出典:日テレニュース

2016年に大口病院で患者2人が死亡した事件で、神奈川県警は事件当時病院に看護師として勤務していた久保木愛弓容疑者31歳を逮捕しました。

スポンサーリンク

事件の詳細

横浜市神奈川区大口通の旧大口病院(現・横浜はじめ病院)で入院患者の男性2人が中毒死した事件で、神奈川署特別捜査本部が7日、うち1人に対する殺人容疑で、同院の元看護師、久保木愛弓容疑者(31)=同市鶴見区=を逮捕したことが捜査関係者への取材で分かった。捜査関係者によると、任意の調べに対し、容疑を大筋で認めていた。

逮捕容疑は、2016年9月18日、4階の病棟に入院していた同市青葉区の男性=当時(88)=の体内に消毒液を混入させて殺害した、としている。

事件は2日後の同20日、男性と同室に入院していた同市港北区の男性=当時(88)=が死亡後に発覚。この男性の点滴袋の液体に、通常では見られない泡立ちがあり、異変に気付いた同院から署に通報した。司法解剖などの結果、遺体と点滴から殺菌作用が強い界面活性剤の成分が検出され、死因は中毒死と判明。その後、当初病死とされていた青葉区の男性の遺体からも同様に、界面剤の成分が検出された。

県警は、何者かが点滴に異物を混入したとみて、同23日に特捜本部を設置。男性2人への殺人事件として捜査を進め、医療の知識がある何者かが注射器で点滴に異物を混入したとみて、病院関係者らから事情を聴くなどしていた。

引用:カナロコ

※関連記事はこちら

▶久保木愛弓の生い立ちと動機の情報がこちら!住所が判明し家族がいるのか調査

▶久保木愛弓の顔画像とFacebook!大口病院の犯人逮捕で名前公開

▶久保木愛弓の看護学校や家族,高校はすでに判明丨住所が流出し自宅画像も公開

スポンサーリンク

久保木愛弓容疑者について

出典:twitter

【名前】:久保木愛弓(くぼきあゆみ)

【年齢】:31歳

【住所】:横浜市鶴見区上末吉5丁目

【職業】:無職・元看護師

【容疑】:点滴に異物を混入し、少なくとも入院患者1人を死亡させた殺人の容疑

【供述】:不明

 

久保木愛弓容疑者の顔画像はニュース番組すでに公開されておりました。

Facebookやtwitter、インスタなどは特定されておらず、情報がありません。

今後SNSなども含めて、新たな情報が入り次第公開していきます。

スポンサーリンク

事件前から起きていた異変

この事件の以前から、大口病院では様々な異変が起きていたのです。

その発端となったのは2016年4月に看護士用のエプロンが切り裂かれているのが見つかった。

この時点ではなんらかの陰湿ないじめなのでは?との見解もあったが、2ヶ月後の6月20日には患者のカルテが数枚抜き取られていることが判明。

同年8月には女性の看護士がペットボトル飲料を飲もうとしたところ、ボトルの上部に注射器で開けたような小さな穴があることに気が付き、匂いを嗅いでみたところ漂白剤のような匂いがしたという。

このことはツイッター上である人物が告白しているのです。

この告発した人物は大口病院で働いていた看護士の身内ではないかと見られており、9月に起こった異物混入による殺害事件も予測していたと発言。

スポンサーリンク

過去にインタビューを受けていた

逮捕された久保木愛弓容疑者は2017年9月に産経新聞のインタビューに答えていました。

その内容がこちらです。

 

-事件から1年犯人が捕まらない中、関係者としてどのような心境か

事件が分かってからショックを受け続けています。一部のマスコミは私が犯人じゃないか?という情報が流れた。

その理由は他人の飲み物を飲むなど私が「変わり者」だったからであり、誰がそんな事を言っているのだろうという気持ち。患者さんが病院で殺されてしまってショックだったのに、自分が犯人ではないかと疑われて、周囲の人間がそういう目で見ていたのかと思ったら、ショックが大きくなった。

 

-犯人対してどう思うのか?

早く捕まってほしいです。当初は自首してくれないかなと願っていましたが、ここまでに自首してこないということは、これからもしないと思います。

 

-事件前後に記憶にあることは?

報道されている通り、エプロンが切り裂かれたりカルテが盗まれたり、ペットボトルに針とか。この時点で病院がすぐに動いてくれればよかったのに。

 

-いまはどんな生活を送っている?

仕事はまだしてません。事件の後看護士として再就職しましたが、続かなかった。一度医療から離れようと思って、別の仕事を探しているがなかなか見つからない。

 

-病院に対して思うことは?

責任体制、管理体制がずさんだと感じます。始めのエプロン切り裂きの事件で警察を呼んでいたらだいぶ違っていたのでは?

 

久保木愛弓容疑者は事件の1年前に大口病院に就職。事件の後はマスコミにも追いかけられて、自宅周辺には常に報道関係者や警察関係者がいたという。

その影響もあり事件の2ヶ月後に退職しているが、その間病院に行ったのは2回ほどだったという。

やはり、事件当初から警察には疑われていたようです。

20人以上に犯行

久保木愛弓は警察の取調に対して、「20人以上に同じことをした」と供述しているようです。

事件前後の2ヶ月の間に50人以上が亡くなっている異常事態だったことで、戦後最大の殺人事件である可能性もささやかれておりました。

20人以上の大量殺人となれば、19人を刺殺した相模原障害者施設殺人事件を上回る戦後史上最悪の殺人事件となるのです。

ネット上の反応

▶看護師が毒物を混ぜたら、患者側は気付き様が無い。
しっかり裁いて欲しい。

 

▶犯人は思ったより若いな。当時はまだ20代か。
捕まって良かったけど、看護士に殺されたんじゃ、患者さんはたまらないですね。

 

▶なんの為に看護師になったのかって思う。
人を殺す為に看護師に!?
最低。
信じられない。

▶たしかこいつ2ヵ月で50人くらい殺したんじゃなかったっけ?
人数でいけば麻原の比じゃないよ。死刑判決出たら即日執行してください。

 

▶事件の動機の解明はこれからやろな。

 

▶みなさんが待ち焦がれた、名前の公表だよ。
しかし名前を知ったところで、何か楽しみがあるのかな?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

※関連記事はこちら

▶久保木愛弓の生い立ちと動機の情報がこちら!住所が判明し家族がいるのか調査

▶久保木愛弓の顔画像とFacebook!大口病院の犯人逮捕で名前公開

▶久保木愛弓の看護学校や家族,高校はすでに判明丨住所が流出し自宅画像も公開