2016年9月に横浜市の大口病院で患者二人が不審な死を遂げた事件で、逮捕された久保木愛弓(あゆみ)容疑者の看護学校や高校が話題になっています。

ネット上では看護学校がどこだったのか、高校や家族はすでに判明しており、住所や自宅の画像などもネット上には公開されていました。

スポンサーリンク

事件の詳細

横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で起きた連続中毒死事件で、入院患者の西川惣蔵(そうぞう)さん(当時88歳)に対する殺人容疑で逮捕された元看護師久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)が、「事件の2か月前から、複数の患者の点滴に消毒液を入れ始めた」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。死後に体内から消毒液成分が検出された西川さんら4人以外への混入も自供しているといい、神奈川県警は、事件の背景や動機の解明につながるとみて調べを進める。

中毒死した西川さんと八巻信雄さん(当時88歳)は、久保木容疑者が担当していた4階の入院患者で、2016年9月18日と20日に死亡した。同じフロアでは16日と18日、点滴投与中だった女性(当時78歳)と男性(当時89歳)も急死。4人とも、血液などから消毒液「ヂアミトール」の成分が検出された。

捜査関係者によると、久保木容疑者は逮捕前の任意聴取に対し、西川さんらの点滴にヂアミトールを混ぜたと供述。さらに、混入を始めたのは16年7月中旬からだと説明し、「20人くらいにやった」とも話したという。

引用:読売新聞

スポンサーリンク

久保木愛弓容疑者について

出典:twitter

【名前】:久保木愛弓(くぼきあゆみ)

【年齢】:31歳

【住所】:横浜市鶴見区上末吉5丁目

【職業】:無職・元看護師

【容疑】:点滴に異物を混入し、少なくとも入院患者1人を死亡させた殺人の容疑

【供述】:少なくとも20人以上を殺害。自分の勤務中に容態が急変するのが嫌で、亡くなった後に家族に説明するのも苦手だった。

※自宅の住所・アパート画像

※卒アル画像

▶小学校時代は茨城県水戸市で育つ。

▶家族は両親と弟の4人家族

▶引っ込み思案な性格だった

▶父親の仕事の都合で神奈川県の県央地域に転居

▶神奈川県立秦野曽屋高等学校を卒業

▶2008年に看護学校を卒業し看護師資格取得

▶性格は変わり者

久保木愛弓容疑者の顔画像はニュース番組すでに公開されておりました。

Facebookやtwitter、インスタなどは特定されておらず、情報がありません。

今後SNSなども含めて、新たな情報が入り次第公開していきます。

スポンサーリンク

高校はすでに判明している

報道によると久保木愛弓は神奈川県の中央部の高校に通っていたとのこと。

秦野市の高校だということは早くから報道されていましたが、どこの高校なのかネット上で調べられ、特定されました。

その高校は「神奈川県立秦野曽屋高等学校」です。

これは久保木愛弓の高校時代の卒アル写真が報道番組で公開されたことで、制服から高校が特定されたものであります。

スポンサーリンク

看護学校について

久保木愛弓容疑者は高校卒業後、看護の専門学校に通い看護師資格を取得したと報じられています。

では、彼女が通っていた看護学校はどこだったのでしょうか?

これについては、候補の看護学校がかなりの数あり特定までには至っていません。

ちなみに神奈川県だけでも以下のような看護学校があります。

偏差値 学校名 所在地 進学
情報
55 神奈川県立よこはま看護専門学校 横浜市旭区中尾1-5-1
54 聖マリアンナ医科大学看護専門学校 川崎市宮前区菅生2-16-1
54 横浜労災看護専門学校 横浜市港北区小机町3211
53 神奈川県立衛生看護専門学校 横浜市中区根岸町2-85-2
53 藤沢市立看護専門学校 藤沢市藤沢2-6-2
53 独立行政法人国立病院機構
横浜医療センター附属横浜看護学校
横浜市戸塚区原宿3-60-2
52 横浜市病院協会看護専門学校 横浜市港南区港南台3-3-1
52 相模原看護専門学校 相模原市新磯野4-1-1
51 横浜中央病院附属看護専門学校 横浜市南区中村町3-209-1
51 厚木看護専門学校 厚木市寿町2-2-4
51 横須賀市立看護専門学校 横須賀市上町2-36
51 神奈川県立平塚看護大学校 平塚市諏訪町20-12
51 横浜市医師会保土谷看護専門学校(第一看護学科) 横浜市保土ヶ谷区川辺町5-10
50 イムス横浜国際看護専門学校 横浜市緑区長津田6-20-24
50 横浜未来看護専門学校 戸塚区矢部町365-2
49 茅ヶ崎看護専門学校 茅ヶ崎市今宿390
49 湘南看護専門学校 藤沢市大庭5062-3
49 横浜中央看護専門学校 横浜市神奈川区新町11-1
49 横浜実践看護専門学校 横浜市神奈川区鶴屋町2-17-1
49 横浜市医師会看護専門学校 横浜市港北区菊名4-4-22
48 おだわら看護専門学校 小田原市久野115-2
48 横浜市医師会保土谷看護専門学校(第二看護学科) 横浜市保土ヶ谷区川辺町5-10
48 湘南平塚看護専門学校 平塚市富士見町5-17
48 小澤高等看護学院 小田原市本町1-1-17
47 神奈川衛生学園専門学校 横須賀市佐野町 2-34
47 積善会看護専門学校 小田原市曽我岸148

 

神奈川県の中央部に在住となると、東京の看護学校に通っていた可能性も十分考えられるので、今後新たな情報が入り次第、記事を追記していきたいと思います。

ですが、高校がすでに特定されているため、同級生の証言などから専門学校が判明する可能性も十分ありそうです。

家族が判明

戦後史上最悪の殺人事件とも言われている大口病院大量殺人事件。

少なくとも20人以上を殺害したと供述しており、その理由は「亡くなった経緯などを家族に説明するのが嫌だったから」という非常に自分勝手なもの。

その家族にも注目が集まっていましたが、産経新聞に以下のような記事がありました。

関係者によると、久保木容疑者は小学生時代を水戸市内で過ごした。両親と弟の4人家族で、一家が当時住んでいたアパートの管理人は「近所の子供たちが遊んでいるのを一歩引いて見ているような、引っ込み思案な子だった」と振り返る。

一家はその後、父親の仕事の都合で神奈川県の県央地域に転居。久保木容疑者は自宅から約10キロ離れた県立高校に入学した。この高校は福祉教育などに力を入れており、老人ホームで入居者らと交流を持つ機会もあったとみられる。

引用:産経新聞

両親と弟の4人家族。幼少時代にはおとなしい子供だったようです。

そんな人物がこのような大量殺人事件を起こすとは、人間の中の闇のような部分は見かけではわからない事が多いのでしょうか。

住所と自宅画像

ネット上ではすでに久保木愛弓の自宅や住所の情報も流出しております。

ツイッターで公開された住所についての情報がこちら。

 

自宅アパートの写真も公開されていますが、この場所を改めてグーグルマップで確認してみましょう。

 

 

このアパートの2階に久保木愛弓が住んでいたようです。

過去のインタビューで現在は、無職だと答えていましたがこのアパートは1Kであるため、一人暮らしをしていた可能性が高いです。

無職で収入はどうしていたのか、過去の貯蓄を切り崩して?親からの援助?失業保険で?

ネット上の反応

▶いまさら遅いが、
なら
なんで看護師になった?

 

▶20人以上
手に掛けたという報道もあるし
正気の沙汰じゃないね
極刑は免れない

 

▶手間が掛かるのが嫌だったら、その仕事辞めて欲しかった。どの仕事も手間が掛かるから次の職場でも殺人起こしたかも。

▶そもそも急変や看取りの無いクリニックとか医院をなぜ選ばなかったの?看護師なら山ほど求人あるでしょうに…

 

▶殺人者になる前に、仕事を辞めればいいと思うけど?
犯人がみつかって良かった。
時間がかかっても追い詰めた経緯が知りたい。

 

▶介護、看護に携わる者の適正検査と定期的な心理テストもすべき。
最近ホームや施設、病院での事故、事件が多過ぎます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。