※嫁の名前・顔画像あり

紀州のドンファン結婚相手画像出典:FRIDAY

連日報道されている和歌山県の資産家・紀州のドンファンこと野崎幸助さんが自宅で死亡していた事件で、殺人事件である可能性が日増しに高まっています。

亡くなってから最も注目を浴びてしまった紀州のドンファンの職歴とは?仕事での付き合いだったという家政婦の実名も報道され、事件は犯人逮捕に近づいています。

ネット上で注目されているのは、2月に結婚したばかりの結婚相手の嫁がどのような人物なのか?事件への関与はあるのか?

今回は紀州のドンファンの職業や結婚相手について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の詳細

事件が起きたのは5月24日の夜でした。

和歌山県田辺市の酒類販売会社社長、野崎幸助さん(77)が死亡し、体内から多量の覚醒剤の成分が検出された事件で、和歌山県警が、東京都内にある野崎さんの家族や会社関係者の自宅など複数の関係先を家宅捜索していたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、県警の家宅捜索を受けたのは、東京都港区などにある数カ所。野崎さんは5月24日夜、田辺市朝日ケ丘の自宅で死亡しているのが見つかり、その後の行政解剖で胃などから覚醒剤の成分を検出した。

致死量を上回っていた可能性があり、県警は野崎さんが死亡した経緯と検出した覚醒剤の成分との因果関係を慎重に捜査していた。捜査関係者によると、野崎さんが倒れているのが見つかったとき、最初に119番したのがこの家族だったという。

野崎さんは、資産家としても知られていたほか、これまでに多くの女性と交際してきた半生をつづった著書を執筆するなどしてテレビのワイドショーや週刊誌に取り上げられ、欧州の伝説上の放蕩(ほうとう)児になぞらえて「紀州のドン・ファン」とも呼ばれていた。

引用:産経新聞

スポンサーリンク

紀州のドンファンの職業(仕事)とは?

有名な資産家であり、紀州のドンファンとしてテレビ番組などのメディアにも度々出演していた野崎幸助さん。

総資産額50億円とも言われる紀州のドンファンは、どのような職業で財産を築き上げたのでしょうか。

地元の中学を卒業後、鉄くず拾いや避妊具の訪問販売の仕事をしていた紀州のドンファン。

訪問販売では年上女性に実演販売を迫られたこともあったと話しています。

 

その後仕事で作ったお金で金融業を営み莫大な財産を築いたのです。

実業家として不動産業の会社も経営し、彼の巧みな話術と一切妥協しない仕事への情熱で、成功を収め資産50億円とも言われる資産を築いていったのです。

ちなみに今まで紀州のドンファンが経験した仕事をまとめてみると。

  • 鉄くず拾い
  • 訪問販売
  • 酒類販売
  • 金融業
  • 梅干し販売
  • 不動産業

これだけの仕事をし、経営者として亡くなる直前まで不動産や金融業の経営者だったのです。

野崎さんの不動産会社「株式会社アプリコ」は、亡くなった直後に廃業届が出された模様です。

スポンサーリンク

結婚相手の嫁について

紀州のドンファン死去の報道で真っ先に疑われる人物といえば、2月に結婚したばかりの嫁でしょう。

なにせ、推定50億とも言われる資産の4分の3が彼女の手に渡るのですから。

しかし、逮捕されたら相続権はなくなってしまいことから、本当に嫁がやったのか逆に疑問に思う人物も少なくないのです。

結婚相手の嫁は過去に週刊誌での取り上げられ、画像も多く出回っています。

その画像がこちら。

野崎幸助の嫁画像野崎の嫁画像野崎幸助の画像

紀州のドンファン結婚相手

出典:ツイッター

彼女のプロフィールと経歴は以下のとおりです。

【名前】:S(さっちゃん)

【年齢】:22歳

【職業】:海外で活躍するモデル(自称)

紀州のドンファン結婚相手画像

出典:ツイッター

紀州のドンファンは、自身の著書の中で結婚相手との出会いは羽田空港で転倒したところを助けてもらったことがきっかけと語っておりました。

しかしながら、事実はそうではなく会員制の高級デートクラブで出会ったことが後に報じられています。

もともとはお小遣いを渡す代わりにデートをする関係だった2人でしたが、野崎幸助さんが結婚を申し出たことで結婚しました。

しかしながら、モデルの仕事を理由に「月の半分は自由にさせてほしい」と申し出て、実際に家で過ごしていたのは1ヶ月に15日程度。

しかも、毎回モデルの仕事で海外に行くと言っては、ドンファンにホテル代や飛行機代を出してもらっていたそうです。

結婚相手の妻は東京にも住居を構えており、噂では旅費と言いつつ金だけもらい東京で豪遊していたのでは?という声も挙がっているのです。

※野崎幸助さんの嫁の名前や顔画像が公開↓

▶野崎早貴(紀州のドンファン嫁) 顔画像や経歴がヤバい…家族や住所が判明しているのか?

スポンサーリンク

家政婦がテレビで話しすぎる

紀州のドンファンが殺害された可能性が強まったことで、ワイドショーには家政婦の女性がたびたび出演し、インタビューに答えております。

しかし、こういう事件でやけに喋りすぎる人物が犯人だったという過去の事例も数多くあり、ネット上では家政婦が事件について何かを知っているのではと見られています。

事件では第一発見者が妻のSさん、そして第二発見者が家政婦の女性であります。

家政婦の女性は紀州のドンファンと30年来の付き合いであり、1年ほど前から月に10日ほど料理や雑用などの身の回りの世話をしていたようです。

しかも、東京の自宅から住み込みで通っていたとのこと。

東京ではクラブのママだったという情報もあります。

実はこの2人、非常に親密な関係だったことが判明しており、家政婦の女性が住むマンションに、ドンファンの妻と思われる女性が何度か目撃されているというのです。

妻は結婚してから3ヶ月、家政婦は雇われてから1年でこの事件。2人に捜査の目が向けられるのも必然と言えるでしょう。

家政婦の実名や経歴が明らかに↓

▶野崎幸助の家政婦・竹田純代の顔画像と経歴がヤバい…犯人は嫁で逮捕が近いのか?

※追記:家政婦についてさらに詳しい情報がこちら↓

▶紀州のドンファンの家政婦・竹田純代の顔画像と経歴がヤバい…犯人は職業関係か?

現場の不審な点

紀州のドンファン自宅画像

出典:ライブドアニュース

野崎幸助さんは自宅の二階に寝るといって自ら上がり、その後遺体で発見されています。

家政婦の女性と妻は1階にいたと証言。しかしながら、警察の現場検証では野崎さんがもがき苦しんだ跡があったようですが、その状況で2人は気が付かなかったのでしょうか。

さらに、娘のように可愛がっていた愛犬のイブちゃんが、ドンファンが亡くなる18日前に急死しているのです。

紀州のドンファン愛犬イブちゃん画像

出典:現代ビジネス

遺産のすべてを愛犬に相続させると言っていたことも判明したことで、愛犬の死も事件に関係しているのではないかと見られているのです。

野崎さんは普段から健康に気を使っていた人物で、タバコも吸わずに食事にも気を使っていたといいます。

専門家が生前の彼の映像を見る限りでは、薬物中毒者に見られる

  • 痩せこけている
  • 肌の血色が悪い
  • 食欲が無い

といった特徴も見受けられず、薬物を日頃から使用していた可能性は極めて低いとのこと。

このように、事件現場や状況には不審な点が多く見られ、この事件が今後どうなっていくのか非常に気になるところであります。

ネット上の声

最後まで読んでいただきありがとうございます。

家政婦の実名や経歴が明らかに↓

▶野崎幸助の家政婦・竹田純代の顔画像と経歴がヤバい…犯人は嫁で逮捕が近いのか?

※追記:家政婦についてさらに詳しい情報がこちら↓

▶紀州のドンファンの家政婦・竹田純代の顔画像と経歴がヤバい…犯人は職業関係か?

※野崎幸助さんの嫁の名前や顔画像が公開↓

▶野崎早貴(紀州のドンファン嫁) 顔画像や経歴がヤバい…家族や住所が判明しているのか?