出典:twitter

サッカーワールドカップロシア大会、フランスVSクロアチアの試合中にピッチに乱入した人物は、ロシア出身のロックバンド「プッシー・ライオット」だということが分かりました。

プッシー・ライオットのメンバーはなぜW杯決勝に乱入したのでしょうか?

スポンサーリンク

プッシー・ライオット W杯決勝乱入報道

2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝が15日に行われ、クロアチア代表を4-2で下したフランス代表が、20年ぶり2度目の優勝を果たした。この試合では、51分頃に観客がピッチに乱入。スタジアムは騒然となったが、あるバンドグループが“犯行声明”を出している。

決勝の舞台で騒動を巻き起こしたのは、ロシア出身の女性ロックバンド「プッシー・ライオット」。過去にはウラジミール・プーチン大統領の再選に対する抗議活動としてロシアの大聖堂で無許可のゲリラライブを行うなど、過激な反体制活動を行ってきた。

今回のピッチ乱入もその一環だった模様で、同バンドは公式ツイッターに「全ての政治犯を解放せよ」、「集会での不当な逮捕をやめろ」などと記した画像を投稿。プーチン政権に要求を突き付けている。

なお、そのプーチン大統領は決勝をスタンドで観戦していた。決勝の舞台を台無しにする行為には、開催国のトップとしても心中穏やかではなかっただろう。

引用:サッカーキング

スポンサーリンク

プッシー・ライオット W杯決勝乱入の動画

プッシー・ライオットがW杯の決勝戦の試合中に乱入した動画がこちらです。

これに対してフランスのエムバペ選手は何がなんだか分からずに、ハイタッチする姿が映し出されています。

その表情を捉えた画像では、仕方なさそうにハイタッチするエムバペ選手の表情がありました。

スポンサーリンク

クロアチアの選手が激怒

この乱入者に対してクロアチアののロブレン選手が激怒し、乱入者を追い出そうとすごい剣幕で掴みかかっている様子が映し出されています。

スポンサーリンク

プッシー・ライオットとは?

今回乱入した「プッシー・ライオット」とはどのような方々なのでしょうか?

ロシア出身のパンクロックバンドであり、2011年から現在まで活動しています。

メンバーは6人であり、過去にはモスクワの救世主ハリストス大聖堂で即興のライブを行いメンバー3人が逮捕されております。

出典:twitter

今回の事件についても自身のtwitterで犯行予告が投稿されていたのです。

その内容は「すべての政治犯を開放せよ」「集会での不当な逮捕をやめろ」といった内容でした。

こういったことを主張することは悪くないことですが、それをアピールするために試合中のスタジアムに乱入したり、大聖堂でライブを行うというやり方は決して褒められたものではなりません。

このような行為をして、自分たちの考え方を主張しても頭のおかしい人間がなにか吠えている程度にしか思われないことを彼女らは把握するべきです。

自分たちの考え方に誇りを持っているのならば、このようなテロのような行為はせず、堂々と主張するべきではないでしょうか。

今の時代、SNSや動画の投稿など一般人でも考えを発信する方法はいくらでもあるのですから。

ネット上の反応

▶その後、彼らと警備責任者の姿を見る者はいなかった。

 

▶こう言う事の行き着く先が無差別テロになるのだろうね

 

▶こういう人たちはこういった行為をして誰の賛同を得られると思ってるのかな?

 

▶プーチンは許さないだろうね

▶無関係な選手達に努力や想いをすべて踏みにじった最低の行為だわ

極刑にしてほしい

 

▶中継見ててシラけたのは確か、せっかくサッカーに集中してたのにゲンナリした。

▶こんな悪質なバンドのCDや曲の購入(ダウンロード)は絶対にしてはいけない。

 

▶プーチン、こういう輩は始末してくれても構わない
まあ3日後くらいに交通事故にあってるかもしれないけど…

 

▶理解不能。まあ、70億人も人間がいるんだから、こういう変わった人間もいる、ということ。
だけど、こんな酷い迷惑を、かけてはダメだ。社会人として、重いペナルティは絶対に必要。

最後まで読んでいただきありがとうございます。