出典:twitter

女優の平愛梨さんが、谷村奈南さんに対して失礼な間違いをしたことで反省していることが話題になっています。

平愛梨さんはどのようなミスをしたのでしょうか?

反省することになったその出来事とは?

スポンサーリンク

平愛梨 反省の内容

サッカー日本代表の長友佑都の妻でタレントの平愛梨が27日、ツイッターを更新し、プロボクサー・井岡一翔の妻で歌手の谷村奈南へまさかの間違いをおかしていたことを告白。「ンゲッ!どうしよう!またやっちまったぞ!」と慌てた心境をつぶやいた。

谷村と平は先日、一緒に食事をしたようで、谷村のツイッターにその様子が報告されていた。谷村は平の長男も抱っこし「超絶可愛かった~楽しくて楽しくて時間が過ぎるのが早すぎたー話し足りない」などと、楽しい時間を過ごしたことを報告していた。

だがその中で平らしい?天然ぶりが発揮されていた。平はツイッターで「ンゲッ!どうしよう!またやっちまったぞ!天然でもなんでもなぃ。もっとしっかり聞いて覚えて述べたい」と謎ツイートを投稿。これにファンは「何やっちゃったの?」など心配の声が。

引用:デイリー

スポンサーリンク

反省することになった出来事はなに?

平愛梨さんが谷村奈南さんに対して、どのような失礼なことをしてしまったのでしょうか。

平はツイッターを更新し、「谷村奈南さんのお名前…。ご本人と連絡取り合っている間…ずっと、、、『南奈さん』と打っていた。ご本人から『私の名前は奈南です!南奈だと逆です』と優しく訂正してくれました」と、奈南の字を逆に覚え、それを本人に発信していた事実を明かした。

「私。勘違いを信じたままになってることが多々あります。皆さま!ご指導よろしくお願いします」と改めて、勘違いがあれば教えて欲しいと呼び掛けていた。

引用:デイリー

正しくは「谷村奈南」さんのところを「谷村南奈」さんと送ってしまったのですw

これをご本人からすぐに突っ込まれ、反省することとなった平愛梨さん。

彼女の天然っぷりは結婚したいまでも健在のようです。

スポンサーリンク

平愛梨の天然エピソード

▪水卜アナが卒業と勘違い

当時ヒルナンデスに出演していた水卜アナと平愛梨さん。

水卜アナが夏休みのため代理のアナウンサーを紹介したところ、平さんがいきなり号泣。その時のやり取り

平愛梨:「どうして卒業するって言ってくれなかったの??(号泣)」

水トアナ:「いや・・夏休みで休むだけなんだけど・・」

平愛梨:「なんだビックリしたー!安心した!」

 

▪料理教室で天然

友人の上戸彩さんと料理教室にいった時のこと。

帰りに靴を探すと、自分のラメ入りのエナメルの靴がありませんでした。

てっきりいじめにあっていると思いきや、教室の先生からブーツが一足残っているとの連絡が。

この日はブーツで来ていたことを平愛梨さんが忘れていたものでした。

 

▪スマホの天然行動

平愛梨さんはスマホを拡大する時に、指を広げる動作でできることを知らずに、小さい文字は虫眼鏡で見ていたそうです。

 

▪ミュージカルで大ボケ

ミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」に友人のISSAさんが出演するため観劇に。

終了後、ISSAさんの楽屋に行くと知り合いだったエハラマサヒロさんがいて、てっきりお客さんとして来ていたと思い話していると、エハラさんも出演していたことに気が付き「エハラさんも出ていたの?」「いや、ほぼ最初からずーとライオンで出てたよ」とメインキャラの1人であるライオン役のエハラさんに全く気が付かず。

 

スポンサーリンク

平愛梨のプロフィール

出典:シネマトゥデイ

【名前】:平愛梨(たいら あいり)

【本名】:長友 愛梨(ながとも あいり)

【出身地】:兵庫県明石市

【生年月日】:1984年12月12日

【年齢】:33歳

【身長】:155cm

【血液型】:O型

【デビュー】:1999年

【所属事務所】:ライジングプロダクション

【職業】:タレント、女優

ネット上の反応

▶とりあえず、金髪はやめた方がいい。

 

▶いっしょにいて楽しいと思うが、長友選手は大変だと思う。

▶バラエティで出演してても 人と会話がかみ合わない事多いよね彼女、たまに発達??って思う事しばしば。美人だから許されるけど、実際周りの人は疲れそう

 

▶ナンナの方が言いやすい。
奈南が何て読むのか知らないけど。

 

▶谷村奈南と書いて沖縄の方言でンゲッて読むのかと思った。想像より大した間違いじゃなくて逆に自分が恥ずかしい。
谷村奈南は一発変換で出るからまぁこれからは問題ないでしょ

▶自ら天然アピール??
あざといなぁ。

 

▶これは養殖の天然物
男には見分け付きにくいけどよく見れば養殖だとわかる

最後まで読んでいただきありがとうございます。