久保木愛弓の画像

出典:テレ朝ニュ-ス

2016年に起きた大口病院(現在の横浜はじめ病院)での患者2人が中毒死した事件で、逮捕された久保木愛弓(くぼきあゆみ)容疑者31歳。

戦後史上最悪とも言われているこの事件の犯人は、31歳のおとなしそうな元看護師でした。

逮捕された久保木あゆみ容疑者の生い立ちや動機について紐解いていきたいと思います。

スポンサーリンク

元看護師逮捕の報道内容

出典:twitter

2016年、橫浜市の病院で患者2人が中毒死した事件で、神奈川県警は、元看護師の女を逮捕した。

捜査関係者によると、殺人の疑いで逮捕されたのは横浜市の大口病院に看護師として勤務していた久保木愛弓容疑者。

大口病院では2016年、西川惣蔵さんと八巻信雄さんが相次いで中毒死し、2人の体内からは「ヂアミトール」という消毒液の成分が検出されていた。

神奈川県警は、久保木容疑者が、任意の事情聴取に対し、「点滴にヂアミトールを入れた」などと事件への関与を認めたことなどから逮捕した。

引用:日テレNEWS

スポンサーリンク

久保木愛弓容疑者について

出典:twitter

【名前】:久保木愛弓(くぼきあゆみ)

【年齢】:31歳

【住所】:横浜市鶴見区上末吉5丁目

【職業】:無職・元看護師

【容疑】:点滴に異物を混入し、少なくとも入院患者1人を死亡させた殺人の容疑

【供述】:後述

 

久保木愛弓容疑者の顔画像はニュース番組すでに公開されておりました。

Facebookやtwitter、インスタなどは特定されておらず、情報がありません。

今後SNSなども含めて、新たな情報が入り次第公開していきます。

スポンサーリンク

久保木愛弓の供述内容

出典:twitter

久保木愛弓容疑者は警察の調べに対して以下のように供述しております。

「20人以上に行った」

これが本当ならば、日本犯罪史上最悪の殺人事件となります。

また別の情報ではすでに中毒死で死亡していた八巻信雄さんと西川惣蔵さんを含む、4人の点滴への毒物混入を認めているということであります。

今後、別の人物に対してのの殺人も立証されていくことになるでしょうが、この事件の真相が解明されるのはまだまだ先の話になりそうです。

スポンサーリンク

犯行動機について

出典:TBSニュース

少なくとも入院患者4人の点滴に、毒物を混入していたことを認めている久保木愛弓容疑者。

事情聴取では20人以上に同じような行為を行ったと供述しており、今後明らかになることでしょう。

供述内容が本当ならば、逮捕された犯人がこれだけの人数に毒物を混入した動機とはなんだったのでしょうか。

結論から言えば、動機についてまだ警察から発表はされていないのが現状です。

しかしながら、過去の久保木愛弓へのインタビューから彼女の人物像が見えてきております。

 

インタビューの内容がこちら。

-事件から1年犯人が捕まらない中、関係者としてどのような心境か

事件が分かってからショックを受け続けています。一部のマスコミは私が犯人じゃないか?という情報が流れた。

その理由は他人の飲み物を飲むなど私が「変わり者」だったからであり、誰がそんな事を言っているのだろうという気持ち。患者さんが病院で殺されてしまってショックだったのに、自分が犯人ではないかと疑われて、周囲の人間がそういう目で見ていたのかと思ったら、ショックが大きくなった。

 

久保木愛弓容疑者は他人の飲み物を飲むなど変わり者だったことが周囲でささやかれており、逮捕前から彼女が犯人なのではと疑われる理由にもなっていたようです。

かねてよりこの事件の犯人候補として、ネット上では3人の看護師が候補に上がっていました。

そのうち看護師Cという人物が周囲から「変わり者」として認知されていたのです。

他人の飲み物を飲んだかと思えば、他人が触ったボールペンすらも触れないほどの潔癖症だったとか。

 

彼女が常にマスクをしているのもそのような理由であるのでは?と言われております。

推測になりますが、潔癖症過ぎる久保木愛弓の中で、何かが弾けてしまい死が迫っている老人を殺害しようという考えに至ったのかもしれません。

似たような事件に相模原障害者施設での大量殺人事件がありましたが、この時の容疑者も障害者は生きていてはいけないという歪んだ考えの元に犯行を実行していました。

久保木愛弓にもそのような歪んだ考えが元々あり、病院で看護師として働く内に、積もっていくストレスや激務での披露も重なって、歪んだ考えが膨張していったのではないかと感じます。

しかしながら、久保木愛弓の行なった行為は殺人行為であり、供述どおり20人以上への関与があれば戦後史上最悪の殺人事件となります。

人の命を救う職業である看護師になったにも関わらず、このような事件を起こした久保木愛弓容疑者。

まさか、このために看護師になったのかもしれないという声もネット上にはあり、この事件の闇の深さを物語っているようです。

何がそこまで彼女を突き動かしたのか、今後の捜査で明らかになり次第、情報を追記していきたいと思います。

※追記

その後の報道で久保木愛弓の犯行動機が明らかになりました。

久保木愛弓は「自分が勤務の時に患者が亡くなると家族への説明が面倒だった」と話しているようです。

「患者の容態が急変するのを見るのが嫌だった」「自分がいないうちに死んでほしかった」などとも話していたという。

そのため、自分が退勤するタイミングで薬物を投与し、殺害していたのです。

住所と生い立ちについて

久保木愛弓の住所についてはある報道機関で「横浜市鶴見区上末吉5丁目」だと報じられています。

この地域をグーグルマップで確認してみましょう。

 

このごく狭い地域のどこかに久保木愛弓が住んでいたようです。

実家なのか、それとも一人暮らしなのかは判明していません。

しかしながら、久保木愛弓の過去のインタビューの内容から分かることがあります。

 

インタビューの内容がこちらです。

-今はどんな暮らしをしているのでしょうか?

仕事はまだしていないです。一度看護師として再就職したが、結局いろいろあって続かなかった。一度看護師から離れようと思って、別の職種で探している。ただなかなか見つからない。

引用:https://www.sankei.com

大口病院を退職したのは2016年の11月。その後再就職するも結局やめてしまいそれからは仕事をしていないとのこと。

仕事をしていないということは、一人暮らしをしている可能性は低く現在は実家に住んでいると考えるのが自然でしょう。

久保木愛弓の生い立ちについては、SNSなどが確認されておらず、横浜市に在住ということ以外は分かっておりません。

※その後の報道で久保木愛弓の生い立ちが明らかになりました。

久保木容疑者は小学校時代を水戸市で過ごしており、家族は両親と弟の4人家族。

小学生時代は「近所の子達が遊んでいるのを一歩引いてみているような、引っ込み思案な子だった」ようです。

父親の仕事の都合で神奈川県の県央地域に転居。

自宅から10キロ以上離れた秦野市の県立高校から、看護専門学校に進学。

10年前に看護師資格を取得し、看護師として勤務していました。

しかしながら、過去に流出している久保木愛弓の情報をまとめてみると

  • 変わり者だった
  • 他人の飲み物を口にすることもあった
  • 他人が使ったボールペンを触れないほど極度の潔癖症
  • 寝たきりの患者に暴言を吐いていたこともある

また、大口病院ではこの事件の前に看護師のエプロンが切り裂かれたり、従業員のペットボトルのフタに注射器のようなもので穴を開けられ、漂白剤のようなものを入れられるいじめが発生しています。

このいじめ行為の犯人が変わり者の看護師、すなわち久保木愛弓が犯人ではないかと言われており、このいじめで同僚の看護師が退職する事態にまでなっております。

 

もともと、他人を傷つける正確だったのか、それとも自身が過去にヒドイいじめを受け、その仕返しに自分よりも立場が弱い人間を狙ってこのような行為をしていた可能性もあるでしょう。

いずれにしても、寝たきりの患者さんに暴言を吐くなど、看護師としてあるまじき行為が多数確認されており、サイコパスのような人物像が久保木愛弓にはあるようです。

※追記

その後の調査でネット上で久保木愛弓の住所が特定されていることがわかりました。

事件現場について

事件現場はかつて「大口病院」でしたが、事件後に「横浜はじめ病院」に改名されております。

 

 

現在のグーグルマップでも看板を大口病院になっているようです。

この場所は 横浜線「大口駅」の徒歩圏内にある病院であり、現在では

  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • 内科
  • 神経内科
  • 小児科

の5部門がある病院です。

名称 特定医療法人財団 慈啓会 横浜はじめ病院
診療科目 内科、神経内科、整形外科、小児科、リハビリテーション科
病床数 85床 (一般42床、療養43床)
関東信越
厚生局への
届出事項
一般病棟入院基本料(地域一般入院料3)
療養病棟入院基本料
看護補助加算2
診療録管理体制加算2
感染防止対策加算2
入退院支援加算2
在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
神経学的検査
ヘッドアップティルト試験
運動器リハビリテーションⅠ
脳血管疾患等リハビリテーションⅢ
入院時食事療養Ⅰ・入院時生活療養Ⅰ
休診日 木、日、祝日、年末年始(12/30~1/3)
院長 鈴木 峻
住所 〒221-0002 神奈川県横浜市神奈川区大口通130
交通アクセス JR横浜線「大口駅」西口徒歩3分
TEL・FAX TEL.045-402-3333  FAX.045-402-3337

 

入院病棟は一般が42床、療養が43床あり、中規模の病院であることがわかります。

ネット上の反応

▶別の記事によると大口病院の在職期間は約1年だったそうですが、何のために看護師になったのだろう?
点滴異物混入の動機は?

 

▶20人超?
この女が看護師の資格とった目的はいったい何だったんだ?

 

▶完全にサイコパスなのか?このために看護師になったのだろうか?とにかく恐ろしすぎる事件である。

▶戦後最多の連続殺人鬼が早くも更新されるじゃないの(-。-;

 

▶精神鑑定は必要ないと思います

 

▶久保木?通名か?

▶点滴などを置く保管場所には監視カメラをつけて欲しい。
今はかなり安く買えるし、安物でも抑止力にはなると思う。

 

▶なんとなく、カレーの林ますみを思い出した
闇が深そうな事件

 

▶まだ若いのに、なんでそんなことを。
背景を調べて欲しい。

 

▶嫌な事件だね。動機は何だろう?
被害者も遺族もまさか病院で殺されるとは思わなかっただろう。
人の生命を守る職業の人、どんな理由があってもこれはダメだね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

※関連情報

▶久保木愛弓の看護学校や家族,高校はすでに判明丨住所が流出し自宅画像も公開

▶久保木愛弓の顔画像とFacebook!大口病院の犯人逮捕で名前公開