小倉泰裕の画像

出典:FNN

愛知県名古屋市の東尾張病院で、鑑定留置中だった会社員の小倉泰裕(おぐらやすひろ)57歳が病院の窓から逃走したことが分かりました。

小倉容疑者は2月に放火の疑いで逮捕され、精神鑑定のためこの病院に留置中でした。

スポンサーリンク

事件の詳細

事件が起きたのは5月22日の午後9時頃でした。

 愛知県警は23日、名古屋市守山区の国立病院機構東尾張病院で22日夜、鑑定留置中だった同市西区浮野町、会社員小倉泰裕容疑者(57)=現住建造物等放火容疑で逮捕=が病室の窓を無理やり開けて逃走したと発表した。県警は単純逃走容疑で逮捕状を取って行方を追うとともに、23日朝から病院周辺の小中学校などの警戒も行っている。

守山署によると、小倉容疑者は22日午後9時15分ごろ、同病院2階の個室で、腰高窓を無理やり開けて、敷地外に逃走した疑いがある。窓は換気用に10センチほど横開き出来るといい、鍵は病室内から開けられるという。病室の扉は外側から施錠され、内側からは開けられない仕組みだという。

引用:朝日新聞

小倉泰裕の画像 小倉泰裕の画像 小倉泰裕の画像

出典:FNN

スポンサーリンク

小倉泰裕について

小倉泰裕の画像

出典:FNN

【名前】:小倉泰裕(おぐらやすひろ)

【生年月日】:1959年5月10日

【住所】:愛知県名古屋市西区浮野町

【年齢】:57歳

【身長】:170cm

【体型】:やせ型

【髪型】:黒の短髪

【職業】:会社員

逃走中の小倉泰裕の顔画像はすでに公開されています。

すでにネット上では犯人のFacebookが特定されており、そこから様々な情報が流出しております。

そこには可愛がっている愛犬の写真や、両親が広島市で被爆した過去などを公開しているのです。

小倉泰裕の画像

小倉泰裕の画像

出典:Facebook

毎年地元の同窓会に出席し、友人との交流を投稿するなど、一見すると精神鑑定を受けるような人間には見えないことに驚きます。

Facebookへの投稿は2017年9月9日が最後になっており、ここからなんらかの心境の変化があったのかもしれません。

妻と離婚した時期については不明ですが、もしかしたら離婚がきっかけで精神的に参ってしまったのかもしれません。

一体、小倉泰裕容疑者の周りに何があったのでしょうか?

◆情報提供先

守山警察署:052-798-0110

スポンサーリンク

逮捕された罪名は?

小倉泰裕の画像

出典:FNN

小倉泰裕はそもそもどのような罪で逮捕されたのでしょうか?

2018年2月に名古屋市緑区で住宅に火を付けて、勝手口の一部を燃やしたというもの。

その相手の家は、離婚した元妻が住む家であり、放火の疑いで逮捕されたのです。。

 

小倉泰裕の供述には矛盾点や意味不明な点もあり、刑事責任能力があるのか調べるために3月の初旬から6月までの3ヶ月間、精神鑑定のために入院しておりました。

スポンサーリンク

逃走方法は?

小倉容疑者はどのような方法で逃走したのでしょうか?

報道によると、洋服を使って逃走した模様です。

窓から病室を抜け出した小倉容疑者は、その後、建物の外にある雨どいに洋服を結び合わせてロープ状にしたものをくくりつけ、これを伝って地上に降りた。さらに、病棟を囲む高さ約3・5メートルのフェンスをよじ登って越え、病院の敷地外に出たとみられるという。

窓は換気用に10センチほど横開き出来るといい、鍵は病室内から開けられるという。

引用:朝日新聞

つまり換気用に10センチほど開く窓から、洋服をつなげ下まで降りたというのです。

体の線はかなり細い印象の小倉容疑者ですが、10センチほどの窓を通れるものなのでしょうか?

病院側も当然このような事態は想定して設計しているはずですが、まさか換気用のスペースから逃走されるとは夢にも思わなかったことでしょう。

脱走の動機についてはうかがい知ることはできませんが、過去に放火をした妻のもとに再び現れる可能性もあり、また精神鑑定中だということは何をしでかすか分からない怖さがあるものであります。

周辺にお住まいの方は、十分ご注意下さい。

逃走した病院は?

小倉容疑者が逃走した病院は「国立病院機構/東尾張病院」だと報じられています。

この場所を地図で見てみましょう。

 

小倉泰裕の画像

出典:グーグルマップ

この病院は愛知県唯一の国立病院機構の精神医療機関です。

精神医療に特化した病院であり、精神障害者の治療や精神科のリハビリテーションなども兼ね備えています。

小倉泰裕の画像

出典:http://eowari.jp/

先月に広島県の向島で平尾受刑者が脱獄し、逮捕された矢先の今回の逃走の報道。

平尾受刑者は20日以上逃走しており、その際には近隣の住民は眠れない夜を過ごしたほか、検問の影響で連日大渋滞になるなど、近隣住民の生活に大きな支障が出ました。

今回は、名古屋の中心地に近い場所ですが、周辺の住民の気持ちを考えると、一刻も早く逮捕されてほしいものです。

ネット上の声

▶十分、刑事責任能力はありそうですね。はやく捕まえて通常の裁判にかけてください。

 

▶すでに服をロープにできるくらい事理弁識能力が備わってることがわかった。
誰の責任?警察?拘置所?病院?

 

▶ほんの何時間も移動すればうちの町にもたどり着く距離。どんなにみすぼらしい格好をしていたとしても、ホームレスとしか見られないかもしれない。たとえ服を着てなくても、靴を履いてなかったとしても。
早く捕まえて欲しいです。

 

▶10センチしか開けられないはずの窓を開けたんだよね。
格子もついてなかったの?
逃げ出せる構造だったってことでしょ。

 

▶洋服をロープにするとか、映画かドラマみたいだな。
最近脱走よくあるな〜〜
緩いのかな?

 

▶以前鑑定留置の人が入院してて
その時は、警察?が交代で付き添い?をしてくれてた。そんなのはなかったのかな?

 

▶精神鑑定必要なかったね。必要だって言った弁護士も責任とれ。

 

▶逃走犯は何をするかわからないから危険だ。新たな犯罪を犯す前に一刻も早く逮捕して欲しい。
精神鑑定は警備の薄い病院ではなく、警察署とか留置所とか拘置所では出来ないのでしょうか。

 

▶110番通報したということは、一人も警官を配備していなかったということか。それなら、絶好のチャンスなので、必ず、逃げることを考えると思います。そのことを想定できなかった警察は、思考力がないとしか言いようがありません。警察の方は、我々と同じ人間ですか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。