佐伯和彦の画像

出典:テレ朝news

JR埼京線の電車内で女性の体を触り盗撮などをしたとして派遣社員・佐伯和彦(さえきかずひこ)容疑者36歳が逮捕されました。

佐伯容疑者は女性から被害を訴えられ、ホームから線路に降りそのまま逃走していました。

スポンサーリンク

事件の詳細

JR埼京線の車内でわいせつな行為をしたとして、警視庁は、派遣社員の佐伯和彦容疑者(36)=兵庫県姫路市家島町真浦=を強制わいせつの疑いで逮捕し、13日発表した。「盗撮はした」と供述しているが、強制わいせつ容疑は否認しているという。佐伯容疑者は目撃者に取り押さえられたが、駅のホームから線路に飛び降りて逃走していた。

板橋署によると、佐伯容疑者は4月9日午後7時ごろ、池袋―板橋駅間を走行中の埼京線の通勤快速電車の先頭車両で、20代の女性会社員のスカートの下から棒のようなものを差し入れて、下着の上から押しつけるなどした疑いがある。先端にカメラを付けて盗撮していたと説明し、「ネットで埼京線の先頭で痴漢が多いと知り、痴漢目的で前日の深夜バスで東京に来た」と話しているという。

佐伯容疑者は、同じ女性のスカートをめくるなどしていた別の30代の男とともに目撃者の男性に板橋駅で降車させられたが、ホームから線路に飛び降りて逃走していた。もう1人の男はその場で現行犯逮捕された。現場に残されたトートバッグ内の携帯電話や防犯カメラの映像などから、佐伯容疑者が浮上した。

引用:朝日新聞

佐伯和彦の画像 佐伯和彦の画像 佐伯和彦の画像

出典:テレ朝news

スポンサーリンク

佐伯和彦について

佐伯和彦の画像

出典:テレ朝news

【名前】:佐伯和彦(さえきかずひこ)

【住所】:兵庫県姫路市

【年齢】:36歳

【職業】:派遣社員

佐伯和彦容疑者の顔画像は、連行されるシーンがニュース番組で放送されすでにネット上にも公開されています。

Facebookやツイッター、インスタなどのSNSのアカウントについては、同姓同名のアカウントは存在するものの、犯人のものだと特定するには至っておりません。

電車内で女性にわいせつな行為をしていた佐伯和彦は、乗客の男性に目撃され取り押さえられ、板橋駅で降車したがスキを見てホームから線路に飛び降り、そのまま逃走したものであります。

事件現場には佐伯和彦容疑者のトートバックが残されており、その中には携帯電話も入っていたため、犯人が判明したものです。

スポンサーリンク

犯行動機が異常だった

警察の調べに対して佐伯和彦は以下のように供述しております。

「ネットで埼京線の先頭で痴漢が多いと知り、痴漢目的で前日の深夜バスで東京に来た」

全国的にも痴漢が多いと有名な埼京線で、わざわざ痴漢をするために兵庫から足を運んでいたのです。

また「盗撮はしたが、触ってはいない」と話しているが、カメラの先端に棒のようなものを付けて女性に押し付けていたことは、触っていたとされるに十分な証言ではないだろうか。

いずれにしても、盗撮をしていたことは確かであり、線路に降りて逃走していることから、自身にも犯罪を犯した意識はあったと考えるのが自然だ。

ともなれば、供述内容の信憑性は低いとみられるのが当然だろう。

スポンサーリンク

逮捕者が別にいた

事件当時佐伯和彦容疑者以外に、女性にわいせつな行為をしていた男がもうひとりいたようです。

その30代の男は同じ様に板橋駅で降りたが、その場で現行犯逮捕されているのです。

同じ日に同じ女性を狙っていたこと、わざわざ兵庫から上京していたことを考えると、2人には何らかの接点があった可能性もありそうだ。

顔や名前は知らなくとも、インターネット掲示板などで日時を申し合わせ、SNSやメールなどでターゲットを決め犯行に及んだ可能性もあり、非常に悪質な内容である事も考えられる。

住所について

逮捕された佐伯和彦の住所は「兵庫県姫路市家島町真浦」と報じられております。

この地域をグーグルマップで確認してみましょう。

 

佐伯和彦容疑者は兵庫県の西島・家島に住んでいる人物なのです。

ネットで痴漢が多いことを知り、わざわざ上京するなどこういった行為に興味があったのは間違いないようです。

家族の存在については報じられていませんが、実家がこの周辺の島にある可能性が高く、自分の息子が東京でこのような犯罪で逮捕されたことが両親に伝わったらということを考えると、とんでもない親不孝者であるといえるでしょう。

そういった欲求を満たすためにそこまで行動を起こしたと思われるが、それは明らかな犯罪行為である。他人の体も心も傷つける悪質な犯罪行為である。

このような当たり前のことを口にしなければならないほど、この犯人のしたことは幼稚であり、悪質なものだということをお伝えしたい。

被害女性、その身内、自分の両親、兄弟などの身内や友人、この事件でどれだけの人が傷つくのかよく考えてほしい。

前科が判明

今回逮捕された佐伯和彦は過去に電車内のわいせつな行為で逮捕されていた事がわかりました。

「これが一番興奮した。毎日のようにやった」と話しています。  無職の佐伯和彦容疑者(32)は16日夜、東京のJR五反田駅のホームで、20代の女性のスカートや足に後ろからローションなどの液体をかけた疑いが持たれています。足に冷たい感覚を覚えた女性が振り向いたところ、佐伯容疑者は逃げましたが、駅近くの路上で女性らに取り押さえられました。警視庁によりますと、佐伯容疑者は山手線の車内で女性を物色し、ホームに降りたところで、あらかじめ容器に入れて用意した液体で犯行に及んでいました。取り調べに対し、「これが一番興奮した。毎日のようにやった」と容疑を認めています。

引用:http://girlschannel.net

この事件は2014年に起きたものであり、年齢が一致します。

また当時の記事の履歴には兵庫県在住とされており、事件の内容を考えても今回逮捕された佐伯和彦と同一人物とみて間違いないでしょう。

ネット上の声

▶線路を走って逃走したけど、後日捕まった事を、もっと大きく取り上げないと。

 

▶>埼京線の車内で痴漢をするため、兵庫県から上京していた

それだけのバイタリティーがあればよいことに使えば
いいのにと思う

 

▶全ての電車内に防犯カメラを設置しまくってほしいね
そうすれば女性も安心して電車に乗れるし
痴漢されても声をあげやすくなる

 

▶そら地方の電車は満員どころか立ってる人も少ないから痴漢したいなら上京するしかないっぺなぁ。

 

▶いや悪いことしてる自覚があるから、地元を離れたんだろ?これから余罪が出てくるな。
きっと地元でも常習犯だろうし。

 

▶兵庫からわざわざ捕まりに来てお疲れ様です。
関西圏でも埼京線ってそんなに有名なんだね。

 

▶痴漢が多いならバレないと思ったんだろうけど、痴漢が多いってことは警戒してるって思わないんだろうか・・・

警戒されてないところで犯行に及んで逃げられるより良かったとは思うけども・・・

 

▶痴漢や盗撮の刑を最低5年から10年にすれば減るんで無いかい?

 

▶お金と時間の遣い方が間違ってる。
そんな事考えて、深夜バスで来るなよ。
変態男!

被害者の方怖かっただろうなぁ。
事情聴かれるのも、辛いよ。
目撃者が居てくれて良かった。

最後まで読んでいただきありがとうございます。