出典:Jリーグ

Jリーグが導入予定だったPK戦の「ABBA方式」を見送るという報道が話題です。

ABBA方式とはPK戦の蹴る順番のことであり、従来のAチーム→Bチームと交互に蹴る「ABAB方式」から、Aチーム→Bチーム→Bチーム→Aチームとなるのが「ABBA方式」です。

スポンサーリンク

ABBA方式 見送り報道

Jリーグが今季のルヴァン杯準々決勝以降から導入を予定していたPK戦の新方式を見送ることが24日、関係者の話で分かった。Jクラブの社長が集まる実行委員会が都内のJFAハウスで行われ、見送りの提案がなされた。

これまでPK戦はAチームとBチームが先攻と後攻を決めA→B→A→Bと交互に蹴る「ABAB方式」。ルヴァン杯からA→B→B→A→A→Bの順序で蹴る「ABBA方式」を導入予定だった。ただロシアW杯などでも「ABAB方式」が採用されるなどしたため、国際基準に合わせたようだ。

引用:スポーツ報知

スポンサーリンク

ABBA方式の動画

 

 

スポンサーリンク

ネット上の反応

▶ダンシングクィーン?
かと思ってしまったサッカー素人です。

 

▶W杯がそうであることは分かってたでしょうよ。信念を感じないなあ。

▶ABBAと聞いて4人組のグループを思い出した人は多いかもしれない。

 

▶メンタルが試されそうで
ABBA方式見たかった

▶そもそも、UEFA等がテニスのタイブレークに似たABBA方式にしようと働きかけてる背景がある。

先行のチームが圧倒的に有利な事も議論の発端でしょう。

U-20W杯でも、採用されてるから。

 

▶普通にアバ方式と読まれてるのを知って笑った

▶天皇杯はABBAでルヴァンはABABか。ややこしいなぁ。来年の天皇杯はABABに戻すのかな。

 

▶ABAB方式だと、先行が有利なのが統計的に証明されている。勝率60%。つまり後攻の勝つ確率はは40%になるから、1.5倍も先行の方が有利ということになる。
変化を恐れずにチャレンジすればいいのに。

 

▶センターライン上からキーパーのいない無人のゴールに蹴るというのはどう?PKより緊張しそう。

 

▶PPAP方式

最後まで読んでいただきありがとうございます。