※追記・新情報あり

服部豊幸の画像

出典:TBS NEWS

埼玉県越谷市で男女2人をひき逃げし死亡させたとして、建築作業員・服部豊幸(はっとりひろゆき)容疑者24歳が逮捕されました。

服部容疑者は「運転中に事故を起こしたが、何とぶつかったのか分からなかった」と容疑を一部否認しているということです。

スポンサーリンク

事件の詳細

事件が起きたのは、6月3日の午前1時頃でした。

 埼玉県警越谷署は3日、越谷市伊原2丁目、建築作業員服部豊幸容疑者(24)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、発表した。「運転中に事故を起こしたが、何とぶつかったか分からなかった」と容疑を一部否認しているという。

署によると、服部容疑者は同日午前0時50分ごろ、越谷市南越谷1丁目の県道の信号のない横断歩道を横断していた、三郷市さつき平2丁目の江原英夫さん(63)とさいたま市緑区東浦和2丁目の一戸侍子(ともこ)さん(60)を、運転していた乗用車ではねて死亡させ、そのまま走り去った疑いがある。通報した通行人の男性の目撃情報などから、事故を起こした車と服部容疑者を特定したという。

現場は、JR南越谷駅近くで、片側一車線の見通しのいい直線道路。

引用:朝日新聞

服部豊幸の画像 服部豊幸の画像 服部豊幸の画像 服部豊幸の画像

出典:TBS NEWS

スポンサーリンク

服部豊幸について

 

【名前】:服部豊幸(はっとりひろゆき)

【住所】:埼玉県越谷市

【年齢】:24歳(2018年6月現在)

【職業】:建築作業員

【供述】:一部否認

【逮捕容疑】:自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)、道路交通法違反(ひき逃げ)

 

6月3日の深夜一時頃に高齢の男女2人をはねて死亡させるほどの事故を起こした服部豊幸容疑者。

事故後に相手を救出する義務を怠ったことで、ひき逃げの容疑も加わり事故ではなく事件と呼べるものになってしまいました。

土曜日から日曜日にかけての深夜だったこともあり、目撃者がいたことがこれだけ早い逮捕に繋がりましたが、目撃証言がなければ逮捕が遅れていた可能性もあるでしょう。

※追記

その後の報道では以下のように報じられました。

警戒中の警察官が服部容疑者の自宅近くでボンネットなどが破損した白い車を発見し、服部容疑者を任意同行した際には酒の臭いがしたということです。

引用:テレ玉

この報道からやはり事故当時飲酒運転だったこと、さらに犯人は白い車に乗っていたことが判明しました。

スポンサーリンク

Facebookが流出し顔画像も判明

今回逮捕された服部豊幸のFacebookを検索してみると、彼と条件が一致するアカウントがあります。

そのアカウントは「埼玉県越谷市」在住であり、年齢の記載はないものの友達の年齢を見ると24~25歳の人物が多いこと、さらに投稿された写真には建築現場の写真があり、この人物が建築関係者である可能性が高いのです。

服部豊幸の画像

出典:Facebook

以上のことから、今回逮捕された服部豊幸である可能性が極めて高いということでそこの情報も公開いたします。

愛知県名古屋市出身であり、マイカーである白のフーガの写真も投稿されています。

服部豊幸の画像

出典:Facebook

そしてこちらが、Facebookから判明した服部豊幸の顔画像であります。

服部豊幸の画像 服部豊幸の画像

出典:Facebook

前述した通り、年齢の記載はありませんでしたが、顔画像からも20代前半から中盤であることがよく分かると思います。

※追記

その後の報道で服部豊幸が乗っていた車の様子が判明しました。

服部豊幸の画像 服部豊幸の画像

出典:FNN

この車はFacebookに投稿されていた車と同型の「フーガ」です。

この事実から、Facebookアカウントとの関連がより確かなものになったと言えるでしょう。

スポンサーリンク

供述から動機について

前述した通り服部豊幸は警察の調べに対して

「運転中に事故を起こしたが、何とぶつかったか分からなかった」

と供述しており、容疑を一部否認しているようです。

ですが、事故の状況を見てみると、信号のない横断歩道を被害に遭った2人は渡っていたといいます。

また、事故現場は見通しの良い片側一社線の直線道路であり、このような事故が起きる可能性ということは脇見運転か、ひいたことを認知していた可能性があります。

彼の供述から何かにぶつかったことは、服部容疑者も分かっていたにも関わらず、その「なにか」を確認せずにその場を走り去っていることはあまりにも不自然ではないでしょうか?

それが人なのか、看板なのか、ゴミなのかわからないのに、確認もせずに立ち去るでしょうか。

ましてや人が2人亡くなるほどの強い衝撃なわけですから、車に大きなへこみや傷がついている可能性も高いと考えられます。

 

こういったことを考えると、服部豊幸は人をひいてしまったことを認知してその場から逃げた可能性があるといえるでしょう。

つまり供述は嘘が含まれている可能性があり、彼のいうことに一貫性がない場合にはそれだけ罪も重くなるということでもあります。

また、事故から時間が経過しての逮捕だと思われることから、事故当時飲酒をしていた可能性もあり、服部豊幸の犯したことはあまりにも重大なことだと言わざるを得ません。

事件現場について

今回の報道では事件現場は「埼玉県越谷市南越谷1丁目」の県道であり、信号のない横断歩道だと報じられています。

また、JR南越谷駅の近くだとも報じられています。

以上の情報から事故現場を調べてみると以下のような場所だということが分かりました。

※追記その後の報道で、事故現場の映像がニュースで流れました。

服部豊幸の画像

出典:TBS NEWS

この映像から事件現場が特定できましたので、グーグルマップでご覧ください。

服部豊幸の画像

出典:グーグルマップ

 

 

南越谷駅の周辺には上のグーグルストリートビューのように、信号のない横断歩道が多数ある地域である事がわかりました。

報道の通り直線の道が多く、深夜ともなればかなりのスピードを出して走行する車が多いと予想できます。

服部豊幸が危険な運転によって犯した罪が重いことは言うまでもありませんが、このような場所で横断歩道を渡るときには、車が止まってくれるという考えではなく、止まらなかったらどうしようというあるき方をしたほうがいい場合もあるかもしれません。

住所や家族について

服部豊幸の住所について報道では「埼玉県越谷市伊原2丁目」とかなり細かいところまで報じられているようです。この地域をグーグルマップで確認してみましょう。

 

この地域のどこかに服部豊幸容疑者が生活しているようです。

このような事件を越した人物の近くに住んでいるという方は、 心配でお子さんや家族を外に出すのも恐くなるのではないでしょうか。

家族についての情報はありませんでしたが、一人暮らし・実家ぐらしどちらの可能性も現段階ではありそうであります。

ネット上の声

▶人が二人も死ぬほどの衝撃なら、通常じゃあり得ないから普通わかるやろ

 

▶ぶつかったのに気付いたら、普通は確認しますよ。言い訳がましい。

 

▶酒が抜けるまで逃げてたのでしょう。

 

▶このての類いはアルコールが入っていた可能性もあるしスピードの出しすぎの可能性も…

警察もよく調べてほしい

 

▶何かにぶつかり事故を起こした自覚があるならなぜ確認しないの?何か、ではなく人だと分かってるから逃げたんじゃないの?
早くに逮捕されてよかったですが亡くなったお二人は無念でしょうしご遺族のお気持ちを思うと胸が痛いですね

 

▶ひき逃げはどう逃げても後日ほぼ100%捕まってることは過去をみてても知られてる。
冷静でないとはいえ、明らか逃げる方がマズイのにどうしてその選択に至るんだろうなぁ。
そもそもドライバーに救助する義務があること自体もあまり知られてないのだろうか?

 

▶亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。合掌

最後まで読んでいただきありがとうございます。