出典:アメブロ

ハーレーダビッドソン新宿を経営していた老舗ディーラーの村山モータースが破産したことが、ネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

村山モータース 破産の真相

ハーレーダビッドソンの老舗ディーラー
(株)村山モータース(TDB企業コード:982418322、資本金5000万円、東京都渋谷区幡ヶ谷1-7-5、代表矢部泰幸氏)は、7月18日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

申請代理人は芳賀彩弁護士(東京都港区虎ノ門2-2-5、金子・中・橋本法律特許事務所東京事務所、電話03-6229-4881)。破産管財人は増田充俊弁護士(東京都港区西新橋2-18-1、増田総合法律事務所、電話03-3578-8388)。債権届け出期間は8月15日まで。

当社は、1953年(昭和28年)8月に設立。ハーレーダビッドソンジャパンが国内の総代理店となる前から、ハーレーダビッドソンについては並行輸入を行い、近年はハーレーダビッドソンの正規販売代理店としてオートバイを主体に関連グッズの販売や車検整備などのサービスを手がけていた。業界内では有数の老舗であり、オートバイマニアの間での知名度も高く、ピークとなる92年7月期には年売上高約24億2600万円を計上していた。

しかし、オートバイ市場が縮小するなか需要の減少が続き、2017年7月期の年売上高は約3億7600万円に落ち込んでいた。横浜、八王子の店舗を閉鎖するなどリストラを進めたが、毎期欠損計上が続いていた。イベントの開催や会員組織の活発化などで業況回復を図ったものの奏功せず、今回の措置となった。

負債は2017年7月期末時点で約1億4600万円。

引用:帝国データバンク

スポンサーリンク

村山モータースの関連動画

 

スポンサーリンク

ネット上の反応

▶ドゥカティのトマトも潰れたし、横浜のトライアンフは逃げたし
外車ディーラーも大変なんだね

 

▶聞いた話だが、ハーレーダビットソン本体のやり方がひどすぎるんだと思う。抱き合わせ販売とか。

 

▶最近ハーレーに乗ってるオッチャン増えたと思っていたのに
全体の売上でもマイナスなのかな?

▶二輪を持つ余裕がある人が少なくなったって事かな
車検受けて年に数回乗るくらいなら贅沢だもんな

 

▶若い人が乗らないからね、そりゃ売れないよね。

 

▶ハーレーってよく売れてるように見えるけど、
実は中古の取引が活発なだけで、新車はあまり売れてなかったのかね?

▶景気は上昇してるらしいけど、生活は全然楽にならない。
バイクを買う余裕無いもんな。

 

▶村山モータースが潰れるとはねぇ。こういうニュースが一番時の流れを感じるよ。

 

▶でも、このくらいの債務なら健全な経営だったのだろう。
もっと借金があるかと思ったよ。

▶並行輸入の方が利益が良かったそうです

 

▶ハーレーが売れないからってアメリカの注文で大型自動二輪の免許が苦労なく買える様になったのに どう言うこっちゃ

 

▶ハーレーは日本の道路では走らせて楽しむバイクじゃないから
所有してる満足感と見た目を楽しみたい人の物
実際ハーレーユーザーとツーリングに行った時自分のカタナと交換して乗ったけど、首都高ちょっと走ったら嫌になった
アメリカのように地平線まで一本道をドコドコ走るのが正しい乗り方だと思う

▶あれだけの売上が有って、なんで利益が出ないんだ?社員が多すぎじゃないか?借地料と人件費が大半を占める。

 

▶そもそも日本で二輪の需要が減ってきている。
高級バイクはホントに大変だと思う。

 

▶売るためには在庫持たないとダメだし

現車がないとお客さん来ないし

世の中のハーレー市場は中古メインだし

厳しいっすよ

 

▶車やバイクを所有しない人が増え、趣味のバイクを買う層は歳をとり、ここのところずっとスポーツカーや大型バイクがカッコいいという風潮ではないですかね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。