矢島晶子の画像

出典:ORICON

クレヨンしんちゃんの野原しんのすけ役を27年間務めていた声優の矢島晶子さんが、しんのすけ役を降板することを発表し大きなニュースになっています。

数々の人に愛されたしんちゃん役の降板の裏には、ある噂が浮上しているのをご存知でしょうか?

スポンサーリンク

降板のニュースに衝撃

テレビ朝日系アニメ『クレヨンしんちゃん』野原しんのすけ役の矢島晶子(51)が1日、今月29日の放送回をもって役を降板することを発表。コメントを寄せた矢島は「27年間、ありがとうございました」と感謝するともに、今後も「声の仕事には関わっていきます」と意欲をつづっている。

「27年間、春我部の『嵐を呼ぶ5才児』と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました」と発表した矢島。理由については「しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です」と苦悩もにじませつつ、「長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております」と語った。

また「『しんのすけ』というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです」と今後も変わらず活動していくことを宣言。最後は「27年間、ありがとうございました」と改めて感謝の言葉で結んでいる。

矢島は1992年4月13日の番組放送開始から26年3ヶ月にわたってしんのすけ役を担当。今月29日放送が最後の出演回となる。7月からの後任についてテレビ朝日は、現在調整中と発表した。

引用:ORICON NEWS

スポンサーリンク

矢島晶子のプロフィール

矢島晶子の画像

出典:PR TIMES

【名前】:矢島晶子(やじまあきこ)

【ニックネーム】:あっこ

【出身】:新潟県柏崎市

【生年月日】:1967年5月4日

【年齢】:51歳

【身長】:153cm

【血液型】:B型

【趣味】:一人旅、絵本読み聞かせ、インテリアコーディネート

【特技】:インドネシア語、エセうちなーぐち(沖縄弁)

【資格】:保育所保母資格

【所属事務所】:フリー(AIR AGENCYと業務提携)

【出身大学】:淑徳短期大学

1967年新潟県柏崎市生まれ。

2歳~3歳の頃に神奈川県川崎市に引っ越し育つ。

小学校5年生から中学・高校・大学と演劇部に所属。

演劇の道に進むことを希望していたが、父親の反対で大学卒業後は和菓子店に接客販売員として就職。

 

仕事をしながら家族には内緒で演劇養成所に通い、本格的な勉強のために和菓子店を退職。

出演した舞台でスカウトされ「アイドル伝説えり子」で主役として声優デビュー。

1992年からクレヨンしんちゃんの野原しんのすけ役に抜擢され、アニメ、映画と多数の作品に出演。

「コボちゃん」「それいけアンパンマン」「美少女戦士セーラームーン」「新機動戦士ガンダムW」「るろうに剣心」などのヒット作に出演。

2018年6月に27年間務めた野原しんのすけ役を降板することを発表。

ものまね番組にも出演し、クレヨンしんちゃんの声優さんだと後から判明した一幕もありました。

スポンサーリンク

降板の理由について

矢島晶子さんがしんのすけ役を降板する理由として、公式に発表されているものは

「しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です」

という理由です。

年齢とともに声のトーンが低くなり、いままでのしんのすけの声を継続させることが難しくなった。

27年間も務めたわけですから、当然こういったことも起こりうるわけですが、ネット上では別の理由もあるのでは?との噂が浮上しております。

それは、声優引退に向けて動き出しているとの噂です。

矢島晶子さんは本格的に声優として活動し始めた1990年から、年間6~8作品に出演していました。

しかしながら、ここ数年はアニメの出演を見ると

  • 2017年「ひなろじ〜from Luck & Logic〜」
  • 2018年「ポプテピピック」

といずれも一年で1作品のみ。

劇場アニメには2015年の「百日紅 〜Miss HOKUSAI〜」に出演して以来、他の仕事はクレヨンしんちゃんのみの出演。

ゲームには2017年「スーパーロボット大戦V」「クレヨンしんちゃん」2018年「スーパーロボット大戦X」「スターオーシャン」へ出演しております。

ここ数年の出演本数が大きく減少していることで、引退に向けて動き出していると言われても不自然ではありません。そして今回のしんのすけ役降板の発表で、その可能性も十分現実味を帯びてきました。

さすがに国民的アニメの主人公役ですから、引退に向けて降板しますというのは忍びなく、このような発表になった可能性もあるのです。

スポンサーリンク

年齢をネタにするときも

 

矢島晶子さんは2017年4月に行われた映画「クレヨンしんちゃん襲来!!宇宙人シリリ」の完成披露舞台挨拶で以下のように話しています。

「今、台本を見てたから老眼鏡をしてたんですけど(置いてくるのを忘れた)。50を過ぎたらよく見えないんだよね……。やっちまったよ」と語りつつも、地の声に戻り、「記念すべき25作目を楽しんでください。老眼の矢島でした。あと五十肩でーす」

引用:シネマトゥデイ

自分の年齢をネタにしているわけですが、年齢による衰えを本人も深刻に感じているのではないでしょうか。

2016年には父親のひろし役が交代しておりますし、ここらで自分も別の人に交代したいと考えても自然な感情だと思います。

結婚について

矢島晶子さんは過去に結婚歴があり、その相手は一般職の男性だと言われております。

結婚時期や旦那さんについての情報はネット上にほぼありませんでしたが、過去に旦那さんと喧嘩していたらしんのすけの声になってしまったというエピソードを話していたので、結婚していたことは事実のようです。

しかも噂では結婚歴は2度あるらしいです。

子供にいてはいないという情報が多いですが、これだけの有名声優でありながらプライベートの情報がかなり少ない方でもあります。

2回結婚されているとなると、子供がいる可能性も十分あります。

というのも、彼女の公式プロフィールの【趣味】の欄に「絵本読み聞かせ」とあり、これは自分の子供に読み聞かせるのではとも思えます。

と思えば、同じく【趣味】として「一人旅」と記載しており、子供がいたら一人旅はしないか!と思われ、やはり子供がいないというのが濃厚だと考えられています。

しかしながら、矢島さんが51歳だということを考えれば、子供がいてもすでに社会人として独立している可能性もあり、真相はわかっていないのが現状です。

ネット上の声

最後まで読んでいただきありがとうございます。