マツキシズカの画像

出典:日テレNEWS

アメリカのフロリダ州で日本人とみられるマツキ・シズカさん47歳が、近所の湖で散歩をしていたところワニに襲われ死亡したと見られています。

マツキシズカさんは犬の散歩中に突然姿が見えなくなり、近くには怪我をした犬が吠えていたという。

スポンサーリンク

事件の詳細

事件が起きたのは6月8日の朝のことでした。

アメリカのフロリダ州で、女性が行方不明になってワニに襲われた疑いが浮上しています。

地元住民:「この池にはワニがたくさんいるので、夫と子どもたちと近付かないようにしています」
現地メディアによりますと、8日朝、「ワニが女性を池に引きずり込もうとしている」と通報がありました。警察が池を捜索し、女性を襲ったとみられるワニを見つけて解剖した結果、ワニの体内から人間のものとみられる腕が見つかったということです。ワニは体長4メートル近くありました。現場は、フロリダ州南部のマイアミに近い自然公園で、近所に住む47歳のマツキ・シズカさんが行方不明になっています。公園の駐車場にマツキさんの車が残されていました。警察は、マツキさんがワニに襲われたとみて調べています。

引用:TBS NEWS

マツキシズカの画像 マツキシズカの画像 マツキシズカの画像 マツキシズカの画像

出典:日テレNEWS

スポンサーリンク

マツキシズカさんについて

 

【名前】:マツキ・シズカ

【年齢】:47歳

【住所】:フロリダ州プランテーション

【職業】:不明

現時点で判明しているマツキシズカさんの情報は以上です。

顔画像などはアメリカの報道でも公開されているという情報はありません。

FacebookなどのSNSも調べてみましたが、該当するアカウントは発見できておりません。

体長4メートルものワニが野放しにされていることも驚きですが、近所に住んでいたならばそのことは知っていたはずではないでしょうか。

公園とはいっても湖の周辺は自然公園であり、いわば野生の動物が多く生息している自然の中に足を踏み入れていたようなものです。

スポンサーリンク

事件現場について

マツキシズカさんが死亡したと見られている現場は、フロリダ州にある「シルバー・レイクス・ロータリー自然公園」であります。

この地域をグーグルマップで確認してみましょう。

 

 

事件現場周辺は民家もある地域ですが、上の写真のように自然の湖や池が数多くある地域であり、野生のワニが多く生息している地域なのです。

この周辺では人がワニに襲われる事件が多発していたということですが、 柵などがある場所はごく一部でありほとんどの場所は自然のままです。

スポンサーリンク

捕獲されたワニの画像

マツキシズカさんを死亡させたとされるワニはすでに捕獲され、その画像も公開されています。

マツキシズカの画像 マツキシズカの画像

マツキシズカの画像

出典:https://abcnews.go.com

ワニの体長は4メートル以上で、胃の中から人体の一部が発見されたということです。

現地の記事によりますと

A不足している女性は、フロリダ州の野生生物当局者によると、彼女はワニにかまれた後に死亡したと考えられています。

女性はフロリダ州デイビーのシルバーレイクスロータリー自然公園で2匹の犬を歩いていたと証人は当局に語った。2匹の犬が現場で発見され、1匹の犬が負傷したとフロリダ魚類野生生物保護委員会は声明で述べている。

FWCのPubic Information Officer Rob Klepper氏は、犠牲者をフロリダ州のプランテーション、47歳の松木静香さんに尋ねた。

12フィートのワニは、FWCによって契約されたトラッパーによって湖から除去された。爬虫類の剖検は、女性に刺されたことを示している、と当局者は述べた。

FWCによると、女性は死んでいると信じており、最初の対応者は湖の中で自分の体を探しているという。

「この悲劇は、関係者全員のために悲痛であり、心から哀悼の意をこの時点では、被害者の家族や友人に出かけ、」FWCは声明で述べています。

Klepper氏によると、ABC Newsによると、どの地域の可能性のある悪影響についての兆候も法律で要求されていない。

引用:https://abcnews.go.com

フロリダはワニが非常に多い地域として知られており、その生息数は100万匹ともいわれております。

路上をワニが歩いていることも決して珍しくなく、水辺の周辺には当たり前のように「遊泳禁止」の看板が設置されているのです。

マツキシズカの画像

出典:NAVER まとめ

周辺ではゴルフ場のグリーンにいる様子や玄関先にまで出没するのは日常茶飯事だといいます。

マツキシズカの画像 マツキシズカの画像

出典:NAVER まとめ

2006年には5月中に3人の女性がそれぞれ別の場所でワニに襲われ死亡した事件が発生。

この事件がきっかけでフロリダ市民が一時パニックに陥ったという情報も報道されています。

家族の情報は?

マツキシズカさんは事件現場の近所に住んでいたということです。

家族などはいたのか気になるところですが、現在そういった情報はないです。

しかしながら、アメリカでの報道では家族や近隣住民だと紹介されている画像があります。

マツキシズカの画像

出典:https://abcnews.go.com

この男性二人、特に左側の男性はアジア系の人物に見えます。

この男性がマツキシズカさんの家族である可能性もあるでしょう。

最後になりましたが、亡くなったマツキシズカさんのご冥福をお祈りいたします。

ネット上の声

▶余りにも気の毒だし自然公園に普通にあんな大きなワニが居るなんて怖すぎる。
一緒に散歩してた犬は大丈夫だったのかな・・・
ご冥福をお祈りします。

 

▶ワニが、悪いわけではないが、
生息するワニを殺すと、保護団体の人が文句を言うし、
ワニをそのままにしておくと、また襲われる。
ワニは、大きくなると、6mを超えるので、
柵を作るしかないと思う

 

▶今さっき、FMラジオで聴いて
ニュースを検索したらここがあった

おっかねぇ!!
自然との共存は難しいべ

 

▶ということはワニは捕獲されたわけですね。

犬ではなく人が食われてしまったのか。
お気の毒です。

 

▶動画でもめちゃくちゃでかいのがわかる
こんなのが普通に出てくるとか怖すぎる・・

 

▶犬の散歩をするくらい地域に馴染んでいた現地の方なら、なぜ?…そんなに水に近づいていたのでしょうか ワニに攻撃されるのを目撃されたのでしょうか 単に行方不明とかではないのでしょうか。犬の散歩に行かれたのは事実?

 

▶襲われるといっても一口で全部じゃないはず。叫び声や助けは来れなかったのか…。フロリダはワニ多いにしろ、怖すぎ。

 

▶4mクラスのワニってフロリダでは普通にいるみたいだね。
ゴルフ場にこのサイズのワニが歩いている動画を見たときはCGかと思ったけど。

 

▶ディズニーワールドのホテルでもあったよね。

 

▶会社のミーティングで当地に年に1度は行くが、2度ほどワニが凄いスピードで走って鳥を捕食したのを見た。
日本での熊の扱いと、アメリカのワニの扱いは似ている。自分で気を付けておかないと危ない

 

▶フロリダはリゾート地だけど、湿地帯なのでワニが住宅付近まで接近してくるよね。フロリダディズニーリゾートのアニマルパークでもワニに喰われた女の子がいた。

最後まで読んでいただきありがとうございます。