出典:dメニューニュース

サッカーワールドカップのロシア大会、日本VSベルギーの試合で英メディアが吉田麻也選手を称賛していると話題になっています。

吉田麻也選手は敗戦した日本の選手ながら、なぜそこまで称賛されているのでしょうか?

劇的勝利を収めたベルギーの選手よりも上回っていた点とは?

スポンサーリンク

ルカクを封じた吉田麻也を称賛

吉田麻也選手が英メディアに称賛されているのは、ベルギーのエース格であるルカク選手を封じたことが評価されたものです。

ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦、ベルギー対日本が現地時間2日に行われ、日本は2-3の逆転負けを喫した。しかし、優勝候補の一角ベルギーを追い詰めたことで、海外メディアでは称賛の声が上がっている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」では、FWロメル・ルカクに自由を与えなかったセンターバックの吉田麻也にチームトップタイの評価を与え、マン・オブ・ザ・マッチに選出した。

引用:ZONE

スポンサーリンク

称賛される理由とは?

吉田麻也選手が英メディアに称賛された理由とは何だったのでしょうか?

ルカク選手は体重が100キロ近い選手で、身長も190センチとかなり大柄な選手。

体が大きい選手に対して、比較的小柄な日本人は当たり負けしてしまい、試合の主導権を握られてしまうことは、サッカーでは多々ありました。

しかしながら、吉田麻也選手はルカクを徹底的にマークし、その仕事をさせなかったのです。

規格外のストライカーを蚊帳の外へと追いやった。吉田は身長190センチで、体重100kg近い巨漢のルカクとマッチアップ。しかし、空中戦でも簡単には競り負けず、グループリーグで4得点を決めていた相手エースに決定的な仕事をさせなかった。

日本は2点差をひっくり返されて敗れたが、海外メディアはディフェンスリーダー吉田の活躍に注目。「ヨシダは日本の不屈の回復力を見せ、ロストフ・アリーナでの活発な90分間、ルカクを鎮圧した」「ルカクは好調を維持することに失敗。ヨシダは彼にスペースを与えなかった」と好印象の評価が並び、「見事なパフォーマンス」とまとめられた。

記事では、10点満点の選手採点を公開。吉田と、追加点を奪ったMF乾貴士が両チーム通じてトップタイの8点を獲得。吉田はマン・オブ・ザ・マッチに選出された。二人を除くスタメン9選手も全て7点と、日本は敗れたチームとしては異例の高評価となった。

引用:ZONE

予選3試合で4ゴールと、得点王候補であるルカク選手を完璧に封じたことで、吉田麻也選手に対して英メディアから称賛の声が挙がっているのです。

ルカク選手はイングランド・プレミアリーグの「マンチェスター・ユナイテッド」に所属する点取り屋。

普段から、ルカク選手の凄さを目の当たりにしている英メディアが称賛しているのですから、信憑性が高いのではないでしょうか。

ちなみに吉田麻也選手はプレミアリーグの「サウサンプトン」に所属しており、ルカク選手とマッチアップしたことも多数ある経験も活きたのではないでしょうか。

ルカク選手について

出典:サッカーキング

【名前】:ロメル・ルカク

【本名】:ロメル・メナマ・ルカク

【出身】:アントウェルペン

【生年月日】:1993年5月13日

【身長】:190cm

【体重】:93kg

【所属チーム】:マンチェスター・ユナイテッド

出典:Wikipedia

この情報を見るだけで得点力が高い選手だということがお分かりいただけると思います。

実に2試合に1ゴールという、驚異のアベレージの選手を完封した吉田麻也選手の評価は今後大きく上がることは間違いないでしょう。

ネット上の反応

▶間違いなく日本最高のCB。普段からプレミアで戦っている吉田がいないと抑えられなかった。

 

▶日本史上最高のセンターバックだと思う

 

▶経験って大切だよ。ルカクと初めての対決だったら、ここまでやれなかったと思うわ。やはり海外に出て一流選手と戦っておくべきだ。
昌子。次はあなたですよ!

▶今大会の吉田の安定感はすごかった。名前負けしないし、集中力も切らさない。不用意なファウルもなかった。今日の試合だって、吉田いなかったらあと何点取られてたかわからんよ実際。

 

▶大会安定してたな
すごい気持ち入れて臨んでたのだろう
昌子植田は、今大会の吉田見れていい経験になったと思う

 

▶確かに頑張ってた
でもルカクも決定機外してたから助かった部分もあったね
でもセンターバック2人は今大会すごい頑張ってたよ!

▶普段からプレミアリーグで闘ってる経験は大きいよね。

 

▶すごかった。みんな一丸となって、最後までお疲れ様です。
いい経験だったと思うし、次出る人は頑張ってほしい。

 

▶それゆえにルカクとの試合後の抱擁は感動的。

 

▶吉田も色々言われてたけど素晴らしい活躍だった!
昌子も海外でポジション争いして沢山の一流選手とマッチアップして四年後、更に強くなって欲しい。
Jリーグじゃ勿体ない!

最後まで読んでいただきありがとうございます。