出典:ABC

大阪府和泉市の集合住宅で女性が死亡しているのが発見されました。

この女性は北口知美(きたぐちともみ)さん40歳で、6月中旬に警察にDVの相談をしていたというのです。

警察は自殺と事件の両面から捜査をしていますが、警察に相談直後に遺体が発見されたことに、警察の対応に疑問の声も挙がっております。

スポンサーリンク

事件の詳細

 2日午前10時35分ごろ、大阪府和泉市黒鳥町のアパートの一室で、住人の職業不詳、北口知美さん(40)が死亡しているのを北口さんの兄が発見し、110番した。北口さんは首にひもが巻かれた状態で死亡しており、大阪府警和泉署は事件と自殺の両面で調べている。

同署によると、北口さんは1人暮らしで、前日から連絡が取れないことを心配した兄が部屋を訪ね、北口さんが布団の上に倒れているのを発見。着衣に乱れはなく、部屋を物色したような形跡もなかった。兄が訪ねてきた際、玄関は施錠されており、合鍵で部屋に入ったという。

北口さんは、6月中旬にDV(家庭内暴力)で同署に相談していたという。同署はDVの詳細を明らかにしていない。

引用:産経新聞

出典:ABC

スポンサーリンク

北口知美さんについて

 

【名前】:北口知美(きたぐちともみ)

【年齢】:40歳

【職業】:不詳

【住所】:大阪府和泉市黒鳥町3丁目

 

北口知美さんの顔画像は現時点で公開されておりません。

北口さんは一人暮らしであり、自宅の洋間にある布団の上で仰向けに倒れており、首にはひもが巻き付けられていたという状態でありました。

部屋は鍵がかかっており、室内には争ったような跡がなかったという奇妙な状況であることから、警察は自殺の可能性も含めて捜査中とのこと。

北口さんは6月中旬に警察にDVの相談をしており、事件の関連性について調べているものであります。

スポンサーリンク

Facebookやインスタ、ツイッターは?

亡くなった北口知美さんのFacebookやツイッターなどのSNSはあるのでしょうか?

彼女の名前で調べてみたところ、Facebookには同姓同名のアカウントは複数ありましたが、本人だと特定できるものは発見されておりません。

インスタやツイッターについても、同姓同名の方はいますが公開されている情報が少ない事もあってか、特定には至っていません。

スポンサーリンク

事件現場の住所について

北口知美さんの遺体が発見された場所はどこなのでしょうか?

報道によると「大阪府和泉市黒鳥町3丁目」だと報じられております。

この場所をグーグルマップで確認してみると

 

この地域は店舗などはほとんどなく、住宅が密集している地域であります。

この地域のどこかに北口知美さんが住んでいるアパートがあります。

犯人について

北口知美さんは自殺の可能性もあるものの、状況的に他殺である可能性が高いと見られております。

というのも、前述した通り北口さんは警察にDVの相談をしており、その相手は交際相手だったといいます。

室内には手書きのメモも見つかるなど、まだまだ謎が多い今回の事件でありますが、DVをしていた交際相手が事件についてなにか知っている可能性が高いのではないでしょうか。

事件は、前日から連絡が取れないことを不審に思った北口さんの兄が、心配になってアパートを訪れたことで判明しております。

お兄さんそこまで心配していたのは、DVを受けていることを知っていたからなのでしょうか。

お兄さんが合鍵まで持っていることを考えると、相当ヒドイDVだったのではないでしょうか。

警察に相談したにもかかわらず、このような悲しい事になってしまったことで、警察の対応は本当に適切だったのか。事件にならないと対応できないなどとふざけたことは言っていないか。

状況を見ると、警察が救えた命だったという印象を持った方も多いのではないでしょうか。

ネット上の反応

▶結果的に進歩しなかった警察の対応。

 

▶相談者を死なせてしまうのは、警察の致命的失策だろう。
府警トップの責任問題だ。

 

▶一人暮らしで、家庭内暴力の相談?

ひもが居たのか? 親族か?

府警さん、間違いなく事件ですよ、これは。。

 

▶やる気なし
アフター5の飲み会しか考えてない無能警察か

 

▶DV の相手は 合鍵をとっくに作っていただろう 警察に相談に行っていたぐらいなんだから 悪質な相手だった 自分自身 ひもで自殺なんかできない

 

▶明らかに他殺、DV 加害者の仕業だろ?

 

▶警察に頼るのは、無駄なのか?

って、悲しくなるけど、
確かに、以前、娘が不審者に抱き上げられて、大声だして事なきを得て、警察来て色々聞かれたり、書類かいたりしてたけど、
その後、なんの連絡もない。

 

▶恋人?親族?
殺人事件でしょ
自殺とは思えない

最後まで読んでいただきありがとうございます。