出典:ロケットニュース24

2020年の東京オリンピック・パラリンピックのマスコット名が決定したことが報じられました。

その名前は「ミライトワ」と「ソメイティ」。

マスコット名決定にネット上では微妙な反応が広がっております。

スポンサーリンク

東京五輪 マスコット名決定報道

2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会マスコットの名前が発表され、お披露目イベントが行われた。

オリンピックマスコットの名前は、素晴らしい「未来」を、「永遠(とわ)」にとの願いを込めて「ミライトワ」。

パラリンピックマスコットの名前は、桜の「ソメイヨシノ」と、非常に力強いを意味する英語の「so mighty」から生まれた「ソメイティ」。

マスコットの名前は、審査会をへて決定したもので、未来を感じる、強そうなど、投票した小学生の声も生かされた。

22日からは、公式グッズの販売も始まり、マスコットが大会の顔として機運を盛り上げる。

引用:FNN

スポンサーリンク

ミライトワとソメイティの画像

こちらが東京五輪のマスコット名が決定した「ミライトワ」と「ソメイティ」の画像です。

出典:FNN

キャラクターのデザインは2018年の2月に決定したものであり、最終選考で3作品に絞られていました。

その3作品の画像がこちら。

出典:https://thepage.jp/

この中から全国の小学生の投票が行われ

  • ア案:109041票
  • イ案:61423票
  • ウ案:35291票

でア案が大差をつけて選出されました。

デザインの評判について当時のコメントは

  • まあ一番妥当かな
  • よかった♪( ´▽`)次は名前だね。
  • この中ではこれだよね

という声が挙がっていました。

しかし今回の名前についてネット上では「微妙」という声も多く挙がっていました。

スポンサーリンク

ネット上の反応

▶溢れ出るポケモン感

 

▶若いもんの感性にはついていけない、太郎と花子でいいと思うけどなぁ

 

▶パラリンピックの名前はなぜ英語から使うんだ?

▶これも時代の変化か。

 

▶なんか縁起の悪い名前。「〇〇とは」という言い回しは、「〇〇」を失う(見失う、迷う)という前提で使う印象が強いんだけどね。

▶シンゾーとアッキーでいんじゃね?

 

▶おそらく、定着する前に廃れる。

最後まで読んでいただきありがとうございます。