野崎早貴の画像

出典:ツイッター

かねてより報じられている紀州のドンファン・野崎幸助さんが自宅でなくなっていた事件で、事件の3ヶ月前に55歳年の差で結婚した嫁に注目が集まっています。

その嫁の名前はさっちゃんだと紹介されていましたが、ネット上では野崎早貴(旧姓:須藤早貴)だと特定されております。

そこから成人向けDVDへの出演や、学生時代のゲスい行動も友人から暴露されているのです。

スポンサーリンク

事件の最新情報

5月24日に自宅で死亡した“紀州のドン・ファン”こと資産家の野崎幸助さん(77)が5月上旬に愛犬を亡くした際に、取り乱した様子で供養の手配を行っていたことが9日、分かった。和歌山県内の神社関係者が、取材に応じ、野崎さんの様子を明かした。

関係者によると5月8日に、死亡した愛犬・イブを野崎さん宅の庭で慰霊した。野崎さんからは、愛犬が亡くなって間もない6日に電話があったという。当初は「葬式をしてほしい」との連絡で、いったんは断ったという。関係者は「取り乱しているような感じだった。電話口で泣かれているようで」と振り返った。

その後「慰霊」という形で愛犬の供養を行い、宮司らの他、野崎さん夫妻、野崎さんの会社関係者と見られる人物3名も参加したという。当日の野崎さんは「かわいがっていた愛犬が亡くなって悲しいだろうけど、落ち着いているようだった」(関係者)と気丈に振る舞っていたという。

野崎さんは同神社に一時期、頻繁に参拝に訪れていた時期もあったという。関係者は「愛犬をつれて、朝方にいらしていたようです」と語った。1月には55歳下の妻らと結婚式の申請書を受け取りに同所を訪れ、3月中の挙式の準備を進めていた。ところが、2月末頃にキャンセルする旨の電話があったといいう。関係者は、健康上の不安があったかどうかなどは分からないとした。

引用:デイリー

スポンサーリンク

須藤早貴のプロフィール

【名前】:野崎早貴(のざきさき)

【旧姓】:須藤早貴(すどうさき)

【愛称】:さっちゃん

【出身】:北海道札幌市

【生年月日】:1996年2月?日

【年齢】:22歳

【住所】:東京都新宿区の高級マンション

【出身高校】:北海道内の公立高校

【出身大学】:札幌ベルエポック美容専門学校

【職業】:モデル(自称)

【趣味】:海外旅行、インスタ投稿

職業はモデルだと自称していますが、過去には高級デートクラブに登録していたこと、成人向けのDVD少なくとも5作品に出演していたことが判明しています。

野崎幸助さんとの出会いの場も高級デートクラブであり、お小遣いをもらってデートをするいわゆる“プロ彼女”だったのです。

スポンサーリンク

実家は開業医?

須藤早貴の実家は札幌市内で開業医をしているという情報があります。

父親が開業医、母親は医療関係の仕事をしているというものであります。

しかしながら、この情報は須藤早貴が大学時代に周囲に撒き散らしていた情報が元になっている可能性があり、実は両親とも医療関係どころか会社員だという話も出ているのです。

大学時代の須藤早貴は周囲にセレブアピールがすごく、「実家が開業医で大金持ち」だと話していたようです。

またホスト狂いだったようで、自分が身につけるものはブランド物で固めていたとも。

大学の授業にも全身シャネルで出席したことがあり、先生に帰らされたというエピソードも残っております。

スポンサーリンク

家族について

須藤早貴の家族は父親、母親、そして3つ年上の姉と、2歳年下の弟の3人きょうだい。

母親とは毎日のようにメールで連絡をとっており、月に一回は実家に帰省していたようです。

にも関わらず、結婚どころか交際していたことも、実家の誰一人として知らなかったという。

なぜ知らせないか、反対されるから、望んだ結婚でないから、他に目的があるから、やましい事があるから。

実家と関係が悪いのならばともかく、むしろ関係は良好だった両親に言えないということは、それだけやましいことがあったのでしょう。

でも須藤さん、SNSにセレブアピール散々してたら、普通に家族にもバレること考えませんでしたか。

高校時代の須藤早貴を同級生が証言

これだけ派手な生活をし、独身時代からブランド物を身に着け、海外旅行にも頻繁に行っていた須藤早貴。

しかしながら、高校時代の同級生が語った人物像は少し違うものでした。

同級生の話では須藤早貴の通っていた高校は、やんちゃな生徒が多いことで有名な学校だったようですが、彼女は黒髪で純朴なイメージだったといいます。

勉強も運動もからっきしでしたが、ある日髪の毛の色を茶髪にしてきて周囲には「茶髪だけど私処女だから許して」などと言っていたようです。

高校時代には恋愛にも積極的なタイプではなく、男性と交際していたという話は誰も聞いたことがなかったという。

独身時代のゲスいエピソード

大学時代の須藤早貴は高校時代のイメージが信じられないほど遊び人に変貌しています。

全身ブランド物で固め、学校の授業にもシャネル一式で出席。

美容関係の専門学校を出て上京するも、「美容の仕事は私に合わない」といい就職をしていなかったのです。親の苦労をなんとも思わないゲスいエピソード。

上京した須藤早貴は前述したとおり成人向けのDVDへの出演や高級デートクラブで金持ちと出会い、自身の遊ぶ金を稼いでいたのでしょう。

結婚後には月100万円の小遣いを野崎氏からもらい、海外にモデルの仕事で行くと言い2~300万円の旅費をもらっていたようです。

 

結婚しても新宿区のマンションは引き払わず、「姉が一緒に住んでいるから」と話していたようですが、メディアの取材で姉は現在札幌市に住んでいることが確認されているのです。

ここから導き出される須藤早貴の人間像は、金のためなら人に平気で嘘をつく人物。

事件の真相は分かっていませんが、嘘どころか人の命もなんとも思っていないのかもしれません。

ネット上の声

最後まで読んでいただきありがとうございます。