出典:フレシャス

大ヒット漫画のワンピースの作者である尾田栄一郎さんのインタビューでの発言が大きな話題を呼んでいます。

尾田栄一郎さんがインタビューの中で語った、ルフィへの想いとは?

スポンサーリンク

尾田栄一郎 インタビューが話題に

人気も、発行部数も、物語のスケールも、全てがケタ外れ。週刊少年ジャンプで連載21周年を迎えた「ONE PIECE」の勢いは、なおとどまるところを知らない。作者の尾田栄一郎さんが、これまでを振り返り、ルフィたち一味について語った。海賊王を目指す大いなる航海は、いよいよクライマックスにさしかかろうとしている。

ルフィは僕の理想の子供~「ONE PIECE」作者、尾田栄一郎さんインタビュー
ルフィが、白ひげ海賊団と海軍が戦った頂上戦争の犠牲者を追悼する姿として、新聞に掲載された写真。よく見ると右肩に「3D2Y」の文字が(C)尾田栄一郎/集英社
――連載21周年、900回以上。長い航海に実感はありますか。

ジャンプの新人漫画賞の受賞者や、仕事場のスタッフに「『ONE PIECE』が始まってから生まれたんです」と言われるとびっくりします。そんなことで少しずつ実感しますね。

――物語が息長く続く理由は何でしょうか。

キャラクターが勝手に動くからですかね……。仲間集め一つとっても、連載当初は、悪人をやっつけて、そいつを仲間にして、とゲーム感覚で考えていたんです。でも、真剣に人間に向き合ってみると、いきなりやってきた少年から「俺と海賊になろう」と言われても、自分はついて行かない。物語に説得力がないと、仲間にならないとわかった。最初は10人の仲間を1年半で集めようと思っていました。20年以上かかって物語は80%くらいまで来ましたが、仲間はまだ9人です。

スポンサーリンク

尾田栄一郎がインタビューで語ったルフィへの想い

尾田栄一郎さんはインタビューの中で

「ルフィは尾田さんにとってどんな存在?」

と質問され

「ルフィは僕の理想の子供。子供はこうあってほしいという願いそのものです。」

と語っています。

尾田栄一郎さんはワンピースを執筆する時に、理想の子供をイメージして書いていたことが公表されたのです。

正義感が強く、仲間を決して裏切らない情の厚さ、自分の子供だけでなく日本の子供にもこういった気持ちを強く持ってほしいという願いが込められているのかもしれません。

スポンサーリンク

尾田栄一郎が語った好きなキャラ

尾田栄一郎さんはインタビューの中で

「好きなキャラを教えてください」

と聞かれ

「インペルダウンでルフィたちを助けたイワンコフ、ボン・クレーといったオネエキャラたちは好きです。」

と意外なコメントをしています。

尾田栄一郎さんが描くオネエキャラは、個性的で人気のキャラが多いですが、自身が好きなことでこのような濃いキャラが生まれたのでしょうね。

スポンサーリンク

物語は80%

尾田栄一郎さんは20年以上続いているワンピースについて

「20年以上かかって物語は80%くらいまで来ましたが、仲間はまだ9人です。」

と語っており、残りの物語は20%であることに衝撃を受けた人も多いようです。

尾田栄一郎のプロフィール

出典:twitter

【名前】:尾田栄一郎(おだ えいいちろう)

【出身地】:熊本県熊本市

【生年月日】:1975年1月1日

【年齢】:43歳

【デビュー】:1997年

【学歴】:東海大学付属熊本星翔高等学校

ネット上の反応

▶ワノ国が終わったらもう最終章なのかな?
なんか寂しいな。
長くだらだら続けすぎって言われるけどあれだけ上手に伏線はって丁寧に物語作れる才能はすごいなと思う。
王道の中に差別や宗教の問題絡めて世の中の不条理描いてるとこもすごい。

 

▶ワンピースが終わってくれたらジャンプ卒業できる

 

▶登場人物多すぎてたまにパニックになります(笑)

 

▶キャラクターの死より作者尾田栄一郎や自分自身の死のほうが不安
作者も読者もどうかラストまで無病息災であれ

 

▶あと20%。まだまだ長いな。

▶ワンピース終わったらジャンプ存続の危機になりそうな

 

▶ワンピオタよ面白いのは分かったから無理やり読ませようとしてくるのはやめてくれ。

 

▶ワンピースを発見して海賊王になっても、次のルフィの物語を期待してしまう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。