出典:Share News Japan

自民党の杉田水脈(すぎた みお)議員がLGBTに対して「生産性がない」「支援の度が過ぎる」などと批判的な寄稿文に批判殺到したことがネット上で大きな話題になっています。

杉田水脈議員の寄稿文とはどのような内容だったのか。

なぜこのような文章を公開したのでしょうか。

スポンサーリンク

杉田水脈 批判殺到し炎上

「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題して持論を展開した自民党・杉田水脈衆議院議員の寄稿文が、批判を浴びている。性的マイノリティを支援する全国団体「LGBT法連合会」は7月23日、声明を発表。杉田議員の主張は事実誤認が多く、「困難を抱えている当事者に対して侮辱的・屈辱的とも取れる内容であり、許容することができない」と強く抗議した。

「LGBTは生産性がない」自民・杉田水脈議員の寄稿文に、当事者団体が抗議
自民党の杉田水脈・衆議院議員
「国会議員としての資質疑う」
問題となった寄稿文は、月刊誌「新潮45」2018年8月号(新潮社)に掲載された「日本を不幸にする『朝日新聞』」という特集の一環。

「朝日新聞や毎日新聞といったリベラルなメディアはLGBTの権利を認め、彼らを支援する動きを報道することが好きなようですが、違和感を覚えざるをえません」と書き出されている。

LGBT法連合会は、声明で「当事者の人権を侵害するだけでなく、現実に存在する『性の多様性』を無視し、与野党や各種団体が進めている施策の実施に反し、国会議員としての資質に疑問を抱かざるを得ない」と、杉田議員を強く非難。

引用:BuzzFeed

スポンサーリンク

杉田水脈の主な主張内容

出典:Share News Japan

杉田水脈議員が寄稿文で公開した文章の中で、LGBTについての主な主張がこちらです。

1.「LGBTだからといって、実際そんなに差別されているものでしょうか」
「最近の報道の背後にうかがわれるのは、彼ら彼女らの権利を守ることに加えて、LGBTへの差別をなくし、その生きづらさを解消してあげよう、そして多様な生き方を認めてあげようという考え方です」

「しかし、LGBTだからといって、実際そんなに差別されているものでしょうか。もし自分の男友達がゲイだったり、女友達がレズビアンだったりしても、私自身は気にせず付き合えます」

 

2. 「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」
「例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります」

「しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか」

 

3.「不幸な人を増やすことにつながりかねません」
「LGBは、性的嗜好の話です。以前にも書いたことがありますが、私は中高一貫の女子高で、まわりに男性がいませんでした。女子高では、同級生や先輩といった女性が疑似恋愛の対象になります」

「ただ、それは一過性のもので、成長するにつれ、みんな男性と恋愛して、普通に結婚していきました。マスメディアが『多様性の時代だから、女性(男性)が女性(男性)を好きになっても当然』と報道することがいいことなのかどうか

このような主張をしている杉田水脈議員ですが、この考え方にネット上では批判殺到の状態であります。

この発言に対して杉田水脈議員には批判殺到し、殺害予告まで届く事態になっているようです。

スポンサーリンク

twitterに批判殺到

この主張を受けて、杉田水脈議員のツイッターアカウントには、批判のコメントが殺到し大炎上している状態です。

その内容がこちら。

杉田水脈議員の発言でここまで批判が殺到するのは仕方がないことでしょう。

人に生き方に対して生産性がある、ないと言うこの方の考え方は疑うものですし、仕事において生産性があるなしという話ならば通用するくらいではないでしょうか。

デリケートな問題でであるLGBTの方に対して、このような心無い言い方をした杉田水脈議員の資質が問われるのは今後必至なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

杉田水脈のプロフィール

出典:iza

【名前】:杉田水脈

【読み方】:すぎた みお

【出身地】:兵庫県神戸市

【生年月日】:1967年4月22日

【年齢】:51歳

【血液型】:B型

【出身校】:鳥取大学農学部

【配偶者】:有り

【子供】:大学生の娘が1人

【趣味】:旅行、読書、カラオケ

【好きな言葉】:「過去と人は変えられない。自分と未来は変えられる」

【所属政党】:自民党

【当選回数】:2回

 

ネット上の反応

▶そうすると、子供が出来ない夫婦も生産性が無いよね。

 

▶LGBT うんぬんじゃないと思います。
世の中には 子供が産めない方も 身体が不自由な方も 結婚したいけど 独身の方も沢山いるんだよ。
子供を産むだけが 生産性じゃないし、
生産制があるか 無いかで? 制度は要らないと、判断してるのがおかしな話

 

▶LGBTに該当するけど、誰彼構わず好きになる訳ではないし理解されないと思ってるから隠しながら生活してる。多分一人でこれから生きていくと覚悟してる。ちゃんと働いて税金も納めてる。生産性がないと言われるととても悲しい。

▶これって子供のいない安倍首相に喧嘩を売ってるんでしょうか?

 

▶生産性って、すごく苛烈な表現だなあ。

▶いろんな意見があってしかりだが。子供を産まない=生産性がないとして、産まない(もしくは産まない)女性に同じことはいうとすごい炎上するでしょ?
別に過度な支援なんて期待していないけど、すごい無神経な人ですね。

 

▶こうなることも、想像できない人って、国会議員になる資質ないなぁ。。

 

▶そもそもLGBTに対する支援って何が必要なの?

▶色々な意見があっていいと思うけど、差別をビジネスにしてる人がいるのが問題だと思う

 

▶生産性がないというのは発言は完全なる差別。
スルーしたらダメよね。
でもLGBT の人達はここまで特別な支援をしてもらいたいものなのかは疑問かもしれない。

▶まぁ支援は必要無いわな。税金使ったところで奇異な目で見られるのは減らないと思う。

 

▶LGBT問題の難しいところはLGBTであるが故に様々なエラーが起きているのかそうでないのかがわかりづらいところ。
LGBTでない人だって生きるのは大変だし就職も大変。
変な目で見られることもあるし、差別されることもある。
LGBTに限らず、マイノリティはマジョリティと同じにはなれないものだよ。

 

▶発言は問題あるが、支援ってなんだ?平等を歌うなら税金使って支援とかやめてほしい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。