます」

「(選手を)道具としかおもってないんでしょうね」

「大学には広報部も学生部もあるでしょうし、(体育会を統括する)体育局もある。なんらかの部署が正式にやることではないか」

「広報部、誰を見て仕事してるんですかって話ですよ」「学生の問題を他人事のように。誰を守ろうとしてるのか」

引用:msn

自身も教え子がいる指導者として怒りをにじませながら、日大広報部の対応の悪さ、無責任さを批判しました。

本来守ってあげるべき大人が、少なくとも学園関係者があの会見場に誰もいなかったこと。

そもそも一人の学生を守ろうともせずに、むしろ切り捨てるようなコメントを出した日大広報部は批判されて当然であります。

自分たちの保身しか考えていない自己中な人間であるにしても、コメントとして非常にまずいものであり、文字通り火に油を注ぐものでありました。

今回の会見で、誠実な謝罪と説明をした宮川選手とのギャップが激しく、未だ説明責任を果たせていない内田正人監督、そして悪質タックルの具体的な指示を出した井上奨コーチ、そして謝罪もせずに学生を切り捨てようとする日大広報部と日大の理事達。

 

これは日大アメフト部だけの問題ではなく、日大全体の問題に発展していることは明白であり、しいては日本のアメフト界全体も問題になっていることを、日大広報部は全く理解していないのでしょう。

またこういったコメントを出すことで、日大の信頼を地のそこまで失墜させていることに気が付いてなく、危機管理学科がある学校ということも含めて、今後どのような対応をとるのか注視していきたいと思います。

ネット上の声

▶学生の謝罪見てたら、日本の政治家にも見習ってほしいと思った。

▶もし「つぶせ」の意味が違ってたのであれば、絶大な権限を有する監督やコーチが退場処分になったこの選手を叱責したはず。それが無かったってことは指示通りの行動だったってことは明らか。

▶20歳の若者が最大限の誠意と勇気を見せる中で、指導者や大学運営の人々の体たらくときたら。。

▶皆がこの選手を評価するのは、大きなものに対抗する勇気だと思う。人生を賭して、事実に向き合う誠実さだな。日大幹部は、どこかの国の総理大臣と被ってしまうのは僕だけ?

▶日大じゃなかったら日本代表で活躍できたんだろうに。

▶1人の若者の未来を奪った監督、コーチの責任は大きい。記者会見を見ていると、監督の潰せの指示を、ケガさせろと言い換えている井上コーチが特に問題があると思う。

▶対応を誤り、時間が経てば経つほど、傷が深くなって修復不能。
こんな大学行きたくない。

▶生徒である選手が過ちを犯したなら、例えどんな過ちでも生徒をかばうのが、指導者である監督やコーチの役目ではないのか?
親みたいなもんだろ。

▶部員は大学のため、自分のための駒にすぎないのだな。

▶今後この問題は刑事事件に発展するだろう。内田正人よ今のままではもうすぐ懲役刑だ!

▶今年の流行語大賞は日大の「つぶせ」で決まりかな。

最後まで読んでいただきありがとうございます。