出典:eプラス

タレントの三宅裕司さんが過労により療養することが大きな話題になっております。

過去には前立腺肥大や椎間板ヘルニアなどの病気を経験している三宅裕司さんが、療養する事になった理由とは何だったのでしょうか。

スポンサーリンク

三宅裕司 療養の報道

タレントの三宅裕司(67)が22日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「三宅裕司のサンデーヒットパラダイス」(日曜前9・00)に電話出演し、過労のため療養することを報告した。

三宅は番組冒頭に電話で出演し、アシスタントの江口ともみ(50)、代役の小倉久寛(63)とトーク。小倉が「三宅さんは過労のため療養でお休みです」と報告し、三宅との電話をつないだ。

「どうも療養中です。元気は元気なんですよ」と明るい声で電話に出た三宅だったが、6月上旬に「お腹がぽっこり出た」ために病院を受診したところ、尿が前立腺肥大で出なくなり、膀胱が腫れていたと診断されたことを報告。「この1年、スケジュール入れすぎまして」と、今年に入って伊東四朗(81)とのコントライブ「死ぬか生きるか!」や主宰する熱海五郎一座の舞台「船上のカナリアは陽気な不協和音」で大忙しだったといい、「お医者さんから“頭を使いすぎ”“何も考えずにボーッとしなさい”と言われた。どんどん体が悲鳴をあげている」と明かした。

「腎臓の数値を下げるために何もしないでボーッとしている。良くなったら手術ができる。もうちょっとしたら元気な体になる」と明るい声で話した三宅。小倉は「ボーッと仕方を教えてあげますから」とボケながらも盟友をいたわっていた。

三宅は2011年7月には長年患っていた腰椎椎間板ヘルニアの手術を受け、治療に専念するために長期休養。翌年1月に同番組で復帰した。

引用:スポニチ

スポンサーリンク

三宅裕司 療養の原因は前立腺肥大症か?

三宅裕司さんは前立腺肥大で尿が出なくなったと書かれていますので、彼の病気は「前立腺肥大症」だと見て間違いないと思われます。

この病気の特徴は40歳過ぎから前立腺が徐々に肥大していき、尿道や膀胱を圧迫することで尿の通り道を押しつぶしてしまうのだそうです。

▪主な症状

  • 夜間何度も起きてしまう
  • 尿が全くでなくなる
  • 尿失禁が起きる
  • 膀胱結石ができる
  • 腎臓の機能が悪くなる

このような症状がある病気であり、薬での治療もできますが手術で肥大している部分を取り除くことで治療ができるものです。

最近ではレーザーでの切除も一般的になっておりますが、三宅裕司さんの場合は手術するための体力が十分でないため、大事を取って療養をしているようです。

まだまだテレビにラジオに活躍してほしい三宅裕司さん。早く元気になった姿がみたいですね。

三宅裕司さんは毎週日曜の朝7時から放送している「健康カプセル!ゲンキの時間」にも出演していますが、降板はしないものの、しばらくは出演はしないと思われます。

スポンサーリンク

三宅裕司のプロフィール

出典:女性自身

【名前】:三宅裕司(みやけ ゆうじ)

【出身地】:東京都千代田区

【生年月日】:1951年5月3日

【年齢】:67歳

【身長】:176cm

【血液型】:B型

【デビュー】:1973年

【所属事務所】:アミューズ

 

ネット上の反応

▶私も半年ほど前、下腹部に違和感を覚え、診てもらったら前立腺。
漢方薬をもらい、しばらく様子を見ることに。
すると2ヶ月ほどで、医師も驚くほど数値が改善しました。
あとで聞くと、結構大きくなっていて、がん化する可能性もあったとか。

三宅さん、ゆっくり養生してください。
独特の語り口の復活、待っています。

 

▶暑さも影響して水分量も普段と変わるし
体調を崩しやすいかもしれない

 

▶多分今は前立腺肥大だけど油断してるとガンに進行する可能性を秘めている状態なんだろうな。
食い止め抑え込むことが大切な時期。

 

▶いつの間にか67歳。お元気なので気づかなかった。大病じゃないといいなあ。ゆっくり体調整えて欲しい。

▶今朝の健康カプセル見てて、なんかお疲れになってるのかなあと
感じてました。健康の番組に出てて気を付けていても、病気は静かにやってきて怖いものですね。まりなちゃんも少し疲れ気味にみえます。働きすぎないで。

 

▶ちょうど、昨晩に伊東四朗さんとの共演の『熱海五郎一座』の特集番組やっていたけど、あのセリフの多さには驚きました。

ゆっくり療養して欲しいです。

▶酷暑もあると思う。
休むときはキチンと休んだ方が良い。

 

▶病気になった時は神頼みして絶対健康第一と思うけど治るとすぐ忘れる

最後まで読んでいただきありがとうございます。