生後6ヶ月の次男を暴行して殺害したとして自称アルバイト・松崎大治(まつざきたいち)22歳を逮捕しました。

松崎容疑者は事件当時長男と次男と3人で家にいたということで、嫁は仕事で外出していたようだ。

スポンサーリンク

事件の報道内容

 生後6カ月の次男を暴行して死亡させたとして、大阪府警捜査1課は12日、大阪市此花区西九条3、自称アルバイト、松崎大治(たいち)容疑者(22)を傷害致死の疑いで逮捕した。「何もしていない」と否認しているという。

逮捕容疑は昨年12月17日、当時住んでいた同市淀川区のマンションで次男に何らかの方法で暴行し、今年1月6日、急性硬膜下血腫などで死亡させたとしている。

府警によると、当時妻は仕事で外出し、松崎容疑者は次男と長男の計3人で自宅にいた。帰宅した妻が異変に気付いて119番した。司法解剖などの結果、次男の脳内が広範囲に出血していたほか、左腕の骨折や顔にあざなどもあり、府警は虐待とみて調べていた。

松崎容疑者は逮捕前、毎日新聞の取材に「トイレから戻ったらソファの上にいた次男が床に落ちていた。僕は(暴行)していない」と虐待を否定していた。

引用:毎日新聞

出典:FNN

スポンサーリンク

松崎大治について

出典:毎日新聞

【名前】:松崎大治(まつざきたいち)

【年齢】:22歳

【住所】:大阪市此花区西九条3

【職業】:アルバイト

【容疑】:次男に左手の骨折や顔にあざができる暴行を加え、死亡させた疑い

【供述】:容疑を否認

 

松崎大治の顔画像は報道当初から公開されておりました。

Facebookやインスタ、twitterなどを検索しましたが、犯人のものだと特定するには至っていません。

生後6ヶ月の子供に対して、脳内が広範囲で出血するなど日常的に虐待をしていたと見られている松崎容疑者。

容疑を否認しているものでありますが、状況的に松崎容疑者の犯行であることは間違いないでしょう。

妻が仕事で外出していたということですが、妻も虐待していたのかについても今後捜査が及んでいくでしょう。

スポンサーリンク

犯行動機について

事件の犯行動機については、松崎容疑者が容疑を否認しているため、現時点で発表はされておりません。

「自分は何もしていない」と供述し否認しているものですが、状況的に家にいたのは長男と次男、それに松崎大治の3人のみ。

「ソファに寝かせていたら落ちて大泣きした」

「あやしていたら暴れたため、手があごに当たった」

と供述しているようですが、それだけで脳内に広範囲の出血が確認され、死亡してしまうのかは大変疑問であり、嘘の供述をしているのではないかと感じる方も多いのではないでしょうか。

長男が何歳なのかは分からないが、それほど大きくないことを考えると、この長男がこれほどの暴行を加えることは考えにくい。

となると、状況的に松崎大治が犯行に及んだ可能性が高いにも関わらず、なにかを隠すような供述をしているのは、自分の中にやましいことがあることの裏返しなのではないだろうか。

「しつけのため」「言うことを聞かないから」「泣き止まないから」このような理由をつけて子供を虐待する親は、報道されているだけでも数多くいる。

しかしながら、自分への子供への虐待は究極の弱い者いじめだと言える。

この男も自分に力がないこと、社会人としてしっかりと正社員として仕事をしていないこと、妻が自分に目もくれず子供中心の生活になってしまったこと、こういった負の感情から脳内のバランスを取るために、弱いものをいじめ自分は強いんだと思い込もうとする弱いものの究極の対処法である。

父親よ、子供殴るよりまずは就職する努力をするべきだろ。

スポンサーリンク

妻や住所について

松崎大治の妻については外に仕事に出ている女性ということ以外には分かっている情報はないです。

共働きの家庭は近年は非常に多いものでありますが、子供がまだ6ヶ月の状況で妻も働きに出なければならないということを考えると、松崎大治の収入はかなり低いと考えるのが自然だ。

住所については報道で「大阪市此花区西九条3」だと報じられています。

 

大阪環状線 の「西九条駅」の付近にある住宅地が事件のあった現場です。

自宅マンションだと報じられているものでありますが、この地域には多数のマンションがあり特定にはいたっていません。

新たな情報が入り次第、追記していきたいと思います。

ネット上の反応

▶何故子供に暴行を奮う親が居るのか?
最近は多いな。

 

▶何を否認してるんだ?
やったのは間違いないと思う。

 

▶つくづく青少年の教育と教養は大切って思わされます。

 

▶何もしないなら 帰れっ!

 

▶6ヵ月の赤ちゃんによく虐待なんてできる神経がわからない 。

 

▶傷害致死ではなく、殺人罪だろ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。