出典:BuzzFeed

人気YouTuberのはじめしゃちょーさんが「BuzzFeed Japan」のインタビューに答え、YouTuberの仕事に対しての責任について語りました。

はじめしゃちょーは仕事に対してどのような責任感を持っているのでしょうか。

スポンサーリンク

はじめしゃちょーのインタビュー

はじめしゃちょー、25歳。好きなことを、仕事にしてわかったこと
好きなことで、トップに立った人。はじめしゃちょー、25歳。チャンネル登録者数は640万人、Twitterのフォロワー数は390万人以上。その登録者数はYouTuberの第一人者であるHIKAKINに並び、フォロワー数は、有名芸能人にも引けを取らない。1つ動画を出せば100万再生を超え、なんてことないツイートには1万以上の「いいね」がつく。彼の動向には、常に大きな注目が集まっているのだ。

引用:BuzzFeed

スポンサーリンク

はじめしゃちょーの責任とは?

はじめしゃちょーはYouTuberという仕事をする上で、仕事に対しての責任をどの様に考えているのでしょうか?

「責任を感じるようになってからわかったんですけど、YouTuberというクリエイターは見てもらうお仕事なので、なんでもかんでもやっていいわけではないんですよね」

コンビニに売っている飲み物をすべて買い、混ぜて飲んでみたり。メントスを体中に貼って、コーラで満たされたお風呂に入ってみたり。

仕事としてやっている以上、自分のことだけを考えるわけにはいかない。画面の向こう側にいる、何百万人もの視聴者のことを考えなければいけなかった。

「見ている方がどう感じるのか、僕がしたいことをどうやって表現するのか。前は『純粋にやりたいことをやろう』という考え方だったのが、『僕がやりたいことをどうやって工夫して、動画で表現しよう?』という思考に変化していきました」

そこにいたのは、天真爛漫に、ただ好きなことだけで生きているような無責任な男ではない。

引用:BuzzFeed

スポンサーリンク

はじめしゃちょーの責任まとめ

はじめしゃちょーの仕事に対しての責任をまとめてみました。

  • 大学を卒業してから責任感が芽生えるようになった
  • 何でもかんでもやっていいわけではない
  • 自分のことだけを考えず、常に視聴者の立場で考えるようになった
  • 自分がしたいことをどうやって表現するか
  • 毎日動画を投稿すること

好きなことを自由奔放にやっている、やりたいことをして生きている。

YouTuberにはそんなイメージがありますが、トップクラスのYouTuberであるはじめしゃちょーさんは、様々な葛藤や責任と戦っていたのです。

動画投稿を趣味ではなく、「仕事」として向き合っていく真面目さこそが、はじめしゃちょーさんの一番の魅力なのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

はじめしゃちょーのプロフィール

出典:twitter

【名前】:はじめしゃちょー

【本名】:江田元(えだ はじめ)

【出身】:富山県砺波市

【生年月日】:1993年2月14日

【年齢】:25歳

【身長】:186cm

【血液型】:AB型

【所属事務所】:UUUM

【デビュー】:2012年

【メインのチャンネル登録者数】:約640万人

 

 

 

ネット上の反応

最後まで読んでいただきありがとうございます。