出典:サッカーダイジェストWeb

サッカーワールドカップで日本代表のキャプテンとして活躍した長谷部誠選手の青年時代秘話が話題になっています。

長谷部誠選手がこの時期に公表した青年時代の秘話とはどのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

長谷部誠 青年時代の秘話報道

その少年を初めて見たのは2001年5月20日、高校総体静岡県大会の2次リーグだった。藤色ユニホームの背番号7を着け、ドリブル突破で相手ゴールに迫る姿が目を引いた。

藤枝東高グラウンドで行われた藤枝東vs.静岡学園戦。U-17日本代表の中心選手だった成岡翔(現J3相模原)をはじめ、永田充(現J2東京V)、谷澤達也(現J3相模原)ら将来有望な選手が顔を揃えていた。

複数のJクラブのスカウトが視察に訪れる中、当時、藤枝東の監督を務めていた服部康雄氏の言葉が今でも鮮明に心に残っている。

「最近は成岡より、長谷部の方が面白いプレーをしているよ」

背番号7の正体は、当時は無名の長谷部誠(現フランクフルト)だった。世代別の代表経験はなかったが、高校総体で試合を重ねるごとに成長。トップ下のポジションで攻撃の中心を担い静岡県大会を制すと、全国総体でも東福岡、習志野、鹿児島実などに勝利してチームを準優勝に導いた。その活躍が目に止まり、浦和、名古屋からオファーが届き、浦和入りを決断。その後の活躍は周知の通りである。

引用:http://number.bunshun.jp/

スポンサーリンク

長谷部誠 青年時代の秘話まとめ

出典:twitter

長谷部誠選手がインタビューで語った青年時代の秘話をまとめてみました。

 

▪はじめての世代別代表合宿

2001年11月、磐田市内で行われたU-18日本代表候補合宿に参加。初めて世代別の代表候補に選出されて切れ味鋭いプレーを見せた。代表定着のアピールに成功したかに思われたが、当時の田嶋幸三監督(現日本サッカー協会会長)は「周囲に与える影響が大きすぎる。今からチームに融合させるのは難しい」と微妙な評価。翌年5月にアジアユース選手権カタール大会の予選を控えており、グループ戦術が確立されつつあるチームに長谷部を加えるのは得策ではないとの判断を下した。

当時の長谷部は17歳の高校3年生。まだ、心は整っておらず「もう代表はいいです」とふて腐れた表情を見せていたことを思い出す。それが、誰もが認める日本代表の顔になるのだから、人生は分からない。

▪進路をJリーグ入りか大学進学で悩む

高校3年の夏、長谷部は進路に悩んでいた。浦和、名古屋のJクラブに加え、明大など複数の大学からも勧誘を受けていた。

何を隠そう、筆者は明大サッカー部出身。「明大ってどうですか?」と聞かれ「国見や鹿児島実、市立船橋、東京Vや横浜FMユースなど全国の強豪チームから選手が集まってくる。遊んでつぶれてしまう選手もいるけど、プロになる選手も多い。自分次第だね」と母校をアピールした。

その上で「サッカー部専用の寮は8人部屋が3つと16人部屋が1つ。1年生は練習の2時間前に集合してグラウンド整備をしなければいけない。整備が雑だったりボールの空気が緩かったりすれば、上級生から死ぬほど走らされる」と付け加えた。

その後は何も相談されることなく、浦和入りが内定。長谷部のようなタイプは大学に進学していてもプロになっていたと確信しているが、あのアドバイスがプロ入りを4年前倒しする一助になったのではないか、と密かに自負している。

▪日本代表のキャプテンに

W杯南アフリカ大会直前、2010年5月30日の親善試合イングランド戦で初めて主将マークを巻いて以来、多くの苦悩があったに違いない。岡田武史、ザッケローニ、アギーレ、ハリルホジッチ、西野朗。5人の監督から信頼されて主将を託された。

3大会連続W杯で主将(’10年南アフリカ大会はゲームキャプテン)を務め、W杯出場11試合は長友佑都、川島永嗣と並ぶ日本人最多記録だ。

「最初は右も左も分からず、ガムシャラにやっていたけど、自分が勝手にですけど、背中に荷物をどんどん背負っていった感覚があった。大変なことも多かったけど、それ以上に誇りの方が大きかった」と振り返っている。

スポンサーリンク

長谷部誠のプロフィール

出典:twitter

【名前】:長谷部誠(はせべ まこと)

【出身地】:静岡県藤枝市

【生年月日】:1984年1月18日

【年齢】:34歳

【身長】:180cm

【体重】:73kg

【ポジション】:MF・DF

【出身高校】:藤枝東高等学校

▪所属クラブ

  • 2002-2007 日本の旗 浦和レッズ 149 (12)
  • 2008-2013 ドイツの旗 ヴォルフスブルク 135 (5)
  • 2013-2014 ドイツの旗 ニュルンベルク 14 (0)
  • 2014- ドイツの旗 フランクフルト 111 (2)

 

ネット上の反応

▶日本代表しかもキャプテンって凄いな。

将来は日本代表の監督だね。

 

▶浦和時代は十分やんちゃだっただろう

 

▶ミスチル聴いて長渕歌う。心を整える素晴らしい主将。

▶姉二人 妹一人の女系家族
はじめてドイツに行った時は、妹さんが会社辞めて
半年くらい同棲して面倒見てた 洗濯とか食事とか
変なDVD見つかったり

 

▶長谷部はかっこいい
性格がかっこいい
キャプテンシーがある
最高のワ〜ルドカップにしてほしい
最高でおそらく最後の

 

▶長谷部はミスチルのファンだからカラオケでもミスチルばっかり歌ってるのかと思ってた

 

▶やはり勢いある人って強さがありますね。しっかりした強い意志がこの人をここまでにしたんですね。

 

▶日本を背負う日本代表に相応しい善い人柄ですね〜
金髪のカツアゲくんだけが問題児ですか?笑

最後まで読んでいただきありがとうございます。