高円宮家の三女である絢子さま27歳が会社員の守谷慧(もりやけい)さん32歳と婚約されることになったことを発表されました。

今年8月にも結納に当たる「納采の儀」を行い、結婚式は10月に行う予定とのことです。

スポンサーリンク

婚約報道の内容

宮内庁は26日、高円宮家の三女絢子さま(27)が、日本郵船勤務の守谷慧さん(32)と近く婚約されることになったと発表した。

7月2日に正式発表する。同庁によると、一般の結納に当たる納采の儀は8月12日に高円宮邸で、結婚式は10月29日に明治神宮で行われる予定。

絢子さまは故高円宮さまと同妃久子さまとの間に生まれ、2016年に城西国際大大学院の修士課程を修了。公務と共に、17年6月から同大福祉総合学部研究員として勤務している。カナダへの留学経験もあり、日加協会の名誉総裁も務めている。

絢子さまは10年に成年を迎えた際、記者団の質問に文書で回答し、結婚について「子どもが好きなので、いつかは結婚をして子育てをしたいと考えてます。尊敬できる方と、笑いの絶えない温かい家庭を築いていかれたらと思います」とコメントしていた。

高円宮家では、14年10月に次女典子さん(29)が出雲大社(島根県出雲市)権宮司の千家国麿さん(44)と結婚している。

引用:時事通信社

スポンサーリンク

守谷慧さんについて

守谷慧の画像

出典:ツイッター

【名前】:守谷慧(もりやけい)

【年齢】:32歳

【住所】:東京都港区

【職業】:会社員

【趣味】:マラソン、トライアスロン、読書

【出身大学】:慶應義塾大学文学部

報道当初は会社員との報道でしたが、その後守屋さんの勤務先は「日本郵船」であることが判明。

120年以上の歴史を持つ会社で、もともとは海運業中心の企業グループでしたが、現在は陸・海・空すべての物流企業に変革した会社であります。

フランスのパリにある幼稚園を卒園⇒港区立白金小学校

私立高輪中学校⇒私立高輪高校に進学。

その後、私立慶應義塾大学文学部を卒業した後、日本郵船株式会社の本社に勤務しております。

大学時代にはオックスフォード大学に短期留学した経歴も。

彼をよく知る人は「爽やかな好青年です」と守谷さんの印象について話しておりました。

「国境なき子どもたち」の理事に就任したのが昨年11月。

国際的な福祉活動に力を注がれている人物です。

おきなわマラソンに出場していたという情報も。

スポンサーリンク

お二人の馴れ初めは?

絢子さまと守谷慧さんは2017年12月に出会ったようです。

母親の久子様の紹介で知り合い交際がスタート。

久子さまは守谷慧さんの母親・季美枝さんが専務理事を務めていたNPO法人「国境なき子どもたち」の関連行事に毎年出席されており、季美枝さんと親しかったようです。

久子さまと守谷慧さんは10年ほど前に、国境なき子どもたちの写真展で初めて会い、昨年11月に国境なき子どもたちの理事に守谷さんが就任することを聞き、国際的な福祉活動に興味持つきっかけになればと、絢子さまに紹介したということであります。

2018年4月に行われた高円宮家のパーティーには、守谷さん親子で招待され、久子様も交際を認めていたようです。

すでに婚約することは天皇皇后両陛下にも伝えられており、7月2日に正式に婚約を発表する記者会見を開くとのことです。

スポンサーリンク

父親や母親について

守谷慧さんの両親はどのような人物なのか気になる方も多いと思います。

調べてみると、守谷さんの父親は元経済産業省の官僚である守谷治さんだということが判明。

現在は、日本アルコール販売の常務執行役員として活躍中。年齢は62歳。

母親の守谷季美枝さんは「国境なき子どもたち」の専務理事を務めていた人物。

ですが2015年7月に56歳の若さで亡くなっていた事がわかりました。

守谷季美枝の画像

出典:国境なき子どもたち

▪守谷季美枝さんの経歴

1981年 早稲田大学 第一文学部 卒業
1983年 より数度の海外生活経験を経て、1994年より国境なき医師団日本(MSF Japan)にて事務局ボランティアとして参加。企業、財団等を対象とした資金調達担当
1997年 国境なき医師団の教育部門が独立し、国境なき子どもたち(KnK)として別団体となった際の創設メンバー
1999年 国境なき子どもたち 理事
2000‐2001年 国境なき医師団 理事(兼務)
2002年 国境なき子どもたち 副会長
2003年 同上 専務理事

お母様の意志を受け継いで「国境なき子どもたち」の理事に就任している守谷慧さんは、ご立派な方だという印象が強いです。

守谷慧さんの年収は?

大学卒業後「日本郵船株式会社」に勤務している守谷慧さん。

守谷さんの年収はどのくらいなのでしょうか?

調べてみると、日本郵船の平均年収は1000万円を越えておりました。

守谷慧さんは勤務10年になり、かなりの年収であることは間違いなさそうであります。

絢子さまについて

出典:毎日新聞

【続柄】:高円宮憲仁親王第三女子(大正天皇曾孫)

【全名】:絢子

【身位】:女王

【敬称】:殿下

【お印】:葛

【生年月日】:1990年9月15日

【年齢】:27歳

【出身高校】:学習院女子高等科

【出身大学】:城西国際大学福祉総合学部

絢子さまは2002年に亡くなった高円宮さまと高円宮妃の久子さまの三女であり1990年生まれの27歳。

大正天皇のひ孫にあたります。

城西国際大学時代にはサッカー部のマネージャーを務めておりました。

昨年の6月からは城西国際大学の研究員を務められておりました。

出典:日テレNEWS

今後の日程について

絢子さまと守谷慧さんは7月2日にお二人で婚約内定を記者会見で発表されます。

8月12日(日)に一般の結納に当たる「納采の儀」が行われます。

10月29日(月)に「明治神宮」で結婚式が行われます。

ネット上の反応

▶大手海運会社にお勤めで、きちんとされた家柄の方のようですね。
良いご縁があり良かったとお慶び申し上げます。
末永くお幸せに。

 

▶なぜだろう、大手海運会社にきちんとお勤めされている方、というだけで安心感が違う‥。
そこそこの大学か院卒で、大手に勤められるぐらい有能な人物だと、条件的には暗黙のうちにクリアされてるからですかね。
インターで無理やり身につけた英語だけが自慢のハリボテ海の王子とは違う‥

 

▶おめでとうございます。
最近の皇室はあまりよくないお話ばかりでしたが、久しぶりに良いお話です。良い御縁に恵まれたようで何よりです。

 

眞子さまより先に結婚しそうですね。某小室氏と違ってまともな方のようで良かったです。
眞子さまも早く破談にして下さい。

 

▶やはりお見合いなんでしょうか。というか、こういった立場の方は皆さんお見合いが当たり前だと思っていたので、あの強烈な親子にはびっくり致しました

 

▶日本郵船勤務と聞いてホッとするのはなぜなのだろうか(笑)

 

▶ご婚約、おめでとうございます。法律事務所勤務の非正規社員ではないということで、国民の一人として安心致しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。