出典:NAVER まとめ

アジカンこと「アジアンカンフージェネレーション」のボーカル・後藤正文さんが、ライブの来場客に対して注意喚起を行ったことが話題になっています。

その内容とはどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

アジカン後藤 注意喚起の内容

 ロックバンド「アジアン・カンフー・ジェネレーション」のボーカル後藤正文さん(41)が、ライブに来る子供たちへの大音量の影響が心配だと自らのブログで訴え、反響を呼んでいる。

「アジカンからのお願い」。

後藤さんは2018年7月18日、こんなタイトルでブログを更新した。

■ツアーでは、両親と一緒であっても敢えて声かけ

そこでは、バンドのライブで最近、未就学児や小学生を見かけることが増えたとし、

「スピーカーから出る音の音量を考えると、はっきりと子どもたちの耳には良くない」

と問題を指摘した。大人でも、スピーカーの近くにいれば、一時的に耳鳴りや難聴の症状が出るほか、バンドのメンバーでさえ、ライブの後はその症状が出るという。

6月からのツアーでは、子供が安全とは言えないポジションにいて、両親と一緒であっても敢えて声かけをしたという。今後、ライブハウスのような狭い会場では、子供の入場制限をせざるをえない可能性もあるとしている。

ただ、バンドとしては、家族で音楽を楽しんでほしいとの思いがあり、次回のツアーからは、子供用防音ヘッドフォンのイヤーマフや音楽用耳栓のイヤープロテクターを持ってきてもらうことにした。それらの着用を入場チェック事項に盛り込むという。忘れた場合などには、貸し出すことも考えているそうだ。

「聴力のダメージ、取り返しつかないこと多い」
後藤さんは、

「聴力のダメージは取り返しがつかないことも多いです。守ってあげてください。そして、防音のイヤーマフをしていても、子どもたちにとって、その場所が安全かどうかは十分に注意しながら、楽しんでください」

と呼びかけている。

ツイッター上などでは、

「私も1ヶ月前に突発性難聴になってから、耳栓の大切さを知りました」「音楽を楽しむためには、何より安全ですものね!」「耳栓した方が音がはっきり聴こえ、ダメージも少ない」

といった声が寄せられている。

引用:https://www.j-cast.com/

スポンサーリンク

ブログでの注意喚起内容

アジアンカンフージェネレーションの後藤さんは自身のブログで「アジカンからのお願い」というタイトルで、ライブでの大爆音が子供の耳へ大きな影響を与えることを指摘。

スピーカーから出る音の音量を考えると、はっきりと子どもたちの耳には良くないことも事実だと思います。大人でも、スピーカーの真ん前で大きな音を浴び続ければ、一時的に耳鳴りの症状が出たり、音が聞こえづらくなることもあります。演奏している俺たちも、コンサートのあとは耳が少し聞こえにくくなりますから。

今回のツアーでは、いくつかの会場でライブに集中できない事態に遭遇しました。端的に言えば、安全とは言えないポジションに無防備な子どもがいました。両親と一緒とはいえ、声をかけざるを得ませんでした。

「はじめから児童の入場を拒めばいいのでは?」という意見はもっともだと思います。特にライブハウスでは、今後、そういう選択をせざるを得ない可能性もあります。

ただ、バンドとしては、なるべく扉を閉じたくない。子育て世代に仕事や育児の隙間でどうにか作った時間を楽しんでもらえる場でありたい、という思いがあります。

引用:http://gotch.info

後藤さんも書いていますが、だったらライブに子供を入れなければいいのでは?という声もありますが、後藤さんはなるべく門は閉じたくないとのこと。

バンドとしては、子どもたちのコンサートへの参加は基本的にウェルカムだということをまずは記します。できれば、年齢制限を設けたくないというのが俺たちの意見です。

俺たちは次のツアーから、イヤーマフ(子ども用の防音ヘッドフォン)の貸し出しを始めようと思います。けれども、それは忘れた人や、そもそもそうした器具の存在を知らなかった人たち用だと考えてください。また、子どもたちの耳を守る必要性を知ってもらうためにも貸し出しを行います。同時に、児童のイヤーマフの着用を入場時のチェック事項に盛り込むつもりです。

子どもと一緒にライブに来る人は、ライブハウスやホールといった会場を問わず、必ずイヤーマフや耳栓(イヤープロテクターで検索すると音楽用のヤツがみつかる)を自分たちで用意してください。そんなに高価なものではありませんので。

引用:http://gotch.info

スポンサーリンク

イヤーマフについて

出典:https://h-navi.jp/column

イヤーマフとは耳全体を覆うタイプの防音保護具です。

子供や聴覚過敏と呼ばれる、一般の人よりも音が大きく聞こえてしまう方用の防音具であり、大きな音が苦手な方には必需品とも言えるアイテムなのです。

一般的に聴覚過敏とは注意していないと聞き取れないような話し声や雑音なども聞き取れてしまい、大きな音の影響でまるで虫歯の治療でドリルが神経に当たるような強烈な痛みを感じる方もいるのです。

また、大きな音に対しての耐性がないため、難聴など耳の機能になんらかの障害が発生することも珍しくないのです。

小さい子供も基本的に聴覚が敏感であり、花火大会やゲームセンターなどの大きな音が苦手とされており、頭に響くような感覚を覚えるため、こういった器具を使うことが推奨されています。

ネット上の反応

▶ライブハウスは大音量はもちろんの事、薄暗いしアルコールとタバコがある環境が多いから子連れはダメだと思う。
出演者もMCに気を遣うでしょ!
夜、大人が楽しむ場所に子供の姿は違和感でしかない。
せめて16禁くらいで。

 

▶よくライブで3歳以上チケット必要って書いてるし、会場でそんな子供連れて来てる親子見るけどやっぱり危ないと思う。以前バクチクの今井さんがそんな子供連れて来てたけど耳大丈夫か?とブログで書いていたが、そう思うなら入場制限設けるべきじゃないかなと思います。

 

▶私の友人はスピーカーに近い席で難聴になりました。
好きで行ってるから自己責任なのは承知ですが、全然他人事ではないです。
親御さんには子供に配慮をしてもらいたいと思います。

▶大好きなアーティストに
こんなこと言わせる、考えのない親!
好きなものは共有したいとでも
言うんだろうが、ライブハウスの大音量が
子供の耳によくないの、誰でも分かるよね?

 

▶親のモラルってなんだろうね
夜の居酒屋に子供もそうだけど、親がついてればなんでもいい訳ではない
子供にふさわしくない場所だってある
親がライブに行くなとは言わないが、そうなら子供は信頼できる人に預けるべきでしょう

 

▶うちの妹夫婦は1歳の子を連れて、よくライブに行ってます。イオン内とか広い野外ならまだいいのかな?と思うけど、屋内になるとやっぱ広くはないし、狭い空間の中で行われるライブに多くて月4回とか行ってて、大人でも耳が変になるのに子供連れてよく行くな、といつも思う。親の自己満足でそれに付き合わされてる子供。子供もこの歌好きなんだよ!とか言ってるけど、1歳じゃまだわからないし、子供に負担がかかるってことを考えないんだろうか、と思う。

▶子供向けの曲があるバンドはホール公演にしたり子供向けに音量を下げた公演にするとええかもな。
そう考えると、20年以上前に託児所を考えた渡辺美里さんは先見の明ありすぎる。

最後まで読んでいただきありがとうございます。