出典:ツイッター

文部科学省の現役局長が、東京医科大学の支援事業に便宜を図る見返りに、息子の裏口入学を受けていた問題で、ツイッター上では息子と思われる人物のツイッターが特定され大きな話題になっております。

スポンサーリンク

事件の詳細

 文部科学省の私立大学支援事業をめぐり、東京医科大学(東京都新宿区)に便宜を図る見返りに、受験した自分の息子を合格させてもらったとして、東京地検特捜部は4日、受託収賄(じゅたくしゅうわい)容疑で文科省科学技術・学術政策局長、佐野太(ふとし)容疑者(58)=東京都港区=を、受託収賄幇助(ほうじょ)容疑で会社役員、谷口浩司(こうじ)容疑者(47)=同=を逮捕した。特捜部は両容疑者の認否を明らかにしていない。贈賄側の東京医科大関係者の男性については、捜査に協力していることや高齢などを考慮し在宅で調べる。特捜部は同日、東京・霞が関の文科省など関係先を家宅捜索した。

金品の授受はなかったが、入学試験で合格者の地位を与えたことが賄賂(わいろ)に当たると判断した。

佐野容疑者の逮捕容疑は、文科省官房長だった昨年5月、東京医科大の関係者から文科省の私立大学支援事業の対象校に選定してほしいとの依頼を受け、今年2月、同大を受験した息子の点数を加算させ、合格させてもらったとしている。谷口容疑者は佐野容疑者の受託収賄を手助けしたとしている。

引用:産経新聞

スポンサーリンク

息子のツイッターアカウントが流出

この問題を受けて、ネット上では息子と思われる人物のツイッターアカウントが流出していると話題になっております。

その内容がこちら。

出典:https://twstat.org

ツイートにもあるように受験生でありながらセンター試験16日前にセブ島に出かける様子が投稿されています。

佐野太の息子が入学した「東京医科大学」は合格倍率16倍とも言われる学校。

そこを受験する人間が、この時期に海外に行くというのは受験を経験した方のみならず、誰もが感じる違和感であることには間違いないでしょう。

父親のバカンスに同行していたのでは?と思われますが、受験生を連れて行く父親はすでにこの時点で裏口入学の裏工作が済んでおり、余裕があったと考えるのが自然です。

スポンサーリンク

過去には「受験やめよっかな」と発言

この人物は過去には「俺ら間違いなく日本で一番幸せな浪人生だわ」と投稿しております。

出典:https://twstat.org

これが何を意味するのかハッキリとしたことはわかりませんが、今回の事件が発覚した現在では、この時点で父親から裏口入学のことを聞き、このような投稿をしたと考えるのが自然であります。

また、気になる点として俺“ら”と自分だけでなく複数の人間を指している点。

もしかすると、佐野太の息子以外に裏口入学をした人間がいたのでは?と思わせる文章です。

出典:https://twstat.org

佐野太容疑者の息子と思われる人物は、高校時代には野球部に所属しており、2016年に引退したことを報告するツイートを投稿。

周囲の関係者に感謝の言葉を綴るなど、この時点では誠実なイメージがありました。

それ以外にのツイートを見ると、芸能人のことやテレビ番組のことなど受験生が投稿する内容としてはかなり違和感を感じる内容となっています。

自分よりもレベルが低い、あるいはそこそこの努力で入れる学校を志望していたならまだしも、東京医科大学のような入学倍率の高い学校を志望しているわけですから、ここまで余裕があるのは誰が見ても妙だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

東京医科大学は前年も同じ計画で落選

問題となっている東京医科大学は、前年も同じような事業計画を提出し、補助金の対象校から落選していたことが分かっております。

しかしながら、翌年には文科省の「私立大学研究ブランディング事業」に選定されており、国から3500万円の補助金を受けているのです。

通常、前年に落選したのであれば応募する計画内容を変更するものでありますが、このことからすでに裏口入学の約束がされていたと見て間違いないでしょう。

佐野太について

佐野太の画像

出典:https://www.jasso.go.jp

【名前】:佐野太

【出身地】:山形県甲州市

【生年月日】:1959年?月?日

【年齢】:58歳

【職業】:文科省局長

【肩書き】:科学技術・学術政策局長

【容疑】:私立大学に支援事業の便宜を図り、見返りに子供を大学に合格させた収賄の疑い

【供述】:非公表

▪経歴

1983年 早稲田大学理工学部 卒業、同大学院理工学研究科 修了
1985年 科学技術庁 入庁
1991年 科学技術庁 原子力局政策課長補佐
1993年 米国スタンフォード大学 留学(経済政策研究センター)
1996年 外務省 在連合王国(英国)日本大使館一等書記官
2000年 科学技術庁 科学技術政策局企画室長
内閣府 科学技術政策担当大臣(笹川堯、尾身幸次)秘書官
2002年 文部科学省 大臣官房評価室長
2004年 早稲田大学 客員教授(非常勤)
文部科学省 高等教育局主任大学改革官(教員養成担当)
2005年 文部科学省 高等教育局私学部参事官(私立学校法人担当)
2006年 文部科学省 研究振興局 研究環境・産業連携課長
2007年 山梨大学 学長特別補佐/教授
2008年 現職

佐野太容疑者は文部科学省の前 官房長だった人物。

これだけの大物が収賄で逮捕されることは、大事件と言えるのではないでしょうか。

佐野太容疑者の家族や住所などの情報は分かり次第追記いたします。

ネット上の反応

▶一人の手だけで不正入学はできないからね。
明らかに組織ぐるみの不正。
となると、すでにそういった手口が確立していたことになる。
これまでの不正入学がたった一人ということはないだろう。

 

▶国立だってある程度の中間期末の成績取ってれば
裏口入学のような推薦枠あるじゃん

 

▶裏口が確定したことをネットで全世界に自慢するリスクが全然わかってなかったな

▶病院を選ぶときは医師の親の肩書にも気を付けたほうがいいのか

 

▶開業医の息子もこんなのばかりだし、日本を腐らせているのが医業ということがこれでよくわかった。 
一度解体しようか。

 

▶これ受け入れた大学も何らかの処分をすべきじゃないの(´・ω・`)? 
助成金カットとか

▶子供も裏口から入ったのを認識してたと

 

▶普通に退学だろうけど、またシレッと親の金で医学部再入学するよw こういうヤツは反省する機能がないからな

 

▶もしも親が勝手にやってたとしたら子供は気の毒だなと思ってたけど、その線は消えたか 
ホント今時こんな犯罪が為されるなんてな

最後まで読んでいただきありがとうございます。