家田慎也の画像

出典:FNN

千葉県千葉市のJR幕張本郷駅で、痴漢を疑われ事務室で事情を聞かれた後逃走し、送電施設によじ登ったとして自称会社員・家田慎也(いえだしんや)容疑者51歳が逮捕されました。

スポンサーリンク

事件の詳細

事件が起きたのは6月2日午後10時頃のことでした。

2日夜、千葉市のJR幕張本郷駅で痴漢を疑われた男が逃走し、架線を固定する鉄柱にしがみつき一時、居座る騒ぎがあった。

警察とJRによると、2日午後9時すぎ、千葉市花見川区のJR幕張本郷駅の事務室で痴漢をした疑いで事情を聞かれていた男が突然、逃げ出した。男は駅舎の下にある架線を固定する鉄柱をつたって線路におりようとして途中で動けなくなった。

現場を見ていた人「ずっと梁(はり)にしがみついたままで、別に抵抗するわけでもなく、じっとしていた」

駆けつけた警察官などがおりるよう説得を続け、午後11時45分ごろ男は鉄柱からおろされ、建造物侵入の疑いで現行犯逮捕された。

男は船橋市の自称会社員・家田慎也容疑者で家田容疑者が居座っている間、送電を止めたため、JR総武線快速と各駅停車が東京~千葉駅間などで3時間ちかく運転を見合わせ、約3万人に影響があった。

引用:日テレNEWS

家田慎也の画像 家田慎也の画像 家田慎也の画像 家田慎也の画像

出典:FNN

スポンサーリンク

家田慎也について

逮捕された家田慎也とは、どのような人物なのでしょうか?

家田慎也の画像

出典:FNN

【名前】:家田慎也(いえだしんや)

【住所】:千葉県船橋市

【年齢】:51歳

【職業】:会社員(自称)

家田慎也の顔画像は逮捕された現場をカメラが撮影しており、すでにネット上にも流出しております。

Facebookやツイッター、インスタなどのSNSを調べてみると、Facebookに同姓同名で顔もよく似た人物のアカウントがありました。

しかしながら、居住地や年齢などの情報が記載されておらず、友達も公開していないため犯人のアカウントだと特定するには、情報が不足している状況であります。

痴漢に関しては家田容疑者が本当に関与していたのかはっきり分かってませんが、その後送電施設によじ登り約3時間に渡って電車の運転を妨げ、3万人もの人に影響を出したことは事実であります。

スポンサーリンク

現場の状況

事件当時の現場の状況はツイッターにも投稿され、犯人が逮捕される前からネット上に拡散されていました。

この事件で幕張本郷駅には多くの警察車両、消防車両、救急車が集結して周囲は物々しい雰囲気に包まれておりました。

家田容疑者がよじ登った送電施設は、幕張本郷駅の構内にあったため、駅のホームから大勢の人に目撃されスマホでも撮影されていたのです。

スポンサーリンク

犯行動機について

家田容疑者は三鷹発千葉行き各駅停車の車内で、痴漢行為をした疑いで駅員からホームで事情を聞かれているところでした。

駅員のスキを見て線路に降りてしまい、高架の駅舎などを支える柱によじ登ったということです。

痴漢の動機はともかく、警察に捕まることを恐れた家田容疑者が、線路を降り逃走を図ったことは明らかでありますが、すぐ近くの柱に登るとは少し間抜けな部分もありそうです。

そのまま線路を走って逃走をされた場合、そのまま逃げ切れてしまう可能性もあり、こちらのほうが最悪のシナリをだったと言えるでしょう。

痴漢の有無については分かっていませんが、やっていたから言い逃れができないと思い逃げたのか、それともやっていないが冤罪を恐れて逃げたのか、いずれにせよ大事故に繋がる可能性のある、危険な行為を行ったことに変わりはないでしょう。

前科が判明

家田容疑者には2年ほど前に同じような容疑で逮捕された「前科」があることが分かりました。

その当時の記事がこちら。

成田署は16日、市川市南八幡、会社員家田慎也容疑者(49)を準強制わいせつ容疑で逮捕した。
発表によると、家田容疑者は同日午後1時5分頃、JR成田空港 – 成田駅間の快速電車内で、
寝ていた県内のアルバイト女性(22)の体を触った疑い。女性に気づかれ、成田駅に到着後、
逃げようとして線路に下りたが、駅員に取り押さえられた。この影響で、成田線が最大19分遅れたという。

引用:http://www.mikawaban.com

年齢も一致しており、捕まった容疑も今回と同じようなわいせつな行為であることから、同一人物だと見てまず間違いないだろう。

家族の存在も?

前述したように、家田慎也と同姓同名のFacebookアカウントが確認されているのですが、そこには結婚した奥さんや子供の写真も投稿されているのです。

そのアカウントに投稿された家田容疑者の顔画像も、犯行現場で撮影された男と非常に似ており、メガネをしている部分も共通しております。

このことから、家族に痴漢をしたことが発覚するのを恐れ、逃走を図った可能性もあるのです。

家族については確定的ではありませんが、もし仮に自分の旦那や父親が痴漢行為で逮捕されたとなれば、大きなショックとともにその地域で噂になることも十分考えられます。

仮に結婚していなかったとしても、両親やきょうだい、親族など誰かしらの身内がいることを考えると、犯罪者の親族の気持ちもいたたまれないものがあります。

事件現場

今回の事件現場は「JR幕張本郷駅の構内」の送電施設だと報じられています。

この場所をグーグルマップで見てみましょう。

 

 

これだけホームから距離が近い場所に逃げ込めば、当然ホームにいる多くの利用客に目撃されることは、誰が見てもわかるが、そのことすら考えられないほどに冷静さを欠いていたのでしょう。

ネット上の声

▶テレビで見たが50歳を過ぎて下半身裸
で架線ラックに登るって面白いのかな?

 

▶下半身露出で痴漢?
こんなんじゃ感電死すること考える余裕もないか。

 

▶そのまま感電死してくれたら良かったのにね。
または転落して亡くなれば良かったのに。

 

▶50歳過ぎて何やってるんだ。ダメな大人の見本だ。情けない。被害に合われた方々には同情する。

 

▶もう去勢するしかないでしょ。
こういう輩はマイクロチップ埋め込んで管理しないと。

やらなきゃ意味ないよ?

 

▶鉄道会社に払う慰謝料、痴漢行為に対する慰謝料、いったいいくら請求されるんだろ。
鉄道止めると、高いって言うし。怖!

 

▶お仕置きでビリビリって来ちゃえばよかったのにね。
ビリビリ無しだったから生きている限り賠償責任のタダ働きだね。

 

▶もし、痴漢と間違えられたら、周りは駅員も周囲の人も全員敵だから、頭パニックになりそう。冷静に名刺渡して立ち去るってのも無理だろうし・・どうすればいいんだろうね。もし、自分が、と考えたらとても恐い

最後まで読んでいただきありがとうございます。