※追記・新情報あり

出典:日テレNEWS

富山県富山市で交番から拳銃が奪われ2人が死亡した事件で、警察は逮捕された容疑者は島津慧大(しまづけいた)21歳だと発表しました。

島津慧大の顔画像やFacebookなどから、家族や住所の情報は判明しているのか?

犯行動機とは何だったのか?

富山発砲事件の犯人、島津慧大について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の詳細

事件が起きたのは6月26日の午後2時頃でした。

富山市の交番で26日午後、警察官が刺されて死亡し、近くの小学校で警備員が撃たれて死亡した事件で、富山県警は富山県立山町の職業不詳、島津慧大(けいた)容疑者(21)を、警備員に対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕したと発表した。県警によると、島津容疑者は小学校の敷地内で、駆けつけた警察官に撃たれ、逮捕後に病院に救急搬送され、重体の模様だという。

富山県警によると、事件は26日午後2時ごろに起きた。富山市久方町の県警奥田交番で、勤務する稲泉健一警部補(46)が男に刃物のようなもので刺され、拳銃を奪われた。男は近くの市立奥田小学校に向かい、小学校にいた警備員の中村信一さん(68)に発砲。中村さんは左肩などを撃たれて救急搬送された。男は警察官に身柄を確保された。県警によると、稲泉警部補と中村さんは病院で死亡が確認された。男も左腹部を撃たれて搬送された。

富山市消防局によると、午後2時14分ごろ、県警から「奥田交番で40代男性が刺された」と通報があった。男性は心肺停止状態で病院に搬送された。その後、午後2時27分ごろに、県警から「奥田小学校で撃たれて、けが人が2人いる」と通報があり、20代と60代とみられる男性2人をいずれも心肺停止状態で病院に運んだという。

引用:朝日新聞

スポンサーリンク

島津慧大について

 

【名前】:島津慧大(しまづけいた)

【年齢】:21歳

【住所】:富山県立山町末三賀

【職業】:不明

【容疑】:拳銃を奪い2人を死亡させた殺人未遂の容疑で現行犯逮捕

【供述】:不明

 

島津慧大容疑者は富山県の奥田交番で警部補の「稲泉健一」さん46歳を刃物で刺し拳銃を奪って逃走。

その後、交番から約100mの場所にある市立奥田小学校で、警備員の「中村信一」さん68歳を拳銃で撃ち死亡させています。

通報を受けて小学校に駆け付けた警官は、島津慧大の左腹部を撃ち意識不明の重体だと言うことであります。

スポンサーリンク

元自衛官との情報

逮捕された島津慧大について職業不詳となっておりますが、元自衛官ではないかとの情報がネット上に浮上しております。

出典:ツイッター

2015年に自衛隊に入隊したという情報は上の画像がソースであります。立山町という部分も一致しており、名前が珍しいことから本人ではないかと言われているのであります。

島津慧大が過去に自衛隊に在籍していたことが事実ならば、警察官から拳銃を奪えたことも、それを使って警備員の男性を殺害したのも納得がいきます。

 

過去には工芸部門で表彰されていたという情報も。

※追記

その後NHK「ニュース7」で島津慧大が元自衛官だと報じられております。

その報道内容によると島津慧大は2015年3月に自衛官になったということです。

2017年3月まで金沢市にある「陸上自衛隊金沢駐屯地」に勤務していたとのこと。

※追記終わり

スポンサーリンク

犯行の様子

※追記

出典:テレ朝news

事件発生後犯人の逮捕を受けて、奥田小学校の校長が会見し、事件当時の様子を語っております。

出典:テレ朝news

その内容は以下のようなものであります。

▪午後2時15分頃不審者を確認し110番通報

▪負傷者を発見したため119番通報

▪校内にいた男性職員は、さすまたで警戒

▪児童を体育館に移動させ安全確保

▪前庭で警察が犯人確保

また、亡くなった警備員の中村信一(68)さんは、学校の耐震工事のための工事車両の誘導のため校内いたようです。

逮捕された島津慧大容疑者は、現在心肺停止の状態であり、病院で治療を受けているとのこと。

※追記終わり

犯行動機について

島津慧大はなぜこのような犯行をしたのでしょうか。

現時点で犯人は重体であり、供述内容も分かっていないのが現状であります。

刃物を持ち交番で警察官を刺して拳銃を奪っていることを考えると、はじめから拳銃を奪う目的で交番に行っているものと思われます。

さらに、そのまま小学校に向かい、警備員の男性を撃っていることを考えると、最初から小学校で暴れるつもりで拳銃を奪ったのでしょうか。

何か学校に恨みがあったのか?それともどこか暴れる場所が欲しかったのか、いずれにしてもまともな思考で動いたとは到底思えない事件であります。

被害者について

今回の事件で被害に遭ったのは警部補の稲泉健一さん46歳、警備員の中村信一さんです。

稲泉健一さんは、富山県久方町にある県警奥田交番に勤務する警部補で、刃物のようなもので刺され拳銃を奪われました。病院に運ばれた時は心肺停止の状態であり、その後死亡が確認されております。

また、中村信一さんは小学校の耐震工事の車両を誘導するために派遣された、建設業「日本海建興」の警備員であり、奪った拳銃で左肩などを撃たれました。

心肺停止の状態で搬送され、その後死亡が確認されました。

稲泉さんと中村さんのご冥福をお祈りいたします。

拳銃を奪われた過去の事件

警察官が拳銃を奪われる事件は過去にも起きております。

▶2018年4月20日
愛知県豊橋市の飲食店で、けんかの通報を受けて対応に当たっていた警察官が腰のベルトの拳銃を男に奪われました。拳銃は同僚の警察官がすぐに取り戻し、男はその場で逮捕されました。

▶2016年1月14日
神奈川県横須賀市の団地で、刃物を持った男が駆けつけた警察官の拳銃を奪って警察官に向けて発砲し、警察官がけがをしました。男はその場で取り押さえられ、逮捕されました。

▶2014年5月14日
愛知県知立市で通報で駆けつけた警察官が、男ともみあいになり、所持していた拳銃を奪われて腕を撃たれ、けがをしました。男は、別の警察官にその場で逮捕されました。

Facebookやインスタ・ツイッターは?

島津慧大のSNSを調べてみました。

Facebookには同姓同名のアカウントも存在しましたが、富山県在住・年齢が同じくらいの人物は発見できませんでした。

また、ツイッターやインスタには同姓同名のアカウントは確認できておりません。SNSはハンドルネームでの利用か、あるいは全く利用していなかったかのどちらかではないでしょうか。

住所や家族について

島津慧大の住所について「富山県立山町末三賀」だと報じられております。

この地域をグーグルマップで確認してみましょう。

 

この地域は富山地鉄立山線の「釜ヶ淵駅」と「沢中山」駅の近くにある住宅地であります。

出典:グーグルマップ

事件のあった奥田交番へは車で1時間ほどの距離。

車で移動したのか、それとも電車で移動したのか分かりませんが、なぜわざわざ奥田交番まで移動したのかなど、事件にはまだまだ謎が多いものであります。

事件現場は?

今回の事件があったのは富山県にある「奥田交番」だと報じられております。

 

この場所で拳銃を奪った後、直線距離で100mの場所にある 奥田小学校に移動しています。

ネット上の反応

▶どうやって確保したんだろう。なぜ小学校?被害者は大人だけ?続報が気になる。

 

▶警官一人だったのかな
刺されて拳銃奪われるなんて
富山県警 真相解明を

 

▶先程テレビで警備員も亡くなられたと速報ありました。
日本の警察官も躊躇せず撃たなきゃならない世の中になったのだと思う。奪われた拳銃で一般の人が亡くなった事はご自身の死よりも残念でならないでしょう。あくまで悪いのは犯人です。亡くなられたお二人のご冥福をお祈りします。

 

▶よく確保した。しかし,危険を冒すより,その場で射殺でもよかったと思ってしまう。

 

▶厚労省の野放し政策が原因かもしれんね

最後まで読んでいただきありがとうございます。