出典:twitter

大阪府在住の16歳結城海斗(ゆうきかいと)投手がメジャーリーグのロイヤルズとマイナー契約したことが報じられ、日本人初の中学卒業でのメジャー挑戦が報道され話題になっています。

結城海斗とはどのような選手なのか?メジャーに挑戦する16歳の顔画像やプロフィール、経歴などを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

結城海斗 メジャー挑戦の報道

日本の高校へ進学していれば、近い将来に甲子園を騒がせたような逸材が16歳でメジャー挑戦を決めた。米大リーグ、ロイヤルズと契約した結城海斗投手。日本のトッププロが実績を残してからフリーエージェント(FA)などで移籍するのとは違い、マイナーからはい上がる厳しい戦いを勝ち上がる覚悟だ。

日本のプロ野球が1、2軍という二重構造なのに対し、メジャーはピラミッド型。全30球団がルーキーリーグから1A、2A、3Aというマイナーを傘下に持つ。各球団に200~250人の選手が所属し、メジャー契約は40人で、うちベンチ入りメンバーはわずか25人だ。

結城投手もマイナー契約からのスタートで、渡米後は最底辺のルーキーリーグからの出発となりそうだ。

すそ野を広く持つメジャーの育成法は、実戦経験を積ませること。レベルに応じて振り分けられると、登板機会が得られ、その中で課題を克服して自信を培っていく。

ロイヤルズは、編成トップを担うゼネラルマネジャー(GM)をデートン・ムーア氏が務める。ブレーブス時代から選手育成に定評があり、16歳の長身右腕の育成手腕も注目される。

一方で、日本のプロとは違い、マイナーではトレーナーらスタッフが少なく、試合後の肩のケアなど自己管理の徹底も求められる。日本では厳しい環境に二の足を踏み、日本のプロを経てからメジャーへ行くことが既定路線にもなってきた。

若き右腕がどんな未来図を描けるか。新たな挑戦が始まろうとしている。

引用:産経新聞

スポンサーリンク

結城海斗選手について

出典:twitter

【名前】:結城海斗(ゆうきかいと)

【生年月日】:2002年?月?日

【年齢】:16歳

【身長】:187cm

【体重】:68kg

【ポジション】:投手

【所属チーム】:河南リトルシニア

 

16歳で身長が187センチと大柄で、ストレートの球速はMAX141キロ。

バッティングセンスもかなりのもので、チームでは3番か4番を打っていました。

twitterでも彼のことは以前から話題になっていました。

スポンサーリンク

メジャー挑戦の真相

日本では野球選手は高校に進学し、そこでプロになるかあるいは大学進学か社会人野球という選択肢があります。

メジャーにも日本のようなドラフト制度があるのですが、若くて有力な選手とは早い時期に契約することでも知られているのです。

2017年にはトロント・ブルージェイズが16歳の日系ブラジル人と契約し話題になりました。

トロント・ブルージェイズは2日(日本時間3日)に16歳の日系ブラジル人のエリック・パルディーニョ投手と140万ドル(約1億6千万円)の契約を結んだと『MLB.com』が報じた。

『MLBパイプライン』の海外選手の有望株ランキングで5位にランクインしているパルディーニョは右投げ右打ちの178センチ、70キロの投手で、昨年にニューヨークで行われたWBC予選ラウンドのパキスタン戦に登板し、15歳ながらも最速94マイル(約151キロ)を計測。一躍、MLBのスカウトの目に留まる存在となった。

ブラジルのバストスという町で2001年にブラジル人の父親と、日本人を両親に持つブラジル生まれの母親の間に生まれた日系3世のパルディーニョは、8歳で野球を始め、12歳でブラジルにあるヤクルト野球アカデミーで3年間“日本式”の投球術を玉木重雄氏などから学んだという。

最高球速は95マイル(約153キロ)というパルディーニョ。ブラジルの野球界を背負う存在として、今後の活躍が大いに期待される。

引用:https://www.baseballchannel.jp/mlb/34623/

16歳ですでに153キロのストレート・・・

彼は本物の怪物ですね。

また過去にも日本人選手が若い時期にメジャー挑戦したことがあります。

2006年には大阪市の島袋涼平内野手がブレーブスとマイナー契約。

2008年には日本プロ野球を未経験の田澤純一選手がメジャー挑戦を表明し「田澤問題」と呼ばれる騒動に発展しております。

このように過去にも若い年齢でのメジャー挑戦がありましたが、そのたびにMLBは有力選手の流出を防ぐために、様々な策を講じてきたのです。

最近では大谷翔平選手がMLBに入らずに、高校卒業から直接メジャー挑戦を目指しましたが、日本ハムの猛烈なプッシュにより日本球界に残り、満を持して2018年からメジャー挑戦をしているのです。

スポンサーリンク

メジャーの育成方法は日本人に合わない?

日本のプロ野球と違ってメジャーリーグはルーキーリーグ⇒1A⇒2A⇒3Aがマイナーリーグと呼ばれています。

1軍と2軍しかない日本とは違い、選手の能力次第で登板の機会が与えられ、マイナーと言えど他国の1軍並の選手が多数揃っているのです。

日本では2軍でもコーチやスタッフが教えてくれる機会が多く、実戦経験もある程度はつめます。

しかしながら、マイナーリーグではトレーナーやスタッフが下部の組織になればなるほど少なくなり、自分の体のケアや練習メニューも自分で考えることもあるという。

実践で使って育成するという方針であり、15~16歳でもプロの選手と対戦することで学生野球よりも経験値が積める利点がある。

ここで培った自主性はメジャーでも様々な場面で役に立つとされていますが、日本人は自分で考え行動することが比較的苦手とされており、ましてや若い内に何をしていいのかわからない人が多いのです。

そういったことから、日本人には合わないとされているメジャーの育成法。

大谷翔平選手もそういった点も考慮されて日本でプロ選手として契約しました。

 

ですが、そういった情報は結城海斗選手も知っていると思われ、球団側としても日本人にあったバックアップをすでに用意しているからこそ、ここまで若い年齢でメジャー挑戦を果たせたのではないでしょうか。

田澤純一選手が先駆者としていますが、ぜひ結城海斗選手には第二の田澤選手、なんなら田澤選手を超えるくらいの活躍を見せてほしいものです。

ネット上の反応

▶言葉、文化、差別の壁があると思うけど、頑張って欲しい。

 

▶ぜひとも色々な苦難を乗り越えて、活躍して欲しい。頑張れ~

 

▶日本人初の挑戦だし頑張ってくれ。
若くしてプロになった辻本みたいにはならないでくれよ。

▶夢があるね。

ただ人生野球だけじゃないぞ。
その後の方が長い。
しっかりと計画して頑張ってください。

 

▶16歳、いくら間違っても道が沢山ある
今は全力のチャレンジ応援してます。

 

▶凄い、16才で190cm!
親も子の機会を潰さずに送り出したのも偉い!
ぜひ、大谷と対峙してもらいたいね。
先の活躍が楽しみだ。

▶すげー
けどさすがに早すぎる気もする

かつて阪神が15歳の辻本選手をドラフト指名したことがあるけど、結局思うほど伸びなくて、鳴かず飛ばずのまま戦力外になったことがある

そうならないように頑張ってほしい

 

▶中卒でメジャーリーグへ挑戦は凄いことだと思う。
是非、チャレンジして開花して欲しい。

 

▶この子には第二の大谷、いや、大谷以上のメジャーリーガーになってほしい、
まだ中学生だからマイナー生活は長いと思うが努力すれば夢は叶う

最後まで読んでいただきありがとうございます。