出典:テレ玉

埼玉県の圏央道で車7台が絡む玉突き事故が発生し、追突した大型トラックを運転していた霜田栄吉(しもだ えいきち)容疑者48歳を逮捕しました。

スポンサーリンク

事故の詳細

 27日午前、埼玉県の圏央道で車7台が絡む玉突き事故が発生し、追突された軽自動車を運転していた20代の男性が死亡しました。

午前10時すぎ、埼玉県狭山市の圏央道の外回り・狭山パーキングエリア付近で、大型トラックと乗用車あわせて7台が絡む玉突き事故がありました。警察によりますと、追突された軽自動車を運転していた20代の男性が死亡したほか、男女3人がけがをしました。

警察は、追突した大型トラックを運転していた霜田栄吉容疑者(48)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。霜田容疑者は、「脇見をしてぶつかってしまった」と話しているということで、事故の原因を詳しく調べています。

引用:https://news.nifty.com

出典:テレ玉

スポンサーリンク

霜田栄吉について

出典:テレ玉

【名前】:霜田栄吉(しもだ えいきち)

【年齢】:48歳

【住所】:長野県塩尻市

【職業】:トラック運転手

【容疑】:大型トラックを軽自動車に追突させ、20代の男性が死亡、男女4人に怪我を負わせる事故を起こした疑い

【供述】:容疑を認める

 

埼玉県日高市の圏央道外回りで、渋滞で停車していた軽自動車に突っ込んだのが、霜田栄吉容疑者が運転する大型トラックでした。

この事故で軽自動車を運転していた20代の男性が死亡。

後ろを走っていた車に乗っていた男女4人が、首などに軽いけがを負ったものであります。

追突された軽自動車は、原型を留めないほどメチャクチャにつぶれており、事故の衝撃の大きさを物語っております。

スポンサーリンク

事故原因について

出典:テレ玉

乗用車7台を巻き込む事故の原因とは何だったのでしょうか?

逮捕された霜田栄吉容疑者は警察の調べに対して

「脇見運転をしてぶつかってしまった」

と容疑を認める供述をしております。

 

渋滞で停車していた車に突っ込むことなど、前をしっかりと見て運転していればまず起こらないものでありますが、供述と状況からまったく前を見ずに運転していたようです。

大型トラックの運転手となると、その総走行距離は普通のドライバーよりもかなり多いものでありますが、長年やっていることへのおごりがあったのでしょうか。

 

いずれにしても、このような運転をした霜田栄吉の気の緩みは、プロのドライバーとして許されるものではなく、亡くなった方に対してもどう言い訳をするのでしょうか。

スポンサーリンク

FacebookなどのSNSは?

霜田栄吉容疑者のFacebookなどのSNSを調べてみましたが、登録されているアカウントには同姓同名のものがありませんでした。

またツイッターやインスタなども検索してみましたが、こちらも犯人と一致するものはありません。

SNSを利用しているのかどうか分かりませんが、利用していたとしてもハンドルネームなどで登録している可能性があります。

住所や家族について

霜田栄吉容疑者の住所は「長野県塩尻市」だと報じられております。

 

家族についての情報は現在出回っていませんが、48歳という年齢を考えると結婚した妻や子供がいてもなんらおかしくないものであります。

ですが、もし家族がいた場合旦那や父親がこのような事故を起こして、遺族の方の気持ちはもちろん、家族はどういう気持になるのでしょうか。

身内の人間もまた事故の被害者なのかもしれません。

事故現場について

今回の事故が起きた現場はどこなのでしょうか?

報道によると「埼玉県日高市大谷沢の圏央道外回り」狭山日高インターチェンジ付近だと報じられております。

 

インターチェンジ付近ということで、出口が渋滞していたのでしょうか。

ですが、プロのドライバーでしたらそういった予測はできたはずであります。

にも関わらず、このような事故が起きてしまったのは、霜田栄吉容疑者がよほど集中力と緊張感がない運転をしていたということでしょう。

車の運転をすることで給料をもらっているにも関わらず、このように防げるはずの事故を起こすドライバー。

労働状況など詳細はわからない、睡眠が足りていない状況で急がなければ間に合わない状況だったのかもしれない。

しかし、人の命を危険に晒すような運転をするのは大きな間違いであり、そのような運転でその場を乗り切っても、また同じように危険な運転をするに違いない。

自分が車の運転で飯を食っているというプライドを持ち、素人のような事故を起こすようなドライバーを雇った運送会社にも同じように厳罰が必要ではないだろうか。

ネット上の反応

▶1人の不注意が
取り返しのつかない事故を起こす。
明日は我が身。
気をつけよう。

 

▶ここの会社のトラックよく見かけるけど圏央道をスゴいスピードで車間も取らないで煽ってるのをみます。いつかデカイ事故やるなと思ってたんだけど、やっぱり仕出かしましたね。
会社の体質なのか黙認なのか?
こういう会社はなくなって欲しいです。

 

▶若いのに可哀想!
亡くなられた方のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。

 

▶地元の運送会社ですが。。。。

トラックの運転手がわき見と言ったら、大体が携帯かスマホを見てたが正解です。

 

▶わき見運転と言う居眠り運転。
会社から言われてます。居眠り運転でもわき見運転ですって言え️と。

 

▶渋滞最後尾に突っ込む事故増えすぎじゃないか?
スマホは論外だけどカーナビ画面も凝視したらあかん

 

▶いつも走り慣れてる道だと過信してるからこうなる。
緊張感ってものがなくなると集中力も散漫になるのかね。

 

▶最近はプロドライバーがプロじゃ無くなってる

 

▶それにしても軽は怖いね。
ユーザーは覚悟して乗らないと。

最後まで読んでいただきありがとうございます。