出典:CNN

香港から中国本土へ向かっていた中国国際航空機が、突然飛行中に急降下したことが話題になっております。

その急降下した理由というのが驚きの内容だったのです。

スポンサーリンク

中国国際航空機 急降下の内容

北京(CNN) 香港から中国本土へ向かっていた中国国際航空の旅客機で、突然機内の気圧が低下して機体が6000メートル急降下するハプニングがあった。操縦士がコックピットで喫煙していてうっかりスイッチを押し間違えたという情報があり、中国民用航空局が乗員から事情を聴くなどして調査を行っている。

ハプニングは乗客153人と乗員9人を乗せて大連へ向かっていた中国国際航空のCA106便(ボーイング737型機)で10日に起きた。搭乗していた乗客のスマートフォンに記録されたGPSデータによれば、同機はわずか9分足らずの間に高度1万メートルから4000メートル以下へと急降下していた。

中国の民間航空当局によると、同機はその後、大連に無事到着した。

中国国営メディアは業界関係者の話として、乗員が航空規則に違反してコックピット内で喫煙したことが原因で、機内の気圧が低下したと伝えた。さらに2つのスイッチを押し間違えたために、機体が急降下したという。

間違いに気付いた乗員が再びスイッチを入れたため、同機は再び7500メートルまで上昇。しかし気圧の低下によって機内の酸素濃度が低下し、乗客は酸素マスクを着けるよう指示された。

中国国際航空は11日、乗員が中国民用航空局の捜査を受けていることを確認した。航空規則違反が明らかになれば厳重に処分するとしている。

中国民用航空局は、同機の機内を検査し、乗員から事情を聴いたことを明らかにした。飛行データやコックピットの音声を記録したブラックボックスの解析も進めている。

引用:CNN

スポンサーリンク

急降下の理由がひどすぎる

乗客150人以上を乗せていた中国国際航空機が急降下した理由について、操縦士がコックピットで喫煙をしており、うっかりスイッチを押し間違えたという情報があるのです。

これが事実ならば言語道断であります。

ご存知の通り航空機内は客席やトイレ問わず、全て禁煙となっており火災発生などのリスクを無くすことが主な理由であります。

にも関わらず、操縦士がしかもコックピット内で喫煙をしていたとなれば、乗客・乗員の命を預かる人間としてあるまじき行為であり、無事に到着しましたが殺人未遂になる可能性も十分あるのではないでしょうか。

ハプニングではないよすよね。
重大インシデントですよね。

 

まあ、中国なら驚かないな。
中国や韓国の飛行機には乗らない。それが最大の自己防衛。
飛行機でのトラブルはシャレにならないからね。

 

日本だと、「重大インシデント」に該当するかも。

 

それ以前に精密機械満載の場所でタバコ吸う神経がどうかしてるわ。
タバコのヤニの影響で調子悪くなる事態とか考えられんのか?

ネット上の反応

▶中国のベテランパイロットなら驚かない

 

▶パイロットが喫煙かい?

 

▶中国でしょ?こんなの、氷山の一角としか思えない。飛行機は良くても、それを扱う人間の質が伴わないと事故は減りません。

▶命が惜しければ、中国機には乗らない方がいいな。機体も古そうだし。

 

▶ナッツリターンよりスモークダウンの方が大事だと思う。

▶今回だけじゃないんだろうね、コックピットでの喫煙が日常化していたことがよくわかりました。

 

▶たまたま無事着陸出来たものの、そんなにタバコが吸いたいなら、そもそもパイロットは向いてない。
お願いだから転職して下さい。

▶中国国内の移動に高速鉄道は危険だし航空機も危険となると自動車だけ?でも自動車も事故多そうだし徒歩でも轢き殺される動画よく見るし
行くべきじゃないな

 

▶誰も見てなきゃ何やってもいい。
そう言う国民性なんでしょう。

 

▶こういう記事をみると、まだまだ発展途上国だと思ってしまう

最後まで読んでいただきありがとうございます。