出典:twitter

弁護士の大渕愛子さん(40)が、自身のブログに書き込まれた妊娠・出産についての誹謗中傷について警告したことが話題になっています。

大渕愛子さんは俳優・金山一彦さんの妻で、現在第3子を妊娠中です。

スポンサーリンク

大渕愛子 警告の内容とは

俳優金山一彦(50)の妻で第3子妊娠中の大渕愛子弁護士(40)が、自身のブログコメント欄に書き込まれた誹謗(ひぼう)中傷コメントを公開し、「このような発言については、しかるべき責任を取ってもらう必要があるのかなと思っています」と警告した。

大渕弁護士は「すごいコメント!」と題した20日更新のブログで、差別用語を用いて大渕氏を中傷した、同一人物による2つの書き込みを公開。「帝王切開や高齢出産を侮辱することで、自分が優位に立ったような気がして、よほど、気持ちいいのでしょうか…」と嫌悪感を示し、「いずれにしても、今後同じような発言を受ける人たちのためにも、このような発言については、しかるべき責任を取ってもらう必要があるのかなと思っています。『嫌ならプライベートなことを書かなければいい』という意見もあるかもしれませんが、嫌とかではなく、さすがにこれは度を超えているな…と思います」と法的措置を取る構えを見せた。

21日更新のブログでは、多くのファンから励ましの声が寄せられたことに感謝。誹謗(ひぼう)中傷コメントを公開した理由について「実際、同じような言葉遣いで、酷いコメントを受けた方が多数いらっしゃいました。それを確認することができて、なおさら、放置しておくのはよくないと改めて思いました」「削除してしまったり、スルーしてしまえば、やり続けるでしょうから。また、この方に限らず、心無い無責任なネット上の発言の抑止力になることも期待して」と説明し、法的措置については「時間や労力の問題があるので、タイムリーにできるか…というところですが、早めに時間をつくり、まずは警察に相談したいと思います」とした。

引用:日刊スポーツ

スポンサーリンク

問題の批判コメント

大渕愛子さんが警告するほどの批判コメントとはどのようなものなのでしょうか?

この内容は7月20日に自身のブログで「すごいコメント!」とのタイトルで公開しています。

その内容がこちら。

出典:アメブロ

これらはすべて同じ人物から投稿されているようです。

批判というよりも、限度を越えている発言はただの誹謗中傷ですね。

これでは、大渕愛子さんが警告し「法的処置も検討している」と発言したのも無理はありません。

というか、この書き込みをした人物はかなり幼稚な思考の持ち主なのでしょうか?

それとも、本当に小学生くらいの人物が書き込んだのでしょうか。

書き込みをした人物の精神状態も含めて大丈夫なのか心配になるところであります。

ネット上でのこういった発言も、立派な犯罪になり逮捕されるケースはここ数年間で急増しております。

その背景には警察のサイバー犯罪への対応力の向上、各プロバイダーの協力体制の強化などが要因として挙げられ、ネット上の書き込みから事件の犯人が逮捕されることも増えてきました。

当然のこのような書き込みをした人物は住所などが特定されるものであります。

ネットカフェでしたら監視カメラから発覚し、スマホなどでも野外での通信記録からスマホの持ち主まで発覚するため、バレないとたかをくくるのは絶対に辞めたほうが懸命でしょう。

スポンサーリンク

大渕愛子のプロフィール

出典:日本綜合経営協会

【名前】:大渕愛子(おおぶち あいこ)

【出身地】:東京都

【生年月日】:1977年8月12日

【年齢】:40歳

【職業】:弁護士、タレント

【出身校】:中央大学

【配偶者】:金山一彦

【家族】:夫、長男、次男

ネット上の反応

▶どんどんやればいいと思う
弁護士以外の人もどんどんやればいいと思う

 

▶このかたは別に好きでないが、この件に関してはどんどん攻めてほしい。

 

▶見てきたけど、あれはひど過ぎる。
徹底的にやっていいレベル。

普段こういう問題にアドバイスする側として、「こういう毅然とした対応をしてください」というお手本を見せてほしい。
大渕さんをタレントとして見ちゃってのことだろうけど、冷静に考えてプロ(弁護士)に喧嘩吹っかけてバカじゃないかと思う。時間や労力も軽くはないと思うけど「反省はしてもらったようなので・・・」とかの曖昧な形でなくきちんとやってほしい。

 

▶この方、弁護士だったねー
度を越えちゃった人は
ぷるぷる震えて待つのね。

 

▶警告だけじゃなくビシッと吊るし上げましょう。いけないことはいけないと教えないと。親としても弁護士としても。でも自分もいけないことはしちゃったんだっけ?

▶知識もあるし率先して法的措置を行ったら良いと思います。
あとは何でもかんでもSNSにあげない勇気も必要ですよ。
SNSで情報を得る事も多いですが、有名人だからこそお子さんへのリスクも大きいと思います。

 

▶弁護士に対してすごい度胸ですよね。
一度、痛い目見せた方がいいでしょうね。

 

▶何かしらの制裁を課さないと酷くなるよ。
芸能人も黙ってなくていいと思う。

 

▶誹謗中傷している方の精神状態が心配になるくらい酷い内容だった。
大渕さんには前例を作って欲しい

▶大渕さんはたまたま弁護士という職にあるから
『法的措置』に踏みきれるけど、
何も打つ手無く泣き寝入りしてる人もいると思う
匿名で攻撃してくる卑怯者には
毅然とした態度で臨んで欲しい

 

▶やった方がいいね。
ちょっと懲らしめた方がいいなと思う野蛮人が時々、出没する。

最後まで読んでいただきありがとうございます。