※追記・新情報あり

出典:ytv

大阪府堺市であおり運転をした挙げ句、バイクにわざと衝突させ運転手と死亡させたとして、中村精寛(なかむらあきひろ)容疑者40歳が逮捕されました。

バイクを運転していたのは大学生の高田拓海(たかだたくみ)さん22歳。

中村容疑者はバイクに抜かれたことで激昂し、危険だと認識しながら車をわざと衝突させたということです。

スポンサーリンク

事件の詳細

 堺市南区の大阪府道で2日、バイクに乗っていた男子大学生(22)が車にはねられて死亡する事故があり、府警は4日、車を運転していた近くの警備員中村精寛(あきひろ)容疑者(40)を殺人と道交法違反(ひき逃げ)の両容疑で逮捕したと発表した。中村容疑者は約1キロにわたってバイクを後ろからあおり、加速して追突していたという。「故意にぶつけたわけではない」と容疑を否認している。府警によると、あおり運転に殺人容疑を適用するのは異例。

発表によると、中村容疑者は2日午後7時35分頃、堺市南区竹城台の府道泉北1号線で、前をバイクで走っていた堺市西区の大学4年生高田拓海さんを車であおって追突し、脳挫傷などで死亡させるなどした疑い。

中村容疑者はいったん逃走した後、現場に戻ったところを府警が自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕。中村容疑者の車のドライブレコーダーを調べたところ、バイクに追い抜かれた後、接近しながらパッシングしたり、クラクションを鳴らしたりしている様子が映っていた。府警は追い抜かれたことに腹をたててあおったとみており、追突で死ぬかもしれないという「未必の故意」があったとして殺人容疑に切り替え、3日に逮捕した。

引用:読売新聞

出典:ytv

スポンサーリンク

中村精寛について

 

【名前】:中村精寛

【読み方】:なかむら あきひろ

【年齢】:40歳

【住所】:大阪府堺市南区茶山台2丁

【職業】:警備員

【容疑】:バイクにあおり運転をし、故意に衝突させた殺人と道路交通法違反の疑い

【供述】:故意にぶつけたわけではないと容疑を否認

中村精寛容疑者はバイクに抜かれたことで腹を立てて、後ろからあおり運転をし故意に衝突。

バイクを運転していた高田拓海さんを死亡させた悪質な運転をしたものであります。

出典:読売新聞

逮捕された当初は「前方不注意」だったなどと話していたということですが、中村容疑者の車のドライブレコーダーから、危険な距離で追走しているシーンや、クラクションを鳴らしていたことが判明。

悪質なあおり運転により、高田さんを死亡させたと判断されたものであります。

※追記

その後の報道で、中村精寛の顔画像が公開されました。

▶中村精寛 容疑者の顔画像がこちら!40歳に見えない男の家族や住所は判明しているのか?

スポンサーリンク

Facebookやインスタ・ツイッタなどのSNSは?

逮捕された中村精寛のSNSはあるのか調べてみましょう。

Facebookには同姓同名のアカウントがありますが、情報が不足しており犯人だと特定には至っておりません。

インスタには名前が一致するアカウントはありませんでした。

twitterで検索したところ、同姓同名のアカウントがありましたが、こちらも情報が不足しており特定できていません。

家族の情報についても、一人暮らしなのか、結婚して嫁や子供がいるのかは分かっておりません。

スポンサーリンク

犯行動機について

出典:ytv

中村精寛容疑者は警察の調べに対して以下のように供述しております。

「殺害しようとは思っていない」

「前方不注意だった」

「左車線が気になって前方不注意だった」

「わざとぶつけたわけではない」

「気付いた時にはもう遅く、ぶつかった。殺意はなかった」

「バイクが前を走っているのは気づいていたが、ぶつかってしまった」

いずれも供述内容は、殺意がないことやわざとぶつけたわけではないということ。

 

しかしながら、自身のドライブレコーダーにはあおり運転をしている様子が全て映っており、言い逃れが出来ない状況だったのです。

相手や周囲の車のドライブレコーダーから、犯行が判明することはよくある出来事ですが、容疑者自身のドライブレコーダーから証拠が出てくるというのは、非常に間抜けな事件であると言えるでしょう。

嘘の供述をしていることは動かぬ証拠から明白であり、警察が殺人の容疑で切り替えたことも納得であります。

バイクに抜かれたことで激昂したと見られていますが、これが事実ならばこの男運転どころか社会で生活するにも不適合であり、簡単に社会に復帰させるべきではない事がよく分かるものであります。

事件現場について

今回の事件が起きたのは「大阪府堺市南区の大阪府道」だと報じられております。

この地域のをグーグルマップで確認してみると、報道された内容からも以下の場所だと判明。

 

この場所は泉北高速鉄道の「泉ヶ丘駅」のすぐ近くの府道であり、信号が少ないことから比較的スピードが出やすい道だと思われます。

他にトラブルの原因となるような行為があったのかはわかりませんが、バイクに抜かれただけで人を死亡させる事件を起こすような男に、今後は免許を発行するべきではないでしょう。

また、同じような事件が起きてからでは遅いので、このような危険な運転をする人間には、免許の発行を停止するべきではないでしょうか。

ネット上の反応

▶殺人罪だろ
殺す気が無くてもやり続けたらどうなるか位は40の大人が想像つかないはありえない

 

▶あおり運転が注目される前は、前方不注意とかで済まされていた事案もたくさんありそうだね。
急に煽る人間が増えたわけじゃないだろうし。

 

▶煽り運転は殺人罪にして欲しい。youtubeにも煽られた時の対処法などがUPされていて最近はこういう事故事件が多く感じる。

▶事故で片付けないで、殺人できっちり裁いてほしい。

 

▶沸点低すぎ。こういう人は日頃のニュースとか見てないんだろな。こんだけ世間が騒いでいるのにまだアオリ運転やるか?今回は相手の人が亡くなって、殺人の烙印も押され、残りの人生終了のお知らせ。

▶自分で証拠を残している
バイクが走行中にコケたらどうなるか、知らないとは言わせない。明らかに殺人行為

異例ではなく通例にしてほしい

 

▶異例じゃなくて、普通にしないとね。殺人で死刑でも良いレベル。

 

▶バイクにも車にも乗ってるんですけど、車の運転中にめちゃくちゃな抜き方するバイクには、ムッとする時ありますね。バイク側からすれば、車に煽られても、簡単に突き放すこと出来ますね。
煽った挙句にぶつけちゃダメですけどね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

※その後の報道で、中村精寛の顔画像が公開されました。

▶中村精寛 容疑者の顔画像がこちら!40歳に見えない男の家族や住所は判明しているのか?