出典:lifepicture.co.jp

ロシアワールドカップの予選グループFのスイスVSセルビアの試合で、スイスのジャカ選手とシャキリ選手が後半45分に得点した後に政治的なパフォーマンスをしたとして大きな話題になっています。

スポンサーリンク

ゴール後の政治パフォーマンスの詳細

 ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループEで初戦にブラジルと1-1のドローを演じたスイスは、現地時間22日にセルビア相手に2-1で勝利を収めた。しかし、スコアラーとなったMFグラニト・ジャカ、MFジェルダン・シャキリ両選手のゴールパフォーマンスが物議を醸し、処分の可能性も浮上している。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

試合は前半5分にFWアレクサンダル・ミトロビッチがゴールを奪ってセルビアが先制する。しかし、後半7分にスイスは背番号10のジャカが得意の左足でペナルティーエリア外から強烈なミドルシュートを叩き込み同点とした。

そして迎えた後半45分、カウンターからエースのシャキリがゴール前までボールを運ぶと、左足で冷静に蹴り込んでネット揺らした。今大会26試合目にしてスイスが初の逆転勝利を果たしたチームとなった。

歓喜の一方で、ジャカとシャキリのゴールパフォーマンスは議論を呼んでいる。両選手ともゴール後に、両手を開き、交差させて胸の前に掲げる独特の仕草を見せた。これはアルバニア国旗に描かれた旗に描かれた双頭の鷲を象ったもの。両選手がセルビアから独立し、人口の大半をアルバニア人が占めるコソボにルーツを持つことが関係している。

引用:https://www.football-zone.net/

スポンサーリンク

FIFAはサッカーへの政治介入を認めていない

ジャカは両親がアルバニア移民で、兄タウラントはアルバニア代表としてプレー。シャキリは両親がアルバニア人で、自身のスパイクにスイスとコソボの国旗をあしらうなど強い思い入れを抱いている。コソボとは根深い民族問題を抱えるセルビア戦で、あえてこのパフォーマンスをしたと見られている。

2014年に欧州選手権予選でアルバニアとセルビアが対戦した際には両サポーターによる暴動が発生し、試合が中止となった過去もある。

国際サッカー連盟(FIFA)ではサッカーの試合における政治介入を認めていない。決勝トーナメント進出に向けて前進したスイスだが、中心選手であるジャカとシャキリには何らかの処分が下される可能性もありそうだ。

引用:https://www.football-zone.net/

スポンサーリンク

シャキリのプロフィール

シャキリ

出典:habilidadespesefifa.blogspot.com

【名前】:ジェルダン・シャキリ

【国籍】:スイス

【出身地】:ユーゴスラビア

【生年月日】:1991年10月10日

【年齢】:26歳

【身長】:165cm

【体重】:78kg

【所属クラブ】:ストーク・シティ

両親はアルバニア人。スイスのFCバーゼルで2009年にプロデビュー。

2012年からはバイエルン・ミュンヘンで活躍し、インテル・ミラノ⇒ストーク・シティFCと渡り歩く。

U-17からスイス代表選手として活躍。2011年からスイス代表としてA代表で出場し62試合で20得点。

スポンサーリンク

ジャカのプロフィール

グラニト・ジャカの画像

出典:ameblo.jp

【名前】:グラニト・ジャカ

【国籍】:スイス

【生年月日】:1992年9月27日

【年齢】:25歳

【身長】:185cm

【体重】:82kg

【所属クラブ】:アーセナル

2008年からU-17スイス代表として活躍。

2010年スイスのバーゼルでプロデビュー。ボルジアFC⇒アーセナルと渡り歩く。

2011年からスイスA代表で活躍し61試合に出場し9得点。

このジェスチャーの問題点とは

今回の物議を醸した2人のジェスチャーの問題点とはなんなのでしょうか。

二人のジェスチャーはアルバニアの国旗に描かれている双頭の鷹を表している。

ジャカとシャキリは共にコソボ生まれと言う共通点を持っている。

コソボは人口のほとんどがアルバニア人であり、かつてのユーゴスラビア(現在のセルビア)から独立を巡って紛争があり多くの死者を出した過去があるのだ。

その紛争は現在でも衝突を生んでおり2014年にはアルバニアとセルビアの試合が没収試合になったことも。

今回の試合では試合の相手がセルビアであり、二人が現在はスイス国籍ながら、かつてはコソボ出身、両親がアルバニア人である二人が行ったことで、政治的なメッセージが強いと物議を呼んでいるのである。

ネット上の反応

最後まで読んでいただきありがとうございます。